« 安売りDVD-Rシリーズ・Verbatim編 | トップページ | リビングの椅子を張り替えよう »

DS-A5を修理しよう2

Dsa5insideいやはや、DS-A5の修理の続きであります。お写真は中を開いたところ。この頃はバイワイヤリングなんかはなかったので、ターミナルは一つであります。リアパネルにはトゥイーター用のネットワーク、底面にはウーハー用のネットワークが付いておりますね。電解には銅箔テープが巻いてあったり、コイルはフエルトを台にして止めたり、振動しないように全部固めてあったりして、ちょっとこだわりを見せています。接続は全部リングスリーブでとめていますが、これがくせ者で、コンデンサのリードと抵抗のリードなんかはうまく噛めていないのではないかと言う感じ。Dsa5network観察して回路を書いてみたのがこれ、前にホワイトノイズをマイクで測ってスペクトルを見たところでは違いがわからない。しかしボーカルのある曲を聴くと、右側だけ声が前に出てこない。ちょうどクロスオーバーが乖離しているような感じか。ウーハー側のコンデンサが浮くと逆にウーハーから高域が出てきそうだし、どこか1カ所が完全に浮いてこんな音になりそうな部分がない。となると、やはりどれかのリングスリーブのところの接触抵抗の増加だろうか。まずは全部ハンダ付けしてみるのがやはり良さそうかな。

|

« 安売りDVD-Rシリーズ・Verbatim編 | トップページ | リビングの椅子を張り替えよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安売りDVD-Rシリーズ・Verbatim編 | トップページ | リビングの椅子を張り替えよう »