« 卵の自動販売機その1 | トップページ | 伝丸のラーメン:焦がし醤油 »

卵の自動販売機その2

Minamieggいやはや、つづいて卵の自動販売機その2であります。こちらは名古屋コーチン専用?であります。小ぶりのはつたまご12個入り250円。んんん。ある程度うみ慣れてきたものの方が安定しているのではないかと思いますが、なんとまた殻の固いこと。黄身の濃いこと。安売りのブロイラー卵なんかだと、手で持つだけで割れてしまうものがありますが、どれだけカルシウム豊富なエサで育っているのか、少々叩いたくらいでは割れないくらい固い殻ですね。まあ珍しい卵と言うことで買ってみました。味は濃くてよろしいお味でした。
ところで、この自動販売機がお金を入れてはたして動くのかやや疑いながら、機械の動きに興味を示していたのですが、みれば先ほどのと同じ機械ですね。お金を入れてボタンを押すと、中でうにょうにょ言ったあとで、フタのロックが外れて中の卵が取り出せました。そのへんの写真を撮りそこねました。次回は動画を撮りましょう。

|

« 卵の自動販売機その1 | トップページ | 伝丸のラーメン:焦がし醤油 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卵の自動販売機その1 | トップページ | 伝丸のラーメン:焦がし醤油 »