« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

響17年をいただこう

Bibiki17nenいやはや、響(個人的には「びびき」と喩しております)シリーズはどれもめちゃうまいですね。いろいろ賞を取っているようですが、12年ものでも十分うまい。しかし21年ものはえらい高い。今回は、山崎12年と響17年の飲み比べであります。山崎12年のハイボールもこれまた十分おいしいですが、比べたらやはり響の方がかなり芳醇か。香りがつく前のニューポットはどちらかというと芋焼酎といいますか、ムッとしたアルコールで、これは飲めたものではない。シェリー原酒はまだいけますかね。もなかとかチョコレートとかをおつまみにセットしてくれるのですが、これがまた珍しいというか変に合っている。樽の木の風味が移った各種の原酒をウイスキーのブレンダーがブレンドして仕上げているというお話&ガイド付きのウイスキー匠の技~樽熟成の神秘~講座でありました。なかなか良かったです。

| | コメント (0)

公庫のローンを借り換えよう!

Koukokarikaeいやはや、なんだか怪しい金利に向かうご時世なのかも知れませんが、ずっとできずにいた公庫の借り換えをやっと実行しました。特に難しい書類はないのですが、そうは言え揃えるのが結構大変で、インクジェットプリンターでいろいろコピーしまくりました。びっくりしたのは登記簿が今やインターネットで申請できて郵送されてくること。時代は進んでおります。遅れているのは特許庁のみかという感じ。しかしまた、0.875%とはどんな金利ですかね。それ相応に今時定期預金にしても利息は0.0何%とかですからバランスがとれていると見るのか。今や銀行は手数料商売、なにしても利息の100倍以上の手数料がかかってきますねぇ。かつての定期貯金のマル優とかが5%とか付いていたのは夢なのか。ままその頃はそれ相応に住宅ローンの金利もそれ以上でしたか。さて、シミュレーションは左が0.875の変動金利、元利均等、参考に1000万、右が固定金利の10年くらい前の公庫の金利3.5%でありますが、20年とか期間が残っていると、総額の差額が300万を超えます。これなら手数料その他に40万くらいかかったとしても、まだまだメリットがありますね。実際には残額がもっとあったので、500万くらいの差額であります。問題はいつまでこんなただみたいな金利なのかと言うことですか。ともあれ、手数料を別にすれば3.5%までは、もとより安いので如何にくり上げてなくしていくかですかね。とりあえず借り換え実行の後、司法書士の方に抵当権の抹消と設定書類を渡して、一安心と言うところであります。本当はもう1ヶ月前か7月以降だと団信の保険料が還ってくるのだったのですが、いろいろ都合もあるし、もたもたしていたのでまあ仕方がないですね。

| | コメント (0)

梅シロップ経過報告3

Umesirup130624いやはや、辛坊さん、災難でしたな。くじらとは・・・。でも前にやってましたね、ヨットにくじら除けの音出す機械をつけないと危ないんだとか。いやまあ運の問題が大きいので仕方ないですね。宝くじよりも太平洋でくじらにあたる確率の方が高いとは。さて、梅シロップですが、ほとんど出来たかという感じです。もう梅は種の形をしております。萎みきった感じですね。浸透圧恐るべしです。ここまで萎むと、既に梅は堅くて食べてもおいしくないです。まあ、砂糖が鬼ほど付いているので甘いですが。まま梅は取りだして捨てましょう。

| | コメント (0)

今さらのネットブックで遊ぼう・その4

As150n270945gいやはや、一応元に戻してまたまたピロパソとして活躍中ではあるものの、ばらしていろいろためになるところもあったので、載せておこう。ともかくローコストのみを目的として作られた、今時のTOY以下のアイテムは別としても、この微妙なランクのNETBOOKながら、結構いろいろ小細工がなされていて感心する。製造は昨年話題だったFOXCONNだ。伊達に世界中のPCを組み立てているわけではないようだ。二つの大きなCHIPはCPUのN270とchipsetの945だ。まさにintelのatomラインナップそのままの構成だが、これがこの前の貧相なヒートシンクの下に隠れていて、熱くなって飛んでしまう部分であるが、ちゃんとBGAのコーナーにいわゆるコーナーボンドが塗布されている。tabletやら携帯系のBGAより小さいCSPなどはアンダーフィルと言ってリフローした後に、ボールの隙間をボンドで充填して耐衝撃性を上げていたりするところが各社のノウハウのようだが、でかいBGAもいろいろな手法で固定してあることがある。自動車のフレームが結構ふにゃふにゃであるように、特にプラケースのモバイルPCは、ちょっとした衝撃で各所が歪んでしまうが、基板が反ると往々にして平面を保とうとする比較的でかい固いBGAチップの角あたりが剥離してしまう。またチップと基板の熱収縮率の違いで、周辺ほど剥がれる力が働く。これはそれを防止するためのコーナーボンドのようだ。一見ホットメルト風で熱で柔らかくなりそうな材質だが、そうではなく結構固い。ともかく一番安物の粗悪部品で物を作って先を見据えないコストダウンを目指す会社もあれば、見えないところでも一応ちゃんとやることはやっているところもあると言うことで、頭の痛い勉強になる事例である。

| | コメント (0)

次のおもちゃはこれだ

Hpminileaseupいやはや、楽天スーパーセールでGETした、いや、見ていると、昨年末くらいから出ていたみたいで、もっと安かったときがあったみたいなのだが、まま安かったので、これは買っておくべきと、某ミニノートPCの中古であります。6月のセールでうっかりしていたのは、ダウンロード版のESETを買おうと思って忘れていたことと、ハンファの滅多にない送料無料が見たら終わっていたことか。時として半額になっていたりするのでたまには見ておかないといけません。次は年末ですかね、阿倍野のビル効果でお盆か9月くらいにもやってくれますかねぇ。さて、ブツですが、ただ今クリーニング中で大体綺麗になりました。裏はリース上がりのシールがいろいろ。でもまあどうでしょう、使われ方にもよりますが酷使されてはいないのかも。しかも2年リース。今時高々定価5~6万のPCをリースしますかね。一時的なセールス用とか特定のメンテ用とかでしょうかね。1カ所割れて欠けているところがあるものの、わりと良い状態だったのでこれからいじろうというところであります。こうご期待。しかしすごい強風ですな。鉢が飛んでいくかな。密かに風疹も流行っているようで、気をつけないといけません。

| | コメント (0)

牛音 Auto Capsule Viewerが落ちてしまう

Cowonng1COWON Auto Capsule.exe
いやはや、Wifi対応版が出て悔しい、牛音(COWON)のAuto Capsuleだけれども、絵はそれなりにWIDEで綺麗で、持って帰ってきて見ていて飽きない。WideはWideすぎて、昨今のフロントウィンドウが寝ているミニバンタイプでは窓枠まで映ってしまうので、最大wideの次くらいで充分だ。ファイルが1分単位で細切れなのは、ドライブレコーダーとしては何かあったときに1分単位でファイルをクローズさせておくべきであるのと、内部のバッファが1分ぶんしかないからなのだけれども、まあそれは良しとしよう。なかなかよろしいのだけれども、車上で見られないのが難点。そこでネットブックで見ようと思ったら、どうしてもViewerが走ってくれない。VLCやNex7やタブレットでベタで再生できるのはわかったのだが、やはりパソのVIEWERで見たい。調べる時間がなく、なんでだろうと思っていたのだけれどもあるきっかけで解決した。ffdshowもしくはK-Liteでcodecを入れたとしてもファイルを再生しようとして落ちてしまう。DirectXを上書きするかライトコンバインかアクセラレーターの設定あたりを変えたらいけるかと思ったが、だめだった。残るはVCとかのランタイムライブラリーのバージョン依存かと思っていたのだが、例のAsoneで音を鳴らしてみようとSonicStageを入れようとしたら、なんと既にダウンロードは終了しましただと。こいつはオンラインでインストールしよるので、とっておいてオフラインではできないタイプだ。そして昨今のSONYのなんとセンスのないネーミングか、かつてのX-windowかX-terminalを彷彿とさせる? X-アプリ(バツアプリとしか読めない)なる、映像系まで合体させたりんごで言うi-tuneみたいなのが後釜であるとのこと。試しに入れて見ると、SonicStageの方が要らぬ広告とかが出なくておとなしくて良かったのだが、その後このviewerまで動くようになってしまった。と言うことはやはりどれかのライブラリーか、ビデオ系の設定の問題だったのか。ともあれ、動くようになったので良かった。

| | コメント (0)

きゅうりはビールのつまみ

Cucumber130609いやはや、ちょっと写真が今一ですが、一つめになったきゅうりであります。地植えだと相当数の花に実がぼこぼこなるのですが、プランターではなかなか土が足りないのと、昼間暑すぎて水が足りないのもあってか、全部が実らずに縮小してしまいますね。トマトは結構枯れる直前まで水不足でも耐えていますが、きゅうりはだめですね。すぐに葉っぱがしおれてしまう。まあそんななか、みるみる太ってきたので収穫しました。Kmkojkyuriでかくなったので輪切りでも結構なもんです。飲み屋みたいに米麹やら梅やらマヨネーズつけてビールのおつまみに生でいただくのがとてもみずみずしくて美味しゅうございますわ。買ってくるやつは、直売所みたいなところのだと朝どりのがあったりしますが、昨今の観光名所的直売所は、国華園みたいに九州からトラック一杯山ほど運んできて売っていたりして、地元産かと思ったら宮崎や熊本産だったりして、すでに数日経っている場合もあるでしょう。そんなきゅうりはやはり皮が少し苦いので皮を剥きたくなりますが、新しいのは全然皮付きでOKです。

| | コメント (0)

梅シロップ経過報告2

Umesirup130616いやはや、どこが梅雨ですかね。毛布洗おうかと言うくらいにピーカンであり、ベランダに出たら溶けそうです。さて、さらに抽出が進んだ梅シロップでありますが、全体が液につかるくらいに縮小してまいりました。非常に透明度も良く、全く問題ありません。梅の酸味と超甘い砂糖が同居している感じであります。いくらかあふれ出てますが糖度が高いのですぐ固まっておりますね。これくらい濃いと腐りませんわ。今頃でも結構綺麗なでかい梅が1Kg680円とかで売っているので、まだ作れそうですかね。作っても消費しきらない可能性大でやめときましょう・・・。今日なんかアイスロボを登場させてかき氷で味見しても良かったくらいですかね。

| | コメント (0)

今さらのネットブックで遊ぼう・その3

Asoneaddcufinいやはや、Asoneの続きであります。実は水牛の1GのDIMMと、SAMSUNGの120GのSSDを用意したのだけれども、まあいろいろ試してみて、このファンの音が無音ならピロとしてはありがたいので導入しようかと思ったものの、ファンの音が余計に気になるのと、言うほど速くないようにも思うので、もったいないのでこいつにはSSDはやめることにした。Asoneのハイバネーションの復帰は意外に速く、メモリー1Gなら30秒くらいで復帰する。SSDなら起動してもそれくらいかも知れないが、書き込むときの速さは大差ないので、まあどうだろう用途的にはHDDでも十分かなと思えた。まあそれでも結構な容量が安くなったものだ。お下がり的なSSDが登場したらまた開けて見ようか。前にCFのIDEアダプタで、16GのCFを使ってVAIOをFFD(FlashFileDIsk)化してみたことがあったが、書き込む設定を少なくしてもやはり書き込み回数が多く、もともとpentium世代のハードではメモリーが少なくてRAMDISKは難しいし、pagefileなしではかなり不安定、その内遊んでいるうちにCFが部分的に書けなくなってだめになってしまった。でも今時のSSDならコントローラーが優秀なので、もしXPをそのままつないだとしても、ある程度は動くのだろうねぇ。
さて、蓋を閉めるにあたって、あまりにプアなヒートシンクゆえ、0.5tの銅板をヒートシンクにたまたまタイムリーに発見した導熱両面テープで貼り付けてやった。これでもすぐに熱々になるので、まあ気休めかも知れないが・・・。

| | コメント (0)

粗品のびろろんUSBマイクロケーブル

Biroron_usbmca4580223541215 MicroUSBスマートフォン巻き取り式充電ケーブル¥0
いやはや、エコパーツというお店で小物をいろいろ買ったときにレビューを書いて粗品贈呈でもらったびろろんケーブルであります。いくつか買ったので全部にチェックしておいたら、全部の数くれるのかと思ったら、一個も入っていなかったので苦情メールしたらその後メール便でたくさん全数分送ってきた。
Usbtinpltまあ、びろろんタイプはその内切れるので、使い捨てと思って利用しよう。丁寧に使えばそれだけ切れにくいだろう。伸ばすと70cmくらいだ。大体プラグの付け根が切れるので何かもう少しストレインリリーフ的なものを付けておいたら切れにくいかも知れない。接点のメッキは錫である。さすがに粗品になるグレードでは接点部のみでさえ、フラッシュでさえ金は無理だろう。まあそれでも充電用なら十分だろう。スマホ、タブレットで一気に普及したようなマイクロコネクタだが、なにゆえminiがあるのに似たようなマイクロが出現したのかだが、Usbmc_tinほんの1mmとはいえ薄くなるからか。強度的には大差ないように思うが、マイクロの方が小さなラッチがあるのと、miniとは逆でバネがプラグ側にあり、接点が長手方向に長いので接触はBよりよいのかも知れない。wikiに載っているUSBのピン番の絵が誠に紛らわしいので注意しよう。本品、充電用と書いてあるが、一応2ピン、3ピンもつながっているので、エラーが起きなければ通信にも使える。こちらもさすがに金メッキではなく、いや、金メッキでない方がレアかも知れないが、見た目には金色に見えないものの、数回挿すと削れてしまう大陸製のよくあるローコストコネクタにある、カタログに金メッキと書くためだけに処方されている粗悪極薄フラッシュ金かも知れない。マイクロの方はよく見るとモールドではなく、カバーが分解できるタイプだ。但しフックを外すとほぼフックが割れるだろう。ゆえに直してテープ巻きするなら開けて使えるかも知れない。

| | コメント (0)

手仕込ささみカツのせチキンと夏野菜カレー

Natsuyasaicurryいやはや、暑いですなぁ。はやく秋になって欲しいです。まだ6月なのに、すでに電力需要93%あたりまで昼頃行ってましたね。火力発電所一つトラブったらアウトですかね。あんまり止めていると錆びるから安全そうなやつは動かせないのですかね。お湯が出ないと美浜の鯛が育ちませんね。さて、暑いのでまたまたカレーでありますが、ささみと夏野菜がおいしいですわ。

| | コメント (0)

今さらのネットブックで遊ぼう・その2

As150noisyfanいやはや、今さらAsoneしかもラインナップからも消されているかもしれないAOA150でありますが、かなり試行錯誤してまとめ上げたnetbookカテゴリ初期の頃のかも知れません。それでも基板レビジョンはFとなっていてノージャンですから、苦労の跡がうかがわれます。しかしなんと言ってもPC/AT互換を3万やそこらで成し遂げなくてはならない製品ゆえ、コストのかけられないところはけちられていて、やはりそこがアザになります。さすがに10万越えのノートになると、FANの音やら放熱特性やらも結構な構造であったりしますが、なんとちんけなペラアルミのヒートシンクにいつ止まってもおかしくないようなSUNONのチーチーファンではありませぬか。こんな0.5tのようなアルミでは、局所的に熱くなってしまって導熱性が足らないでしょう。しかもファンはよいとして風をひっかけるフィンがない。裏蓋に樹脂成形で造作されたリブによって、裏面の各所の穴から空気を吸い込んで、このCPUとCHIPSETの上を通して横から漏れ出すように冷却しているようです。これではmemtestで飛んでしまうのもうなずきですか。

| | コメント (0)

今さらのネットブックで遊ぼう

Ason_openmtstpassいやはや、愛用の元祖ASoneをどうにかするスレであります。一応バックアップをとってから、ばらしてみました。まあ小さくするには仕方がないにしても、なんとメンテ製のない構造ですこと。ボードにHDDが合体している。まあそれを言えば、あの革新的厚さを実現していたVAIOの505や虫の息では困るS社の村の鍛冶屋なんかも、お世辞にもばらしやすい構造ではなかった。それにしても驚くのは、中華おもちゃ系のニセネットブックは別として、一応のネットブックはPC/AT互換の必要性からも、結構な部品数で、みれば構成は結構オーソドックス。如何にうまくまとめるかが各社の経験と実力と言うことでしょうか。ばらして、DIMMを外してオンボードの512Mだけにしてみたら、オーバーヒートしないからかmemtest86:はpassしました。んんん。あやしいHynixのDIMMがだめなのか。いや、挿してやってみたら、これもopenボード状態ではpassしました。やはり放熱がしょぼいからか。結局何をしようかというところでありますが、まあ実はメモリー512M増量してSSDにして見ようかと思った次第。でもこいつFANがうるさいからSSDにしても無音にはならないのですけどね。それならONKYO系のやつの最後の方、買っとくべきだったねぇ。まあ一時の流行ですから、PADとスマホにみんなあきてくる頃には、また使いやすいガラケとminiノートに回帰しますよ。

| | コメント (0)

梅シロップ経過報告

Umesirup130605いやはや、変な気温にぱっとしない今日この頃、そろそろ和歌山北部では地殻変動の前兆が現れ始めましたか。小気味にごつんと揺れておりますね。さて、これは既に先週水曜日の梅シロップであります。いい感じに液化しております。ちょっと砂糖を入れすぎの感ありで、全部は溶けないかも知れませんね。全体が漬かるところまでいけば一安心ですが、このあたりまでは奥にしまったりせずに、常時テーブルの上に置いておいて、気がつくごとに瓶を振って梅が乾くことがないように致しましょう。乾いたまま放置してしまうと最悪そこからカビが生えてきます。強力な糖度のシロップで表面が覆われていれば安全、大丈夫です。下手に穴を開けるとこの先縮まないかも知れませんが、この感じでは際限までしわしわ縮小すると思われます。すなわち、冷凍も、穴開けも不要で、普通に漬ければOKということです。

| | コメント (0)

DASH村に憧れてのまねシリーズ:ベランダきゅうり

Cucumber130601いやはや、ベランダでガーデニング、今年はかなり縮小しながらもちょっとだけ植えてます。そもそも3月末では寒すぎて乗り気でなかったので、GWからスタートでありますが、それでも気温が低くぜんぜん育っていませんでした。が、やっとひげがにょろにょろ伸びてきました。DASH村も回帰不能の気配であり、脱出島もインパクト今一。どうしたもんでしょうね。地震がその内来るのは確実として、阿倍野のビル(あべのみくす?)やら、呪文の活断層、電気代の値上げ、原発の老朽化、高度成長期の産物の老朽化、毎日無駄なヘリを飛ばしてだれも望んでいない生中継を繰り返す節約習慣のない半国営有料放送、地球自体の不安定期への突入。さてこの先どうしたものか。わたくし暑いのは苦手なので宮古島へは移住できませんが、宝くじが当たったら、北海道に住みたいですねぇ。寒くて凍死するのは暑いのより許容できます。

| | コメント (0)

またまた梅シロップを作ろう

Umesirup130526いやはや、微妙に寝苦しい昨今、眠眠餃子であります。ぎんぎんに冷房をかけて、布団を被って熟睡したいところ。とはいえ直接風が来る位置ではやはり体調崩しますね。さて、今年もイズミヤに売っていた和歌山産の梅で梅シロップであります。砂糖は黒蜜風を狙ってまたきび砂糖でいってみました。いつもはリカーでさっと洗うのですが、昨今梅酒の方をつけていないのでリカーがなく、今回は水流で洗って乾かしました。いろいろ作り方があるようですが、それぞれ試されるのはよいとして、オーソドックスな方法で普通に入れました。梅酒と違ってこちらは風味から言っても賞味期限は1年以内なのでまただめなら作り直すかあきらめましょう。Umesirup1305282日後です。凍らせてから漬けるというのがあるようですが、溶けるときの水滴で砂糖が溶け出すので速いように感じるのでしょうか。梅が汚れていると溶けるときの露で腐りやすくなりそうです。凍らさなくてもすぐにエキスは出てきますよ。フォークでつついて穴を開けるというのもあるようですが、基本的に浸透圧で抽出するので穴を開けると最後までしわしわに絞りきらないと思われます。途中でとりだして食べるとかジャムにするとかならそう言う方法もあるでしょう。しわしわになると、全部エキスが出てしまって、梅自体はもうおいしくないし、果肉も固くてジャムにもなりませぬ。それだけエキスになったと言うことですかね。梅シロップライブカメラは今回もあきらめました。

| | コメント (0)

NETBOOKは既に死語なのか

Asonememtstいやはや、ピローパソとしてとりあえずデスクトップと同じアプリが動くと言うことで重宝しているネットブックのASONEでありますが、また安いのでも出ているのかと思いきや、すでに世間ではこのカテゴリは死語の模様。昨今3万台でも結構な巨大ノートの買える時代、そしてモバイルはタブレットやスマホに移行してしまっている。しかし互換性の問題で使いにくいこともしかり。10インチ以上の画面も用途的にはまたでかい。この7か8かというやや狭めの画面ながら、1Kg前後の重さで閉じるとほぼA5サイズ。それでもXPが走っていて、HDDも160Gもあり、USBもSDスロットもLANもWIFIもANALOG-RGBも出ているし、WEBCAMもついているのに3万しないという、結構まとまった全部入りガラケーにも匹敵するある意味熟成されたネットブック。ピロ用途では最も使いやすいと思うのに、ブラックバスに乗っ取られた貯水池の軟弱魚のように、PADの侵略により絶滅危惧種へと追いやられた気配。思えばNex7が来ないと言っていた頃、結構e-pcなど1万台で投げ売りしていたのをお代わり用に買っておくべきだった。見ればもう新品在庫はほぼない模様。そうそうに板派に移行して手放された良品中古を探すしかないのか。
さて、それはそれとして、どうも特定のアプリがどうしても起動してくれないのでなにが悪いのかと思いつつ、昨今便利にUSBで起動して走ってくれるmemtester86+を走らせてみたら、おっと、すぐに吹っ飛んでしまう。ネットブックなってそんなもんか。CPUフルで走るチェックプロは、メーカーPCでもよほどうまく設計されたものでないと、どちらかというと全部passするのは希とも言える。非同期時代でスピードだけ無理していたころのPCでは、passする方が珍しい時代もあったが、DDR2の233なら少しはいけるかと思ったものの、こいつはフルで走るとうるさいファンの割には、放熱の効率が悪く、熱くなりすぎてしまって飛んでしまうようだ。さて、どうしたものか。とりあえず開ける前に中身をバックアップしてみるかね。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »