« コレガの熱々小型HUB | トップページ | 電気を食うNETGEARのGIGAハブ »

アルカリ液漏れシリーズ:げろ状態懐中電灯

Geropktlampいやはや、またまたやってしまいました。トイレに放置してあった懐中電灯であります。運悪くマクセルの最近では珍しい単1のアルカリ電池が入っておりました。なんと水中でも使える密閉タイプの懐中電灯ゆえ、内圧が上がったのでしょうか、リフレクター部分が破裂しております。照光部を下向けに置いてあったゆえ、液が全部照光部にたまって、すでに結晶化し、液体は大部分固体化しておりますね。これはどうにもならないので廃棄となりました。アルカリ電池恐るべし。機器の電池は出して置いておきましょう。なお、この電池、使用期限は99とな。2099年かと思いきや、そんな訳はない。1999年でしょうね。既に10年過ぎているテカ。機器の電池は定期的に交換しましょう。まあ、LED懐中電灯の時代だから買い換えましょう。

|

« コレガの熱々小型HUB | トップページ | 電気を食うNETGEARのGIGAハブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コレガの熱々小型HUB | トップページ | 電気を食うNETGEARのGIGAハブ »