« 夏の庭 The Friends | トップページ | USB-SATAケーブルいろいろその4 »

お引っ越し

Ohikkoshi_kamo★★★☆☆ 1993 NIPPON
いやはや、相米さん特集次は京都が舞台のお引っ越しであります。田畑さんと言えば、ちょっとブチ気味のハッピーフライトの空港スタッフの印象がありますが、その可愛かった頃の作品というかデビュー作だそうです。いきなり賀茂川やら加茂大橋を走っているところから始まったりしますが、なにせ中井貴一がちゃらくて全然映画に合っていない。づんこちゃんはもう既にこの時にこんなおばさんになっていた?賀茂川と高野川の合流地点も今は飛び石が置いてあったりするようですが、この時にはまだ映っていない。Ohikkoshi_lampフイルムにアルコールランプの炎がほとんど映っていないので、ちょっと説得力に欠けましたねぇ。左は例によって先生役の鶴瓶であります。
京都の地理が解ってしまうと、場所が突拍子もなく飛び飛びなところにかなり違和感がありますが、唯一救われているのは漆場レンコが京都出身だったところから、その京都弁に全く違和感がないところですか。でも京都から琵琶湖に行くのに電車を予約したりしないし、瀬田に行くのになぜ近江高島を経由するのか、敦賀経由で湖東に戻ってくるのか?しかも小学生が井上陽水を口ずさむものか東へ西へ。
Ohikkosi_myo後半、画面が暗いシーンが多くて、そこだけ見るとなんのことやら解りませんが、夏に薮をさまよったら蚊に刺されますがな。このあたりが相米さんの自己満足シーンなのでありましょう。おっと、場所が転々として、これは妙ですね。この場所はここだ。今は建物が建ってもう見通せないでしょう。この川はなんて言う名前だったか、宝ヶ池の子供の楽園あたりから取り入れた用水路で、下鴨神社の糺の森の中を流れていく川ですね。まあなんだか例によって相米的良くわからないシーンだらけではありますが、田畑さんの記録映画としてある程度面白かったので★3つ。

|

« 夏の庭 The Friends | トップページ | USB-SATAケーブルいろいろその4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の庭 The Friends | トップページ | USB-SATAケーブルいろいろその4 »