« はやぶさ | トップページ | Solaris »

阪急電車 片道15分の奇跡

Hankyu15★★★☆☆ 2011 JAPAN
いやはや、続いて邦画シリーズ阪急電車であります。阪急今津線て、今でも2ハンドルなの?京都線の特急は相当昔からワンハンドルで、熟練のブレーキ操作ができない運転しにくそうな印象だったがかれこれ30年以上前の話だ。さて、ありがちな複数の人々の出来事をちりばめながら車内やホームで話がつながっていくという良くあるパターンだが、最もミスマッチなのが中谷美紀の東京弁だ。あののだめでさえ、ジョゼでは地の関西弁を披露していたが、多くの出演者が関西出身なのに、やや主人公的な中谷美紀とゴミ彼とその他数名が標準語ゆえやたらに違和感がある。さすがに宮本信子氏は貫禄だろうか、それを感じさせない演技であるが。残念なのが上沼恵美子が出ていないことか。めちゃくちゃ近藤真彦しそうだが・・・。でもまあ、いじめられの女の子とのシーンとかなかなかよろしいところもあるので★3.5と言うところだ。そういえば、京都線の特急と言えば、四条大宮を出たら次は十三まで一気という記憶しかなかったが、最近はいろいろ止まるのね。しかも高槻とか行かない間に結構都会になっている。たまには電車も乗らないといけないねぇ。

|

« はやぶさ | トップページ | Solaris »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はやぶさ | トップページ | Solaris »