« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

さっそく聞いてみた付録のDAC+HP AMP

Lux_hpampいやはや、ユーミンのCDも聞く暇がなかったので、ついでにこれもつないで聞いてみた。これをUSBにつなぐと、Audioデバイスが追加されるのはよいのだけれども、抜いたら、SonicStageの出力デバイスが切り替わらなくなってしまって、元に戻すのに苦労した。で、音だけれども、んんんんと言うところだ。あまり良くない。まずやはり気持ちの悪い電解が今一だろう。USBのBUSパワーではやはり音にパンチがない。高域も歪み感があって、あまり繊細な感じがしない。USBの5Vを昇圧して12Vを作って、その半分の6Vセンターで動いているようだが、一電源ゆえ出力ラインに電解がシリーズに入っている。これではHi-fiとは言いがたい。せめてOCLにしないとなんやかや言うにしても土俵に上がらないと思われる。まあでもおまけだからねぇ。動くだけでも良しとするべきか。 ところで、ユーミンのCDは古い曲もなかなか良い音になっている。いい感じだ。

| | コメント (0)

今年の付録はUSB-DAC-HP-AMP

Lux_usbdachpいやはや、stereo新年号の付録は、昨年に続いてまたまたLUXMANであります。今年はACアダプタがついていないなと思ったら、USBのBUSパワーで動く模様。一見、色から松下の電解かと思いきや、Capxonのげろが出そうな気持ち悪い電解が並んでおりますな。ICソケットがバンディみたいな安物ながら、ソケットにしてあるところがDUALタイプのOPアンプコレクションを生かせる心配りか。JRCの4556と4558がついております。DAはBBと言うか今はTIのPCM2704・・・。ヘッドホンジャックはminiの今にも壊れそうなもの・・・といくらでもけちはつけられるものの、また面白いおまけではないですか。昨年は危うく買い損ねそうだったので、今年は楽天Bに予約しました。動作は・・・まだです。これから・・・。いや、今日はもう無理かな。

| | コメント (0)

やっときたRaspberry Pi

Raspberrypiいやはや、Nexus7以上に忘れた頃にやってきた、Raspberry Piであります。RSのUKからと思ったら、なんかドイツから来ているような・・・。26.55GBPで結構なつくりであります。HDMIまでついている。うらにはSDスロットもあり。LANもついている。Arduino同様、とても面白そうな一品であります。とはいうものの、遊んでいる時間がないですかなぁ。まあ、ゆっくり遊びましょう。

| | コメント (0)

最近出来の悪いPanasonic/NC-KTJ061 すぐ沸くポット

Ncktj061_nosePanasonic NC-KTJ061
いやはや、これはだいぶん前にテフロンの塗装が汚いとぼやいた、すぐ沸くポットであります。パナも2000年以降の製品はなんだか失敗作というか、かつてのナショナルらしからぬ外れな製品がちらほら見受けられるわけでありますが、これもその一つ。大陸製だからでしょうか、仕上がりが思わしくない。Ncktj061_neonswこのお湯の出をロックするスライドレバーがひっかからなくなってきて、なかなか「給湯」で止まってくれない。まるでゆで卵を立てるかの如く、うまーく止めないとすぐ戻ってしまうのであります。そして、このスイッチのネオンランプ。スイッチの出来が悪いようで、中でスパークしているのが見えるわ、ネオンは点いたり点かなかったりと完全な大陸品質のスイッチ。Ncktj061_pourlockスイッチの方は一応ONにはなるので、後回しとして、フタの方を仕方なく開けて見ると、なんときわどいスライドレバーですこと。給湯時以外にすぐにロック位置に戻るように考えてあるのでしょうが、引っかかり部分がちゃちすぎて、精度がない。このスライドレバーの底で給湯口のパッキンを押しているわけですが、これの戻りの力に負けてレバーがはじけてしまう。Ncktj061_locktension観察してどうするかいろいろ考えた結果、引っかかりの部分を少し削るのもありかなと思ったものの、下から押し上げているロックの引っかかりの爪のバネを引っぱって2mmほど伸ばしてみることに。んんん。今のところいい感じでひっかかってますね。しばらく様子を見ますか。次はネオンランプスイッチか。

| | コメント (0)

飛び出せ青春!最終回

Letsbegin41いやはや、いつの間にか最終回になってしまった。大好きだった北海道合宿の回も、ちゃんと見ないままにどんどん進んでもはや43回であります。数回前にはやたらに若い地井さんがライバルの教師役として出ていたりして、いやぁ。なつかしい。さて、最終回はこれまたまだ若い佐々木すみえ演じる音楽教師がいじわるして試合の抽選日の日付を細工したことによって、リーグに出られなくなり、それでもビギンの海岸ヘッドドリブルと改心した音楽教師の座り込みと飲み比べにより、なんとか県立東高と試合できることになったチームは、普通に戦っては勝てないと、コーナーキックでゴールしてラスト15分で勝とうという作戦で試合に勝つことができた。めでたしめでたし。レッツビギンであります。まだ俺たちの朝の方も見終わっていないのにさてどうしたものか。

| | コメント (1)

ふたご座流星群の日

Geminidsいやはや、今日は月が出ていなくて、お空が暗くて、なんと星がきれい。しかも結構な太さの明るいやや短めの流星が見えている。0時前でベランダから見上げてタイミング良くすぐに2本見えました。これなら狙っていたら写真も撮れるかも知れませんね。しかし寒いのでそれは断念。今年はしかし天体SHOW山盛りの年でしたねぇ。

| | コメント (0)

Robinson Crusoe / Art of Noise

Thebestofartofnoiseいやはや、フジフィルムのアスタリフトのCM。ちょっとシワの見えるきょんきょんとせいこちゃんよりも、バックに流れるArt of NOISEのこの曲・・・・。耳から離れませんなぁ。タイトル忘れていましたが、おっと、と思って蔵CDから出してきたこのベスト。いいのが集まっていて一番好きなやつですね。そうRobinson Crusoeでした。このCMの製作関係者もやはり、ジェットストリーム世代でしょうかね。ありましたなぁ・・・。合いますなぁ城達也氏のナレーション。このCMからしてもなんだか雰囲気がわかりますわな。

| | コメント (0)

予期せぬエラー

Yokisenuerrいやはや、DOSでは昔よく見たunexpected errorというやつである。昨今HDDレコーダーの安いこと。かつては10万越えだったグレードも今や3万しなかったりする。悪評高きRD-X92Dの代替機としてやってきたRD-S503はほぼノントラブルで、夏場に数回気絶したくらいで、すでにDVDの書き込み枚数も1000枚越えながら、そろそろTSEで書き込めるサイズが窮屈で、しかもLANの機能が時代相応であり、昨今の当然のように装備されたDNLAのサーバー&クライアント機能がないのがつらい。とはいえタイムシフト用にまだ現役だ。RD-BZ700の方はこれまたPCとの連携もDLNA視聴も快調だったのだが、この前WOWOWのDRをBD-RにMOVEしたあと、しなくて良いのについDVD-Rの癖でファイナライズをやってしまったら、飛んでしまった。データーはあるのだがiccのファイルがない。これでは再生できない。とても残念な結果だ。気をつけよう。

| | コメント (0)

INAXの7年タイマー

Inax7timerいやはや、こういう点検商法もあったのかと、考えさせられる事例。このINAXのいわゆる他社商標で言うウォシュレット、7~8年すると、電源LEDが点滅し出す。点検を申し込むとパーツ代別で基本料金7245円取られるのだとか。お知らせ機能自体は悪い仕組みではないと思うが、ユーザーが勝手にリセットできないようになっているところが、まだ壊れていないユーザーにとってはとても不愉快な仕組みだ。1回目の点検が無料なら大いに良い機能と言えるだろうが、7年8年経った機械に、今時シンプルタイプなら2万しないで新品が買えるというのに、中古にそれも点検だけに7245円は高いと言わざるを得ない。ちょっとまだ時間がなくてリセットできていないが、年末にでも掃除がてらリセットしよう。壊れたら前に使っていたのと同じTOTOの日本製を買おうか。水の出方があちらの方がいい感じだった。主要製品でないメーカーのはよく壊れるのを聞く。H社のは偽物マイクロスイッチが付いていて動かなくなるとか有名だった。やはり買うなら主要3社のどれかだろうか。でもこのタイマー機能を経験するとINAXのは除かざるをえないねぇ。

| | コメント (0)

電子手帳液漏れGP

Leakgpalkaribatいやはや、またまたまたやってしまいました。アルカリ電池の液漏れであります。今回はふと気づくと電子手帳の下の方に粉が吹いている。あれ、この前電池換えたとこなのに・・・。基本的にこのGPブランドのアルカリは油断ができませんね。いつ漏れ出すやら。使用期限が過ぎているのかと思いきや、確かに少し過ぎている。そのせいなのか。そんなすぐに漏れるものか。アルカリ電池の液漏れは、全く何度同じことをやっているのかという感じですな。幸い腐食が進むところまでは行っていなかったので、アルコールできれいに拭いてなんとかなりましたが、電子手帳もこの頃のあまり電気を食わないタイプはマンガンにするか、もったいないけどニッケル水素の方が安全ですかねぇ。

| | コメント (0)

ロクハン

Rokuhan197710いやはや、これは懐かしい。づんこちゃんではないですか。ありましたなぁ。FMレコパルとか。AirCheckとか生録とかデンスケとかはやっていましたなぁ。そんな中でこれは生録のマガジン。みんなこの頃はラジカセを持っていって録っていたのですね。京阪電車の淀屋橋駅の発車のチャイムというかサイレンというか、録りに行ったのを覚えています。たぶんこの頃の特集で覚えているのは、大井川鉄道のSLとか、まだ噴火前の三宅島の池の小鳥とかでしょうか。どちらも行ってみたいなと思っていたものでした。八丁平のぶっぽうそうなんかも? この頃FMでもマクセル提供の生録素材で構成した番組があって、大井川鉄道とかの回がありましたねぇ。テープ残ってないかな。また聞いてみたい。昨今は首相のコメントタイムのICレコーダーの品評会ではないですが、ICレコーダーでPCM録音ができる時代。音はよいかも知れないがなんか有難味と面白さがないですねぇ。

| | コメント (0)

六甲山トンネル

6ko3tunnelいやはや、なかなか時間がなくてネタが公開できていませんが、いやしかし、怖いですねぇ。トンネルがあんなやっつけ構造だったなんて。恵那山トンネルも良く通りますが長すぎて怖いですね。いつの間にか三宅じいさんは亡くなられておられるし、年末になにゆえ選挙かという感じであるし、選挙に600億円も浪費するなら復興に使えよと言う感じだし、国会は永田町でやるよりTV局でやった方が効率的ではないかという感じだし、お盆が過ぎたと思ったら、さらに一回りして年末が近づいてくるしと、やることやりたいことは山ほど溜まっているしと、どうしたもんでっしゃろう。電気だけてきていて情報から隔離された山奥でひっそりジョーンズしたい気になりますねぇ。しかしまた使用率97%とは大丈夫ですかね東電・・・。紙一重という感じですか。

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »