« 使えるコンテナBOX | トップページ | とうとう壊れたSK-MTVHDUS »

トレールペーパー

Torerupaperいやはや、健康診断の時期であります。昨今紙を見るとなんでもスキャンしてしまうので、こんなものまで!?それにしてもまだまだ我が家の紙は減りません。要は処分しているスピードよりも、紙が到来するスピードの方が速いと言うことなのでしょう。しかも実家の無線と実験もまだだいぶんある。これはライフワークと称しても過言ではないでしょう。そのデーターは死んだらどうなる?いやそれを考えてはらっきょさんその他大勢のビデオテープライブラリーも同じことであるし。某有料放送局の特集ではないですが、だいぶん前チラ見してその他人事口調なナレーションに大笑いしてしまいました。曰く、「○○さんは、生涯40数年のすべてをスキャンするのだと言います・・・。」蓄えた本や紙をすべて自炊しようとしておられるのであります。同じ志の御貴兄が万とおられることでしょう。
さて、今回の日帰り人間ドックは、まあ普通でしたが、しいて言えば、いつぞやのいらちの問診お姉さんとは違って丁寧な問診票確認でした。そんな祖父やらの癌が何癌だったかなんて詳しく知りませんがな。何癌ですかはっきり解りませんかと言われても解らないとしか言いようがない。そんなこと突っ込まれても答えられません。今年は採血はうまいお姉さんで、血管が見つけられなくて何カ所も刺されることはありませんでした。バリウムの東芝の機械はもうちょっとモーターの制御を今時にスムーズなスローアップスローダウンにして欲しいものであります。あれではチェーンクレーンのON/OFFスイッチと大差ない。あまりに動きががさつ。それを乱暴に扱われると、捉まっている方も振り落とされてしまいそうですがな。聴力検査はバリウムの前にやって欲しいものであります。自分の胃がキュルキュル言う音が大きくて聞こえません。眼底写真は片方だいぶんずれてましたね。まつげも写ってそう。結構雑でした。脂肪肝の超音波検診は練習中のお姉さんがなかなかうまく取れなくて、交替して練習台にされてしまいました。呼吸のかけ声のタイミングをうまくするのと、遠慮せずにもう少しきつく押し込まないとうまく見えませんねぇ。交替したお姉さんはいくら慣れているからといっても、キーボードをきつく叩きすぎですな。壊れそう。肺活量も今年は気管支炎になっていなかったので咽せることなく終わりました。ともあれ、OCAT千円の食券で御飯を食べて帰宅であります。

|

« 使えるコンテナBOX | トップページ | とうとう壊れたSK-MTVHDUS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使えるコンテナBOX | トップページ | とうとう壊れたSK-MTVHDUS »