« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

KOBOはなんと光タッチだった

Kobo_pdfいやはや、発売日に送ってきていたKOBOだけれども、ぼやこうと思いつつだいぶん経ってしまった。既に大勢ばらしておられるようで、急いでばらす必要もなくなったものの、さてどう使うかが悩むところか?なんかいけてないところはいろいろあるが、値段が値段なので文句を言う筋合いではないとも言えよう。これだけのまとまったものが実質5千円ちょっとというのがすばらしい。無料の青空文庫は、古典系が揃っており、文字だけなので特に支障なくきれいに見える。しかしSCANものの巨大なPDFは、非力なCPUではやはり辛い。一応表示はするがもどかしい動きしかしないのがストレスになる。結局REGZAタブレット初期版も、android全般的な特徴なのか、今一不安定で、満足のいくPDFリーダーがないのが難点でこちらは巨大PDFもまあまあ表示はするが、どうも不安定でいわゆる本棚リーダーがどれも今一だ。非力なのは仕方ないとして、こいつのタッチ操作が思うように動かない原因は、KOBOのタッチパネルの特徴をつかめていないからだ。いわゆる静電容量のタッチパネルのように操作してもうまく動くまい。ピンチイン/アウトは、そもそも無理なのですよ。Opttouchなんと、なにゆえかと思うが、電気を食うのに、KOBOのタッチパネルは赤外線光タッチパネルである。赤外LEDが周囲に配置されており、その光を遮ることで位置を検出している。遮るとLEDが長く光るので、何か微妙に動くものを画面に近づけて放置すると電池を消耗する。ちょっとピントが合っていないが、画面の隙間から赤外LEDが放射されているのが解る。一番上のものは保護カバーだ。その下がKOBOのケースで、隙間が光っており、その下が画面だ。このペーパーLCDと組み合わせるタッチパネルがないからだろうか。不思議な構成だ。メインストレージはマイクロSDが内蔵されているそうで、これはこれでローコストに作るにはよい方法だろう。ベタにFLASHを載せると、そのコントローラーに金が掛かる。素人がファイルシステムのファームを作ると必ずトラブルからだ。その点、コントローラーが内蔵されているSDを使えば容易にシリコンドライブが実現するわけだ。そう考えると、実売価格でも原価はぎりぎり赤ではないという感じだろうか。

| | コメント (0)

Oh!Dyna創刊2号

Ohdyna02いやはや、テレビでボーンをやっている。3部作で終わったのかと思ったらまた新しいのができているそうだ。その関連だろう。そう言えば最後にニッキーが苦笑いしているところからして続きがありそうではあった。全体を通して見るとなかなか面白いが、いけてないのが吹き替え版は声のキャラが全然合っていないことだろう。まるで、友近がビバリーヒルズの真似をしているかの如く、笑ってしまう。まあそれは置いておいて、なつかしいOh!Dynaがでてきた。Pio31ss2mbSS本体はまだ手元にあって、これが起動できなくなった原因はFDDのモータードライブがやや難のあるゴムベルト駆動で、それが伸びてしまって起動できなくなったと言うことだ。当時はまだNANDがなかったので、HARD-RAMというSRAMライクなものを突っ込んで、内蔵のサブバッテリーでバックアップしておいてそこからDOSを起動しようというものだった。なんと2Mバイトで46,000円。実売39000円くらいだったと記憶している。それでもそれが必要だった。SS自体のハードウェアも実に質実剛健に作られており、箱もマグネだしOKI製の8086CPUよりも周辺チップの方が豪華に見える。捨てる前にお写真をぜひ撮っておこう。ともあれ、これがモバイルパソの走りであったことは違いない。

| | コメント (0)

壁にLANポートをつけよう

Walllanportいやはや、必要あって、倉庫部屋のコンセントにLANケーブルを引いてきた。幸い、電話が引ける部屋は、中継BOXからコンジットパイプが通っており、引っぱり線も通っている。当初は一本だけ通して、8芯のうちの真ん中2本を電話に使っていたのだが、今回は別経路のLANもあり得るかと、始めから2本通してしまった。LANのジャックが1つしかないのでとりあえず一つ取り付けた。これまた以前は、LAN用の埋め込みコンセントがすぐに売っていなかったので、ISDNのコンデンサの入っていないやつを流用したりしていたが、昨今ではホームセンターでもLAN用が入手できるようになった。LAN用もCat5e用と6用がある。これがまた1個1500円以上と結構高いが、作業性はパナのが一番だろう。PLANEXのが通販だと300円台で売っていたりするが、送料がかかるので今度ついでに買ってみてどんなものかぼやいてみたいと思っている。その他天井裏ならパッチ盤用のカプラーが安いがこれも各種いろんな構造のがあって変なやつはとても線が噛みにくい。天井裏ならジャックをつけなくてもいきなりプラグを付ける手もある。次回はそのへんを見てみよう。

| | コメント (0)

FUJIFILMのニッケル水素電池

Fujif_nhbatいやはや、BlondieのHart of grass が耳について離れませんなぁ。アクアのCM。ブロンディーてまた懐かしいですなぁ。またCMにつられてベスト盤買ってしまいそう。さて、このFUJIFILMのニッケル水素電池ですが、これあきませんなぁ。MADE in Japanと書いてあるものの、どこのOEMでしょうか。NEXCELL並に自己放電が大きく、充電繰り返し回数も100回も行っていない印象。2150mAhと、欲張った容量なのがだめなのか。これはたぶんカメラのナニワのなんばシティーの地下の店のワゴンに乗っていたやつだと思うのですが、あまり使ったつもりがないのにもはやすぐに電圧がほとんど0懐中電灯にも使えない。当たり外れもあるのかも。まあでもすでに5年以上前のなのでお役ご免と言うことでジョーシンの電池入れに奉納いたしましょう。

| | コメント (2)

SOAR 3060 POCKET DMM

Soar3060いやはや、愛用のポケットテスターがとうとう壊れてしまった。うっかり落としたら液晶が割れてしまった。しかしこれは長持ちした。SOARと言えば昔はSANWAやHIOKIとならんでテスターをラインナップしていたが、外国の安物の流入により倒産してしまった。その時、聖地の計測器ランドやらラジオデパート館内で処分されていたときに買ったものだ。それにしても25年は経っている。よく働いてくれたと感謝しよう。Soar3060lcdもろにLCDが割れてしまった。このテスターが長持ちした理由のひとつは、オートパワーオフが搭載されていたからだろう。よくあるポケットテスターや黄色いやつはちょっと使って忘れていると、すぐに電池がなくなってしまう。持っても一晩だ。単4とかならよいが、006Pや変な12V電池なんかが入っていると電池代がかかって仕方ない。また韓国製の一部の機種はオートパワーオフと称していても表示が消えるだけで結局は電池を消費してしまうようなものもある。これの場合は3分くらいで消えてくれて、その状態でほとんど電池は消費しないので、電池交換はせいぜい2~3年に一回しか必要なかった。LCDの表示が出なくなったので見えないが、これはバーグラフ表示がついていて、これが結構便利だった。Soar3060inside長持ちしたもう一つの理由がこの内部の鉄フレームだろう。何やらウンモ星人のマークのような補強の型がついているが、内部にこのフレームがあるために非常にしっかりしており今まで液晶も割れなかったし、LCDの接続も安定していたし、スライドスイッチもしっかりしていた。昨今の安物は、樹脂と基板だけでできているので強度が足りないものが多い。Soar3060inside2さすが日本製である。非常にこなれたきれいな造りをしている。基板の金メッキ接点にスライドさせて動く赤いモードスイッチ。圧電ブザーも、直付けリードではなく、バネで基板と接触する構造だ。LCDとの接続は垂直接続型金太郎飴タイプの寒天接続だ。電池も入手が容易なLR44が二つというのがありがたい。Soar3060pcb基板がこれまたきれいに作られており、さすが日本製という感じ。それゆえに長持ちしたのだろう。与えられた機能を十分に全うしたこのポケットテスター。成仏していただこう。

| | コメント (0)

M68000 FAMILY REFERENCE

M68000coverいやはや、廃棄された古いマニュアルも面白いやつは拾ってきて取ってあったのでありますが、さすがに一番かさばります。仕方ないのでこちらも順次割いておりますが、なかなかオンラインになっていないような貴重なものもあり、見ているだけでもおもしろいですなぁ。昔はデーターシートを入手するのも一苦労で、有力な代理店と関係があればふんだんに貰えたものではありますが、一般的には入手が困難であったり流通していなかったり、市販されていても非常に高価であったりしたものです。ある時期からデーターシートを勝手にアーカイブして無料で見せてくれるサイトが増えたものの、当初は登録が必要であったり、有料だったり、たとえばELIS-netなんかは正規に集められたデーターシートがあって、有料でFAXに送信してきたりして1枚うん十円と高価なものでありました。NECは代理店に頼めばイントラネットでデーターがとれるようですが、昔の小さいサイズのdatabookにはアーカイブされていないものやら、その後公開されていないものもあって、あれも一時全部捨ててましたが、取っておけば良かったですね。M68000dataさてこれはmotorolaの68000のdatasheetであります。1988年版ですが、シリーズ一通り簡潔に載っております。68000はもはやかつての石かと思いきや、いやいやまだまだ現役で、その用途ではうん万個の単位で確保して動かし続けておられるのではないでしょうか。絶大な長年の稼働実績を礎に、十分にバグが枯れていて、特に遜色のないパフォーマンスを発揮していている限り、CPUをたとえば数年でなくなってしまうような一時ばやりのARMの何かなど別のものに換える理由が何もないからです。16MHzやら20MHz程度の着実なクロックで動く堅実なCPUは、そのへんを走っている乗り物やら、300Km/hを実現するあの乗り物を今でも動かしているのでしょう。

| | コメント (0)

BD代わりの2TのHDD

Hdceu20nI-O DATA HDC-EU2.0N ¥8,980-
いやはや、昨年のタイの洪水直前には、2TのHDDは4,980円だった。青光DISKで2T録ろうと思うと、少なくとも一番安い単面DISKで80枚以上は必要であり、10枚千円位としても8,000円越えであり、HDDの方が完全に安かった。しかし1.5万くらいに値戻りしてしまったので、その次を躊躇っていたらだいぶん値頃になってきた。業界の健全な利益配分を考えると、物量的に3.5インチが5千円切るというのは不健康であり、まま9千円でもどうかとは思うが、このあたりで落ち着いて頂くとありがたいというものだ。日立の裸リテールも同じくらいになっているので、そちらにしようかとも思ったが、HGST製でも茄子寝のようにつぶれる時代であり、移動&DLNA端子直結に便利なのでUSB2の箱入りを買ってみた。St2000dl001さっそく開けて見た。I-OなのでまたSAMSUNGかと思ったが、バラクーダのST2000DL001だった。それも大陸製である。さて、何年もつかね。I-OといえばROCK DISKを買ったままちゃんと活用していないが、どうも信頼性に欠ける動作なので、テンポラリーの鯖には良いが、映画を保存するにはちょっとというところだ。基板もシンプルで、12Vから5Vを作っている部分と、USB-SATAブリッジにはJ-micronのJM20339がついている。こちらも既に5~6年前の石なので適度に安定しているだろう。Wa18k12fu問題は頼りないACアダプターだ。I-Oと言えば、かつてのAC電源内蔵タイプのLANDISKは内蔵の電源基板が燃えるそうで、未だにリコールしている。電源をけちると後でしっぺ返しを食らうという電機業界のセオリー通りの展開となったようである。うちのLANDISKは残念ながら対象外だった。ACアダプターは海胆5の競合Asian Power Device製のWA-18K12FUだった。昨今はHDD自体が省電力なので、高々12V1.5A程度のものだが、結構小さい。まあ、まず先にHDDドライブ自体よりこちらがへたるだろう。まさか日本製の電解を使っているとは思えない。まま、これは互換で差し替えられるのであまり気にしなくても良いだろう。もちろんDCプラグはEIAJタイプではないものである。ライダーのカスタマーレビューを見ると、なんだかUSBドライブにユーザー限定ができないとか意味不明のことを書いて★ひとつにしている人もいれば、安いと言っている人もいる。まあHDDは消耗品だから、3年くらいすぎたら移していくことを考えよう。それでも昔の熱々HDDに比べたら、長持ちするようになったのではないかねぇ。2004年くらいのもまだ平気で動いていたりするし、5年持ったら十分だろう。

| | コメント (0)

いけてないクリップ固定スタンド(そひん)

Dca087Digio DCA-087 4967101198301 ¥974
いやはや、だいぶん前に買った、いけてないものがでてきた。LOASのDigioブランドのクリップ式固定カメラスタンドというものだ。LOASは現在、解散してナカバヤシ株式会社に統合されているが、Digioブランドのgoodsは結構良いデザインで使えるものもあり、これは粗品の類だったのが残念だ。Dca087_ball長い棒がでているが、これが位置を固定するつまみだと思っていたらそうではなくて、このつまみはクイックシューと称する、カメラ台座部分の溝を固定している出っぱりを緩めるつまみだったのだ。どこがクイックなのか解らない。それゆえ、自由に動くボール部分は固定するネジはなく、単にゴムの摩擦だけで止まっていて、すぐにへたってしまってやや重量のあるものを立てようとすると、自立しなくなってしまう。なんだかなな構造だ。Dca087_quickこのクイックシューと称する台座を固定するつまみネジはすぐに錆びそうなアーレンキーネジが一つついていて、どこにも説明がないが、これを締めると、つまみが回らなくできるようだ。反対側の穴は何に使うのか解らないが、このクリップ自体が落ちないように使うのか、カメラとはぐれないようにつないで使うのだろうか。Dca087_broken何より肝心なクリップ部分が樹脂であり、強度がなく、バネはある程度強いので、つまみにくく、台座部分もつまみに使って開かなくては開かない。そして開くと軸部分に強度がなく、破断してしまって、既にヒビが入っている。しかも新品から、使い古しのような樹脂表面の仕上がりと、バリの多さ。これが商品かというような粗品である。これなら上海問屋の巻き付き台座の方が安くて良くできている。軽量なコンデジかWEBカメラを”仮”固定する位にしか使えない明らかな大陸製の粗品であった。

| | コメント (0)

ScanSnap 142657枚

Ss_suplyptsいやはや、ローラーもゴムも換えないまま14万枚を突破。でもまだ結構使えています。よく見るとゴムのベロの先端が摩耗している。でもまあそれなりには動いている。そろそろ替えるべきだろうねぇ。ぺらぺら雑誌のベタインクページはどち道ひっかかるのであまり差がないような。本体の方は全然異常なく、さすがPFUですか。良くできています。購入当初にじゃんじゃんscanしていたものは、自動でやっていたりしたので、横幅がばらついていたり、白黒とハーフトーンが混じっていたり、ファイルサイズをけちっていたりと、後から見るともう少し丁寧にしておけば良かったと思う物が多々。雑誌は捨ててしまいましたが、単行本でまだ捨てていないものは、もう一度し直したりしているものもあります。横幅はやはり採寸して固定で撮るべき。ハーフトーンの多い本は自動ではなく全部ハーフで撮った方が後からの見栄えが良い。しかしファイルサイズ的に重くなるので軽量リーダーで見るのは無理。ハーフの文字ばっかりのものはクッキリにした方がきれいだけれども、写真が多いとクッキリにするとつぶれてしまう。Organizerが非常に重くなってしまって、なかなか戻ってこなく、ウグイスZeroが毎回scanしているのが原因かとか、何が原因なのか解らなかったのですが、この前、別の理由で東芝のBluetoothを消したのと、IOの全くいけてないTUNER cardのEPGを消してしまったら、非常に軽くなりました。どちらかと干渉していたのか。IOのEPGはProcesMoniterで見ていると、やたらに動いていて、しかもエラーばっかり起きていて、なんか完成度の低い印象ですな。EPGにdatabaseを使っているあたりからして、何か干渉していたのかも。

| | コメント (0)

0.01g単位の電子はかり

Dndscale01DN-DSCALE01 4548804660816 ¥1,799
いやはや、らっきょさんに対抗して?ちゃちい電子はかりを買ってみた。昨今あのいけてないdretecのキッチンスケールなら980円くらいで売っているが、いや、TANITAのでもそれくらいで売っていることもあるが、最小単位が0.1gのになると、少し高い。らっきょさんのは別バージョンの0.1g単位だったが、これは0.01g単位だ。はたして実用的なのか家庭的に使える精度は出ているのかだが・・・。Dscale_vh1円玉と言えば、結構正確に1gで1円では原価割れしていることで有名だ。昔、波板を止めるワッシャの代わりに、ワッシャより安い1円玉を打ち付けていて捕まったという大工さんのニュースが新聞に載っていたのを思い出す。おっと、一円玉3枚できっちり3.00gを表示している。まぐれかと思ったが、押しつけた後に測ってみても、電源投入直後にSマークが出てすぐに測ってみても同じだった。1円玉の大きさからして、キッチンスケールよりこのはかりがかなり小さいのが解る。家庭的趣味な用途としては、小物のカウントができるかどうかだが、VHのコンタクトを1つ載せてみた。0.23gだった。いくつか測ってみると少しばらついていて、中には0.2を切るものもあった。そう言うものは10個くらい乗せて、平均値を一つの重さにする必要があるだろう。10個だと@0.208gくらいだ。Dscale_vh50jpgケースを風袋引きしてから、50個載せてみた。10.29gだった。計算すると49.5個という感じだ。まま、合ってはいるが、±1個くらいの誤差はでるかもという感じだろうか。打ち抜き板金コンタクトが0.05g程もばらついているとは思わなかったが、まあお家の趣味の範囲でこれくらい精度が出ていたらいろいろ使えそうだ。お家用にカウント機能も搭載していたら面白かっただろうに。経年変化はどうなんだろう。キッチンスケールなんか結構落としたり水に濡れたりしながらも案外正確な値をキープしており、昨今のセンサは良くできているものだ。

| | コメント (0)

とうとう電波少年化してしまったDASH島か

Dashislandstartいやはや、リアル放射能はどうにもならず、瀬戸内に逃げてしまったようだ。あまりに夢のないDASH海岸ゆえ、危うく終息かと思われていたところから、面白い展開ではあるが、よみうりテレビでは有名な一見してどっかで見た島ではないか。まあこんなところでサバイバル研修させられるより開拓する方が面白いか。市●容疑者もここならまだ生きながらえたかも。島類の話題の欠かぬ今日この頃、この島も個人の持ち物なのだとか。それならいろいろできるのかも。気長に見守ろう。

| | コメント (0)

8号機風車

8goki

| | コメント (0)

iAPX286 Hardware Reference Manual

Iapx286hrmいやはや、日々SCANにいそしむご兄弟、進捗はいかがでしょうか。当方まだまだ終わりが見えませぬ。こんな懐かしいマニュアルが出てきました。昔は今のようにネットでデーターシートを参照できたりしないので、本屋さんや秋葉に行ってしかるべき紙のマニュアルを購入して学んだものであります。これは80286のマニュアルですが、まだこの頃のは内容が普通の人間でも理解できる範疇であり、今見ていても案外楽しいものです。周辺チップや80287の資料もついており、当時としては貴重なデーターシートでありました。山のような書籍を貯めて、家を改造なり新築して、家中図書館のように本棚を設けて、その本を自己満足で眺めながらその内の一冊をとりだしてくつろいでそれを眺めて読むのがかつての本好きの夢でありました。しかし今後は変動期の地球の気配が高く、地球本来の造山侵食活動が活発と見られ、お家を建ててもあっけなく地殻変動に持って行かれて、あららと言うことにもなりかねません。時代的にはやはり電子アーカイブとせざるを得ない状況のようです。しかしそれも太陽の黒点活動の活発化や、磁気嵐により、あっけなくSSDやHDDやメディアのデーターは消えゆくかもしれません。ちょっとした宇宙線の増加でMLのNANDを多用したSSDなんか、いちころかも知れません。しかしまあその時は人類も果てている可能性も高く、あきらめもつこうかというものでありましょう。どちみち物質はあの世に持ってはいけないのですから。さあ、SCANを続けましょう。

| | コメント (0)

丹生の浦(美浜原発)

Suishohamaいやはや、水晶浜と言いますか、丹生の浦の白浜あたりから見た美浜原発・・・。昔と風景が変わっているのだろうかと見に行ってみると、そんなに変わっていませんね。美浜原発が完成したとき、夜に橋の袂まで見に行ったのを今でも覚えています。ナトリウム灯のオレンジ色の光がとても不気味というか、原子力発電所という近づいては危険なものという感覚を体験しました。まあその後順調に動いておったわけで、海水温が上昇して鯛がとれるようになったとか漁場にもメリットがあったとかなかったとか。KEPCOにおいては、またアトミックツアーをやって欲しいものであります。それにしても黒色の玉砂利海岸の多い若狭湾の中でここはやはり砂浜がきれいですな。

| | コメント (0)

ブルーベリー狩り

Unlimitblueberryいやはや、ブルーベリーは好きですか?ベランダの鉢植えのブルーベリーはつぼみを奴がつまんでしまうので、実がなかなかなりません。せいぜいなっても片手に載るくらいだったか。しかし農園の畑のブルーベリーは地面に生えているだけあって、気持ちよいほど実がなっておりますなぁ。これだけなっていたら食べても採っても追いつきませんわな。地面に落ちているのが一番熟してそう?こんな一気に山ほどブルーベリーを食べたのは初めてですわ。 1時間600円でした。
Blueberry_takeout案外、木の茂みの内側の空洞から狙うと、熟した大きい粒が残っていたりして、探す場所にコツが要りますなぁ。色はじゅうぶんかと思ってもまだまだ酸っぱかったりしますなぁ。でもあんまり開いているやつは日持ちしませんわなぁ。 まま、ある程度酸っぱくてもヨーグルトに入れて食べたら絶妙ですな。しかしブルーベリーは一気に熟さずに順に熟していくところから収穫が自動化できませんなぁ。鵜飼いみたいに奴につまませて回収できたらはやそうですが・・・。とんがったくちばしでつぶして食べてまうからだめか。
(注:奴=ヒヨドリ)

| | コメント (0)

Arduinoで遊ぼう

Davinci32uいやはや、良い時代ですなぁ。昔ならTMPZを持ってきても、いちいちUV-EPROMを毎回消したりしていたわけですが、その後のH8にしても書き込みはFLASHで簡単になったものの、開発環境のコンパイラとROM化をどうするかという敷居があったわけで、ところが昨今、千円しないボードがUSBで書き込みできて、コンパイル環境まで転がっているというなんと贅沢な時代。しかもスタートアップやら初期化をあまり気にせずにマクロライクにコーディングしたら動いてしまうと言うなんと安直な便利な時代ではないですか。しかもオープンソースゆえ、いざとなれば辿っていって、裏の方の変数を引っ張り出してきても使えるというなんとすばらしいArduinoですなぁ。さてこれは、AtmelのCPUの載っているDaVinci 32UボードのArduinoブートローダー入りでたったの1260円。日本で実装しているそうで、とてもきれい。これで232Cでコマンドを送り続ける治具を作ろうという、半分遊んでいるような代物であります。ついでにLM61を載せて温度も読み出して送りつけようという。しかし、なんとこれだけでできるなんて。普通シリアルを使おうと思うと、UARTのドライバーをどこから持ってくるか、はて作るのかという話になりますが、そんなことお構いなし。Serial.begin(9600); だけで動くとは。なんと楽しいおもちゃでありましょう。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »