« 丹生の浦(美浜原発) | トップページ | 8号機風車 »

iAPX286 Hardware Reference Manual

Iapx286hrmいやはや、日々SCANにいそしむご兄弟、進捗はいかがでしょうか。当方まだまだ終わりが見えませぬ。こんな懐かしいマニュアルが出てきました。昔は今のようにネットでデーターシートを参照できたりしないので、本屋さんや秋葉に行ってしかるべき紙のマニュアルを購入して学んだものであります。これは80286のマニュアルですが、まだこの頃のは内容が普通の人間でも理解できる範疇であり、今見ていても案外楽しいものです。周辺チップや80287の資料もついており、当時としては貴重なデーターシートでありました。山のような書籍を貯めて、家を改造なり新築して、家中図書館のように本棚を設けて、その本を自己満足で眺めながらその内の一冊をとりだしてくつろいでそれを眺めて読むのがかつての本好きの夢でありました。しかし今後は変動期の地球の気配が高く、地球本来の造山侵食活動が活発と見られ、お家を建ててもあっけなく地殻変動に持って行かれて、あららと言うことにもなりかねません。時代的にはやはり電子アーカイブとせざるを得ない状況のようです。しかしそれも太陽の黒点活動の活発化や、磁気嵐により、あっけなくSSDやHDDやメディアのデーターは消えゆくかもしれません。ちょっとした宇宙線の増加でMLのNANDを多用したSSDなんか、いちころかも知れません。しかしまあその時は人類も果てている可能性も高く、あきらめもつこうかというものでありましょう。どちみち物質はあの世に持ってはいけないのですから。さあ、SCANを続けましょう。

|

« 丹生の浦(美浜原発) | トップページ | 8号機風車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 丹生の浦(美浜原発) | トップページ | 8号機風車 »