« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

コンデジマクロ

Ichigonohanaいやはや、これはRICHOのCX-4で撮ったイチゴの花であります。1cmマクロができないとリコーのカメラとは言えませんが、こいつもお気軽にこんなクローズアップが撮れるのがよろしいですなぁ。コンデジの話題をぼやこうと思いつつ半年すぎてしまいましたが、始まりは年末の福袋から。7千いくらで、今や同じ会社となったPENTAXのoptio RZ-10が入っていたので買おうと思ったらなくなってしまって、同じ値段で売っていたのでライダーしてみたらこれまたなんといけていない。今時のやたらに画素数はあるが、ノイズだらけの初期の監視用CCDではあるまいしというなんだこれはという一品だった。かろうじてISO100ならある程度見られるものの、写真としては200万画素の2020ZOOMよりも明らかに劣っている。値段の割にはきれいな作りだけれども、映りはこんなコンデジの時代なのかと嘆きながら、写真はもはや画素数の多さではないと実感。PENTAX SHOPのアウトレットに安く出ているRICHOバージョンのCX-2を眺めつつ、ジョーシンWEBにCX-4が。つい買ってしまいました。こちらは同じ電池を使いながら、さすが良くできている。このへんのぼやきはぼちぼち個別にしますかねぇ。こんなのが1万円そこらで買えるとは良い時代であります。Chr_shft
さて、しかしながらさすがコンデジ。個体差もあるのかも知れませんが、クローズアップするとプラスチックレンズほどではないにせよ倍率色収差が目立つ。これは右上の花びらの部分ですが、特に白だと青になって気になりますね。しかしある程度均一にずれているようで、補正してみた上の写真では結構きれいに消せていますね。
そう言えばRICHOの自社クロニクルにはあの名器110Zoomが載っていませんねぇ。なんででしょう。さらにそう言えば、最近、Lomographyが110フィルム&TOYカメラをまた売っていますね。現像もやってくれるらしい。まあ、デジイチの解像度になれてしまうと、110フィルムをまともに使う気にはなれませんが、TOY的に使うにしても現像してくれるあてがあるのはありがたいことです。まま、まだ大きいところだとかろうじて日にちさえ待てばやってくれるようではありますが。

| | コメント (0)

入道雲とアンテナ

Sekiranun_antいやはや、はやく冬が来ませんかな。夏はだめです。苦手です。夏は人が働く季節ではないですね。暑い。体調悪い。汗疹痒い。どっかの西の方ののんきな国のように、夏は長く涼しいところで休養したいものですね。

| | コメント (0)

夕焼け

Sunset120716いやはや、1万円のレンズは写るのかシリーズ・・・のつづきでありまする。飛行機が、ランディングし始めて、前輪が出ているのが見えておりますね。きれいな夕日の一瞬を1万円レンズで狙いましょう。

| | コメント (0)

夕焼けと巨大クレーン

Big_cranesいやはや、1万円のレンズは写るのかシリーズ・・・であります。例のTAMRONの70-300であります。あろう事かさらに値下がりしており、新品で10,600円になってますねぇ。どないな値段なんでしょう。確かにマウントは樹脂だけれども、全体的にはそんなに見た目安っぽくもなく、AFを期待しなければお値段以上に写るのではないかと言う感じです。そう言えば日食もこれに20年くらい前のKENKOのx2をつけて撮っておりますわ。さて、お写真は夕焼けに染まるでっかいクレーンでありまする。

| | コメント (0)

円山応挙の虎の絵

Maruyamaokyoいやはや、この虎のふすま絵、よろしいですなぁ。ここにあるのだとは知らなかった。暑すぎて頭がぼーとしていましたが、思えば見に入るべきでしたか。また涼しい季節に行きますかな。

| | コメント (0)

手持ちで明石海峡大橋

Akashi_brg2012いやはや、だいぶん前もLUMIXで同じような写真を撮っていましたが、一回ちゃんと三脚を持っていって撮ろうと思いつつ、いつも持っていかないのでまた例によって手持ちで撮ってみたと言うところであります。まあだいぶんざらついてますが、ASA6400でも結構きれいですなぁ・・・。1/3.3Secで手持ちで良くぶれてませんなぁ・・・。これ、ISのレンズなのでそのおかげですかな。もうちょっと船が通るとか、照明の変わり目とか、レインボーの時間とか、月が出てるとか、雲の形がきれいだとか、一工夫欲しい絵柄ですなぁ・・・。それにしてもフイルムカメラでは全く不可能な範疇であり、デジカメ様々でありまする。

| | コメント (0)

暑い!

120716sun_3


| | コメント (0)

ご神木

Gosinbokuいやはや、きれいな緑であります。これはトトロの森、積川神社のご神木であります。ちょっと電線が邪魔ですかね。ここだけの話ではないですが、重要文化財と言いつつ、無造作に電線を張り巡らしたり、木造建築にVVF直打ちするのはやめて欲しいものですなぁ。もうちょっと見栄えを考えて、見えないように配線するとか、埋めるとかして欲しいものであります。まま、この木は美しく、日の光を遮ってきらめきながら、風でざわつく雰囲気はとても良いかと思います。

| | コメント (0)

きゅうりじまん

Kyuri120708いやはや、きゅうりを自慢するのがはやっているみたいなのでわたくしもきゅうりをじまん。なかなかプランターでは連続してできないのですが、ちょっと目を離しているうちに、えらいでかい何本目でしょうか。五本目くらいですかな。

| | コメント (0)

これは懐かしいエスケープラーメンに校長室

Kouchousituいやはや、飛び出せ青春やっていましたよ。スカパーいつやめようかと思いつつ、こういうのが出てくるとやめられませんね。幸い、えらべる15に日テレプラスも入っているので見ることができました。いやぁありましたねぇエスケープラーメン。そしてこの校長室の絵柄・・・。まさに声優共々、うるせいやつらにも引き継がれているというかなんというか。北海道へ行く合宿の回がとても好きですね。なんかとても良い時代を感じさせる今から見るとアニメの世界のようなドラマですかね。来週を楽しみに待ちましょう。
PS:ここ数日、全国的に放射能レベルが少し高かったようですが、また戻りました。なんでしょうね。また漏れたんでしょうかね。

| | コメント (0)

また^24ジョーシンの粗品

J_sosina1207いやはや、またまたまた^22行ってきました。粗品をもらいにじょーしんに。無料でくれなくなったこともあって、最近いくつかパスしていましたが、久しぶりのリラックマうすうすバスタオルであります。木綿のものは朽ちても自転車ふきとか、ワックスがけとかいろいろ使い道があります。それはそうと、今回外食のついでに行ったAEONの中の泉南店、閉店セールでもないのに15%引きの札だらけ。持っていった割引券の意味がないではないですか。そうか、そう言えば昨日、TVのCMでケーズデンキ開店をやっていた。そのせいですね。Ksdenki_sennanところで、そのケーズはどこにあるのかと後から探してみるも、もっと明るくしておいてくれないと見えないでないの。ちょっと先にありました。ところが入ってみたものの、例のまだ敷地内になか卯が完成しない岸和田和泉店の時よりも値札が高い。赤カードを提示してもまだ高い。対抗するジョーシンに負けてますがな。しかも例によってうっとしい、見ている横から、パソコン(須磨補の時代にe-mobile2年契約すれば)800円だの、(既にとうの昔からeo光だというのに)インターネットされてますか?と何十年前の質問なのか、開店セール応援の店員がはなはだうっとしい。例のティッシュ5箱も置いていなかったので何も買わずに退散してきました。ケーズ式店舗展開はうまい面もあるとは思うものの、関西のJエリアでは厳しいかも。ユーザーにとっては、そのケーズさんががんばってくれることで、J価格がよりやすくなることがとても嬉しい。まさにケーズ効果によるJの値引率拡大。がんばれジョーシン。

| | コメント (0)

おっと、飛び出せ!青春 再放!

Tobidasentvpいやはや、やっとと言いますか、ようやくブルーレイで予定の売上げが終わったのか、飛び出せ!青春の再放が始まる模様。問題は、それが日テレプラスであることか・・・。日テレプラスはSDなのね・・・。ブルーレイになったくらいだからフィルムからリマスターしているだろうに・・・。SDではもったいない。BS日テレでやってくれたら良かったのに。まあHD版はまたファミ劇等でやってくれるのを待ちますかね。とりあえず懐かしく楽しみであります。そう言えば土曜日、ミタも始まっていたのに忘れていましたわ。こちらもDVDの予定数が売り上がったからか??

| | コメント (0)

紙ジャケ仕様はリマスターなのか

ThekickinsideEMI TOCP-67815
いやはや、左の最近聞いたCDに登場させている、KATE BUSHであります。Wethering Heightsの本を探す機会があって、アマゾンライダーを見ていたらおっと、The Kick Insideの紙ジャケが出ている。Kate Bushのデビューアルバムであります。importの普通のやつならとてもお安くなっているのですが、3倍以上する日本版の紙ジャケをあえて買うのは、もしかしてリマスタリングされているのかと言う期待から・・・。何しろ1978年ですからねぇ。しかしそんなことを書いているようなサイトもあれば、大元を見る限りはそうではないような。まあ、試しに買ってみようと言うところですか。Wethering Heightsの曲は日本では恋のから騒ぎのテーマ曲としての方が有名になってしまいました。しかも矢野顕子ではないのでした。
Wethh_newoldspcさて、例によってスペクトルを見てみると、これは最近リマスタリングされた感じではないですね。ある時期以降のCDは16bitをフルに活用する意味でマキシマイズされており、賑やかなところをスペクトルで見ると全体に埋まって明るい色合いになるものですが、これはまだまだ音が小さい。最近また松田聖子のCDが出たりしてますが、初期のCBS/SONYのCDなんて、まさにマグネティックテープにVUメーター感覚でf特重視で録音したような、数Bitしか振っていないようななさけないサラサラの音のCDがラインナップされておりましたね。さて上が、Wuthering Heightsのドラムが始まるあたり。下は、実は同じではなくて、The Whole Storyに入っている、Wuthering HeightsのそれもMDに録音してあったやつです。まだこれを録音した頃は、CD-Rではなくて、CD-ROMが普及し始めた頃で、MDにしか録っていなかった。それゆえ、高音が延びきっていないのはCDよりもMDの問題でしょう。スペクトラム的にはATRAC3でもそんなに差はないはずですが、良く聞くと新しい方は始めにバーチャイムの音がしているが古い方にはなく、アレンジ自体が違うようです。ゆえにあまり比較にはなりませんか。しかし古い方はドラムやベースの音がややこもっており、それが曲的には陰気さを醸し出していて良い面もあるのですが、紙ジャケの方はそのへんが結構クリアーな音になっており、KateBushの突き抜けるような高音の声もいかにもという感じでよろしいのではないでしょうか。リマスター版のBabooshkaも聞いてみたいですね。ぜひリマスターして欲しいものであります。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »