« オーディオ入門 | トップページ | 最新すえ置き型ビデオ高画質時代のベスト発見図鑑 »

カセットデッキ回路図集

Ct9cirいやはや、いろんなものが出てくるのですが、昔の電波科学には折り込みでいろいろな市販製品の回路図が載っていたり、たまにカセットデッキ回路図集なるすごい特集があって、とても興味深く大切に眺めていたものでした。CT-9つながりでこれはCT-9ですが、回路はごく普通のオーソドックスなものですね。この時代にはすでにRC45**タイプの0ゲインでも発振しないOPアンプは存在していましたが、まだまだオーディオ回路に採用されるまでにはいたっておらず、結構な高級機やオープンリールでさえ、1石EQであったりします。そのへんの回路の作り方や各社の回路図の書き方の流儀が見えてとても面白い。最近は付いてませんが無線と実験にもMJ-FAXなる回路図が毎号ついていて、こちらも今見ると昔の有名どころのアンプなども結構回路は簡単であったりと、興味深いところです。こちらも現在スキャン中です。そう言えばどっかの最近のMJに新白砂電機のNFBの話があったような・・・。どれだったかいな。

|

« オーディオ入門 | トップページ | 最新すえ置き型ビデオ高画質時代のベスト発見図鑑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オーディオ入門 | トップページ | 最新すえ置き型ビデオ高画質時代のベスト発見図鑑 »