« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

がさいシュレッダー

Iris_shrterいやはや、みなさまいかがお過ごしでしょうか。わたくし、汗ばむ季節となって気が滅入っております。もはや、我慢の半年が始まろうとしています。速く秋が来ないかな。夏のない地域に住みたいですね。冷房設定28℃?冗談では?すでにエアコンを入れている今日この頃、本日はガサものシリーズで、2002年頃に買ったアイリスのシュレッダーであります。A4ながら、縦切りでなく、2cmくらいに粉砕してくれるクロスカッターが付いております。Iris_shr_insideギアにグリスをつけついでに内部を観察であります。さすが大陸製とあってガサイですなぁ。まあ一応線もまとめてあり、ベークの基板の線の引き出し根元にはホットメルトで断線しないようにも処理されています。オーバーヒートすると自動停止するサーモスイッチも付いています。ACケーブルにはフェライトコアが直まきされていますね。まあ5000円くらいだとこんなもんでしょう。Shl_motorさて、こちらも掃除機同様、限界は、刃の切れ味よりもモーターのブラシの残りになるでしょう。もうあまり残りはない感じです。なんでもかんでも砕くのはやめて、適度につかわないといけませんなぁ。モーターは交換するよりも、この手のある程度使えそうなのを買い直すのがノンエコながら、よい選択となるでしょう。

| | コメント (0)

A3でえーさん

A3_scanいやはや、なかなかスキャンの方は進んでおりませんが、その中での悩みはB5の雑誌に折り込んであるB4がスキャンできないこと。二つ折りにすると、やはりつなぎ目が我慢のできるレベルで再現できない。ずれに関しては、ScanSnapのpaper feedは案外正確で、傾かなければそれほど気にするレベルではなく、このレベルであればフラットベットでもseekのムラはあるわけで、たとえば向きを変えて分けて取るとずれがどうしても出たりするものであります。古いカタログのでかいやつを一面できれいにスキャンするにはもはや、A4でえーよんとは言っていられない。やはりA3が必要。少量なら職場に持って行ってXeroxでという手もあるわけですが、むかしの無線と実験に付いていたMJ-FAXは結構な枚数ある。そしてこの昔のアナログの回路図を眺めていると、とても心が和みます。というわけでA3スキャナを奥でポチりました。しかしこれはでかい。いるときにだけ出してくるしかないですかな。ただ今ベストセッティングを模索中であります。

| | コメント (0)

JODENのACアダプター

Jodsaaa050262_jodenいやはや、なかなか書けずにいた今日のこわれものシリーズであります。これはJODENのACアダプターでArvelのサイコロ風レゴブロックみたいなUSBハブのセルフパワー用として付いていたものであります。そちらはまた別に載せるとして、どうもなんかUSBが不安定と思っていたら、例によってACアダプターがへたっていて無負荷ではDC5V出ているものの、Jodsaaa050262_insideリプルが多くて動作できないような状態となっていた模様。JODENと言えば、Unidenの子会社だったのだと思うが、現在は採算が合わなくなったと思われ、既に解散してしまっているようだ。これはおそらく2005年頃だったかと思うが、まあ4年は持っていると思われ、長持ちした方だろう。そういえばそもそもArvel自体も、バッファローに合体してしまったし、バッファローもコクヨサプライだしと、PC周辺機器業界も大変である。そういえば昔伊丹にICMという会社もあった。Jodsaaa050262_pankalcさて、内部は採算が合わないだけあって、結構余裕サイズで作られており、いわゆるシメジ配置ではない。これがパンクしている出力側の電解コンデンサで、膨れており電解液はもうドライアップしているだろう。出力が平滑できないので、USBハブにスイッチングのリップルだらけの5Vを送り出しているわけである。
Jodsaaa050262_trecこれがどこの電解かというと、これまたわかりにくいセンスのないロゴとなっているが、すべて大陸のTREC製である。いかにもという感じの電解である。電気を食うものをつないでいたUSB-HUBではないので、まあそれほど負荷がかかっていたわけではないから、それなりにもっていたのだろう。一次側もきれいに部品が配置されており、ヒートシンクも押し出し品がちゃんと自立している。Jodsaaa050262_soldersideこれは基板の裏である。一応セオリー通りというか規格に通るように絶縁距離を取っており、電流の流れるパターンにはハンダが盛りつくようになっている。昔は時間があったのでこういうのは基板からパターンを読み取って回路図を起こして楽しんでいたが、最近はそこまでビーンさんする余裕がないのが現状だ。アダプタとしては結構大きさが大きいが、よく見ると容量はUSBアダプタサイズの5V1Aではなく、5V2.6Aもある。それなら大きさ的にも放熱的にもまだ余裕がありそうである。それゆえ4年ももっていたのだろう。Jodsaaa050262_znr驚いたことに入力には雷サージ吸収用のサージアブソーバも付いている。基板はCEM-1でガラスコンポジットである。ACアダプタとしてはじゅうぶんな素材だろう。これで電解が日本製だったらまだ生きていたかも知れない。また、電解を交換したらまだ動きそうでもある。しかしケースの継ぎ目をのこぎりで削って開封してしまったし、期待年数はじゅうぶん稼働したと思うので、この機会にこれには引退してレアメタルに回帰していただこうと思う。

| | コメント (0)

シュレッダーに油を差そう

Iris_a4shrterいやはやはや、このところ公私共に多忙で、全然映画をコピーする暇がありませんわ。ビデオのHDDが満杯です。ネタはいくらでもあるのですがねぇなかなかかいている暇がありませぬ。さて、アイリスのシュレッダーがぎゅいんぎゅいんとうるさいので、開けてギアに油を差しました。というか、シリコン成分の多い、ちゃり用のグリスをギアにつけました。刃には油を差すなと書いてありますが、これは摩擦熱で発火するといけないのと、使用状態で上からLPG充填のスプレーをかけると、入れ物にLPガスが溜まってしまうので、引火するぞと言うことでしょう。刃の潤滑には容器からどけてシリコンスプレーをかけるのがよいでしょう。と、かけてみたがうるさい音が直らない。中のギアの方がうるさいようです。と言うわけでギアを潤滑させたら静かになりました。ついでにモーターのブラシを観察すると、まだ少しは行けそう。そのへんのガサイ作りは次回にでも。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »