« 予見された電池 | トップページ | 変なパソ用ACアダプター »

電動ポットを直そう!その2

Epot_pcbいやはや、載せるのを忘れていた電動ポットの続きであります。ポットの底には基板を収納したカバー付きのスペースと、このポットの心臓でもあるモーターと磁力でつながれたプロペラを回す心房部分がみえておりますね。基板は紙フェノールゆえ若干焦げているところもありますが、ハンダ面を見てみても、それほど腐食したところはなく、水は入ったものの、すぐに抜けたのか、それほど入らなかったのか。動きを見てみたところではちゃんとボタンを押すとモーターは電圧がかかっており、壊れているようではない。ところで、世の電動ポットにはコーヒードリップモード(C)というのが付いているやつがないですねぇ。カルシウムが詰まってちょっと出が悪いくらいのコーヒーをドリップするのにちょうど良いくらいの流量のモード。Mxn13fb06a2小刻みに出すにしても結構な勢いで出るので、電動ポットでドリップするのはやりにくい。モーターの勢いを落とすスイッチでもつけたら使いやすいか。100V直なので引っ張り出すと感電するといけませんわな。クリーニング後のモーターであります。巻き線のエナメル線に損傷はないので、ブラシが生きていればまだ回るでしょう。ブラシの付け根がちょっと錆びてますが・・・・。ブラシを変形させずに、元に組み戻すのにちょっとコツが必要。軸受けのワッシャやらをうまく入れていかないと、傾けると磁石にひっぱられるしと。ままそれはやってみればわかること。

|

« 予見された電池 | トップページ | 変なパソ用ACアダプター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予見された電池 | トップページ | 変なパソ用ACアダプター »