« 換気扇にタイマーを付けよう | トップページ | 固定IPで使えないRockDisk »

換気扇にタイマーを付けよう(つづき)

Kankisennohaisenいやはや、お風呂の換気扇の話の続きであります。結局、マンションにありがちな2室吸気型の構成にこのタイマースイッチを取り付けると、こんな配線になるのであります。説明書には、2カ所からの操作はできないと書いてありますが、確かにうまく行かない操作があり得る。トライアックのSSRにパラにスイッチをつけると、SSRを壊してしまうのではないかが気になりますが、2線式のスイッチであり、他から電圧は来ないので、SSRの両端をショートしても壊れることはないでしょう。トイレ側の配線がぶら下がることにより、そのインダクタンスで逆起電力がと言うのもありますが、もともと誘導負荷用のスイッチであり、ある程度のサージには耐えるようにバリスタ等が入っていることでありましょう。1r899vdrop何がだめかというとこれですね。測ってみると、うちの換気扇が動いている状態で、トライアックの両端は約1.9Vでありました。この電子式タイマーはこの電圧降下を電源にして動いているのですね。この電圧降下をトイレ側のスイッチでショートしてしまうと、電子式タイマーの中のCPUは動けなくなってしまって止まってしまう。まあ、それだけのことです。お風呂換気扇タイマーを起動しても、トイレ側で換気扇スイッチを入れてしまうと、リセットされてしまうと言うことですね。その時はもう一回起動すればよいでしょう。お出かけ前にONする分には十分使えますかね。換気扇OFF状態ではこのスイッチに100Vがかかっているわけで、トライアックにこれよりもプラス側のサージが加わることがなければ、壊れはしないでしょう。例の特許にも解説されていましたが、昔のギア式のタイマーならお互いに電圧とは無関係にメカで動けることから、パラっても問題がないのですがねぇ。ギア式は適度に壊れますからねぇ。両方電子式で、若干ロスが出るものの、ON電圧をお互いに少し残して動くようにできれば殺し合いにならないのか。

|

« 換気扇にタイマーを付けよう | トップページ | 固定IPで使えないRockDisk »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 換気扇にタイマーを付けよう | トップページ | 固定IPで使えないRockDisk »