« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

日本沈没

Sinkjapan★★★★☆ 1973 JAPAN
いやはや、元祖日本沈没は今見ると見応えがあるねぇ。草彅版はあまり面白くなかったが、こちらがやはりすごい。ビギンの出ているTV版も当時見ていたねぇ。仮面ライダーよりビギンの方が合っていたように思う。TV版の方が話が詳しくて印象に残っているが、(当時の映画版はその後TVでやっていたのを見た。)金閣寺の鳳凰の位置が後ろの山とずれているのを見て地殻変動だとか言っていたのを覚えている。地面の温度が上がっていて棒で押すとじゅーと言う。 映画版の訴えるところの、大霊界の演ずるところの首相の、政府の危機管理のなさ。今回やっていた前後には岩井俊二氏の辛口のいや全国民が感じている代弁コメントが入っていたが、まさにその通りである。東海地震、原発、この時はアリゾナ他各国に民族大移動するのだったか、日本中本当に住めなくなったら考えておかないといけないのかも。おっと、プレートテクトロニクスの竹内均先生がそのまんま出ておられる。今となってはどちらも他界されているが、懐かしいこんにゃくの映画も出てきている。非常に意味深い映画だ。ということで星4つ。次回は復活の日あたりを。

| | コメント (0)

ジョーシンへ行こう

Juritukusi201201いやはや、またまた定期的恒例の売り尽くしのはがきが来ていた。緑の売り尽くしは家具の一掃とか以外、全く売り切る気がないので行っても何も魅力がないが、ジョーシンの場合はたまに本気モードの場合があるので要注意だ。ラストの黄色値札はとても魅力的な場合がある。さて今回はどうか。よーく見ると、最終日と次の開店の間が午前中半日しかない。この場合は棚卸し主体での在庫特売だろう。とはいえ、なかなか2割引で売らないものも2割引になるのでちょっと覗いてきた。ジョーシンはBDとかDVDのメディアは特売チケットがないと結構高い値付けをしていて安くなかったが、最近はある程度現実的な値札が付いている。しかもBDはBD-REとRの値段差がDVD-RとRAM程なくて、しかも既に10枚千円前後まで下がっているので買いやすくなった。まあ、そのへんと月間特価のUSB-HUBなどを少々仕入れてきた。今月魅力的なのはpanaのスイッチ付き6連2mが月間特価1000円と半額近いのだが、さすがにそれはもう無かった。店員さんにストレートに聞いてみたら、土日でさらに割引が増えることはないと言っていた。家電類は元の値段に要注意だ。昨今アマゾンライダーは物量にものを言わせて、そこいらの特価以上に安い値段で普通に売っていたりするので、2割引程度で飛びついてはいけない。シャープのLEDシーリングライトも色が変わってなかなかかと思って物色したが、アマゾンより5千円以上高い値段だった。LEDライトも結構種類が増えたが、二流メーカーのはまだ買わない方が良い。10年交換不要とか書いてあるが、器具の方が5年持たないだろう。ともあれ、定期的に安売りしてくれるジョーシンに感謝しよう。

| | コメント (0)

単3x2→単1アダプター

Dn2aa2dholderDN-2AA2DHOLDER(AA*2>D 2pcs/set) 4548804668492 ¥99
いやはや、上海問屋で何か買うときに、その時の特価品を一緒にいつも買うのだけれども、電池のアダプターがでていたので買ってみた。もっと粗なものをイメージしていたのだけれども、案外成形もきれいで、良い感じだ。2個で99円だった。最近レビューコメントを書くと電池が貰えるので、それを入れたらちょうど使えそうだね。単1を何に使うかだけれども、おっと、単1なんか使うところないか。懐中電灯か、コンロの電池くらいかな。Aax2tod_2中は金具が付いていて電池に接触するようになっている。単2だと単3と長さが同じなので、昔から巻物をして単2の懐中電灯にニッカドを入れたりしていたが、単1は長さが合わないので何か噛ます必要があった。もっとも、今でこそニッケル水素の容量が大きくなったので、単1に化かすこともある程度可能だが、昔のマンガンやアルカリでは、そもそも単1のところに単3を持ってきても容量が足りなくてすぐになくなってしまうことうけあいだ。そこでちょうど2本入るではないのということで2本バージョンが登場したわけだけれども、若干注意が必要だ。マンガンやらアルカリの1次電池を新品から2本入れるのは個体差がほとんどないしそれほど内部抵抗が低くないから問題ないだろう。しかしニッカドやニッケル水素はパラって見てテスターで2本の電池間に電流が流れないか見てから蓋を閉めた方が良い。これは単純に2パラショートする構造であり、特性の大きく異なっているものをパラルと、その2本間で電気が流れて発熱してしまう。ニッケル水素は結構ばらついており、入れて見て少し経ってから熱くなっていないか見た方が良いと思う。もしくは1本だけ入れて使う手もあるね。それなら個体差は気にしなくて良いだろう。

| | コメント (0)

SATAアダプター(一体型)

Conbisatacnいやはや、結局はこちらの一体型の方が使いやすいというわけですね。ただしこれも、SATA側(データー側)の線が短すぎてどないするのだというアダプターですが、これはたぶん、裸族のSATA/IDE-USBアダプターの付属品かと思います。どこ行ったかな。
ところで、HDDの値上がりはまだ戻りませんねぇ。一時の異常な値戻りはなくなった感じではあるものの、まだ2倍程度か。業界的にはある程度の利益を確保して関連する人々が潤うように、2Tが1万円しても良いのではないかと思いますが、洪水前のseagateが4980円だった記憶ゆえ、やはり高く感じるのは仕方がない。リファブリッシュ品なるものも出回っており、ちゃんと直してあれば使えるのだろうが、HDDに関しては、トラブルと中身を失う可能性があり、ハードのメーカー保証があれば良いと言うものでもないので割り切れるかどうかは微妙なところだ。

| | コメント (0)

琥珀色の梅酒

Ume_liquorいやはや、これはいつの梅酒か。琥珀色になっている。ちょっと味見してみたらこれまたおいしいこと。何で漬けたんだろうね。ブルブルな焼酎かな。やみつきになってしまうわ。梅を取り出していないので、若干底がもやっている。出すべきかほっとくべきか。

| | コメント (0)

STEREO2011-7月号

Stereo20117いやはや、この前のアンプの前にこれもまた面白いフォステクスのスピーカーのキットも実は買ってしまった。コーンも作るのかと思ったら、そのへんはできていて、実質コーンとキャップをボンドで付けるだけである。ゆえにそれほど奥の深い工作にはならないが、しかしまた、こんな変なものを本に付けられる時代なんだねぇ。聞くところによればさらに1年前にあったらしいスピーカーのキットの方が音が良かったのだとか。ちなみにこれは人気がなかったのか、まだ買えるようだ。シリコンオーディオ用やらパソに付属の小さいスピーカーは聞くに堪えないものが多いが、このくらいのユニットを強制駆動してずんずん鳴らすと面白いかも。そうか、それにあのアンプを使うのかね。ディアゴスの完結には1シリーズ15万くらいかかるようだが、こちらは単発なので、そんな無駄なことはしなくて良い。高々2800円だ。大人の科学というかおもちゃだねぇ。いやぁこれがもし小学生の時売っていたら、ごねて買ってもらっていただろうね。Fe103_30yこちらは25年前のFE-103でありまする。ウレタンダンパーでなかったことが幸いして、若干ダンパーとコーンの貼り付け部分が剥がれてきているが、まだちゃんと音は出ている。但しこの箱は、バスレフの設定が合っておらず、箱の音がしていて良い音とは言い難いが結構テレビ用に長いこと使っていた。これに付けようかと思ったがちょっとユニットが小さすぎるか。

| | コメント (0)

ナバロンの要塞

Navarone★★★★☆ 1961 USA
いやはや、これはすごいねぇ。アカデミー賞の特殊効果賞をとっているだけあって、CG時代の今見ても、いや、CG時代に見るからこそ実写と模型の実写が区別の付かないくらい、クオリティーの高い出来映えで見応えがある。日本の特撮とも違うあちらの特撮がすばらしい。この頃の映画は、模型の特撮だと思っていたら実写だったりもするので、よく目を凝らしてみていないといけない。久しぶりに感動したので★4つ。

| | コメント (0)

あまりにいけていないステン茶筒

H1622_explain茶々々 ステンレス製 茶筒 H-1622 china 4930428516226
いやはや、これはなんだ。これほどの粗品を目にするのは久しぶりだ。あまりにいけていないので情報として載せておかざるをえない。1080円もするのにである。もの的にはダイ粗のステン用品を3つ組み合わせたような感じであり、300円が妥当だ。外側は雑にバフ仕上げしてあり、傷は多いが一応光っている。素材の板の傷は底に来るように板取しているようで、底にはあて傷がある。フタの内側がざらざらであり、微妙な精度が出ていないのでフタが固い。うまくできた茶筒のように抜ける空気でふわーっとはまるには加工技術がまだ100年かかりそうだ。中ブタは型で丸くなっているが、傷だらけで高級感は全くなく貧相だ。つまみはスポット溶接されている。しかし本体側のはまり部分の真円度が足りていないので中ブタはガリガリだ。本体の内側は荒いヤスリでヘアーラインを入れたままのようで、ザラザラどころか粉が出そうなくらいと言うか、事実粉が残っている。Chachacha_nejibottleステンの器具は18-8ステンレスかと思いきやこれは磁石にばっちりひっつく。安物の18クロムのようである。インドの原発払い下げ溶解鋼ではないかとガイガーカウンターをあててみたが、それは大丈夫のようだった。フタの段差を付けるために本体は中筒がスポット溶接されている。銅製の茶筒などは錫で蝋付けされていて密閉されているが、なんと驚いたことに重ねてあるだけで隙間がある。茶筒に気密性がないとは。ざらざらだけなら少々磨いて精度を上げるということも考えられるが、基本的な構造に欠陥があり磨く価値がない。というわけで、これに食品を入れる気にはなれない。お茶だと湿気るだろう。ネジがベストマッチだ。こんな貧相な粗品をパールが売らないで欲しいものだ。買った方ががっかりしてしまう。やはり買うなら燕あたりの匠の茶筒を買うべきなのだろう。

| | コメント (0)

電動ポットを直そう!

Rustedmotorいやはや、こわれものシリーズであります。これはだいぶん前に登場したナショナルの電動ポットですが、実家で使っていたらお湯がでなくなったのだとか。全くモーターの音がしないので、モーターの駆動回路でも壊れたのかと持ち帰ってばらしてみると、モーターの軸がガリガリ。聞けば、水につけたのだとか。ただのポットなら少々水没させても化粧板金の裏が錆びる程度で機能に遜色はないものの、電動ですからねぇ。そこには回路基板とモーターが入っている。そう言うことは全く意識なくというか無頓着で、平気で流しに水没させて水を補給しているのでしょう。モーターの中が錆びて固着しておりました。仕方がないのでモーター(もちろんマブチ訂正:マブチではなく自社製=松下製だった)をばらして錆をとって、若干556を噴いて、ブラシをうまく戻して復元。おお、動きました。まあ、これも魔法瓶タイプではない安もんの電動ポットなので次回は買い換えますかねぇ。

| | コメント (0)

突入せよ! あさま山荘事件

Totsunyuasama★★★★☆ 2002 JAPAN
いやはや、これはまたえらいお金をかけて作っている。結構リアルに再現している。当時のごたごたを揶揄した出来映えだ。役所さん、まあまあはまり役でしょうか。長野県警の緊迫感のないのんきな対応が面白い。キャプチャーはトランシーバーのニッカド電池を替えているところ。機材類も実際に当時の物と同じかどうかはわからないが、古い物を集めてきて雰囲気を出している。なかなか見応えがあったので、星4つ。これのあちら側バージョンはまだ見ていないので今度見てみよう。

| | コメント (0)

(ハル)

Hal★★★☆☆ 1996 JAPAN
いやはや、久しぶりに映画コメントであります。これはちょっと古いか? 森田芳光監督が亡くなられたことで追悼としてやっていました。深津絵里が若い。戸田菜穂がちょっといやらしい妹役だ。これは仁を見てから見てはいけない。イメージが合わなくなってしまう。パソでのメールでのやりとりからおつき合いが始まるパターンであります。ちょっと監督の感覚がやはりパソ慣れしていないというかこの時点としては相当がっさい表現ですかね。パソメールのドラマと言えば、ノックノックのハタさんのがありましたねぇ。「with love」でしたか。もっと古いところでは、後藤久美子がでていた「空と海を越えて」なんていうのもありましたねぇ。あれはBBSだったか。まあ、仁を忘れて見ればまあまあよろしいかと。妹が盛岡に降り立つときにぱっと目に入る変な形のリュック型のカバンでそう言うことかと。

| | コメント (0)

ささらないアダプター

Unuseful_adaptorDNC-PC0-PS4M4-SA15M 4547479609014
いやはや、メカネタ、ブツネタは山ほど溜まっているのですが、なかなかお時間が許さず全然更新できないまますでに一月も半ば。いけませんなぁ。時間ばかり過ぎていく。何をやるにしても夏より寒い方が遙かに効率は良いのですが、体力的な問題と、なかなかブツと情報に埋もれてしまっていて、それぞれがそこによどんでいる感じですね。今年のお正月こそはカセットのDATA化をと思っていたものの、頭痛くて寝てたりして。宝くじで億当たったら、即、専念するのですがねぇ。
さて、気分転換の今日のアイテムは、ささらないSATAのDC変換アダプタ。AMPのDC4ピンをSATAのDCプラグに換えるものですが、これは何を意図して作られた物なのか? このプラグを使って、PCのパネルにDCを出すとかには使えそうですが、すくなくとも機器の裏のDCには使えません。DCだけつなぐならささるものの、となりのコネクタがささりませんわな。まるでJAEのごついDSUBカバーを付けたら並んでるDSUBにさせないのと同じ。出っぱりを削ったらいけるか?SATAの信号側も削らんと無理か。一回削ってみるか。そもそも合体コネクタは対象としていないのか。

| | コメント (0)

謹賀新年2012

Web2012いやはや、みなさま新年となりました。激変の昨年でありましたが、今年は復興も含めて産業界が穏やかに活気を取り戻す年となって欲しいものであります。さて、今年はタイトルに使うぱっとしたお写真がなく、例によって日の出か夕日かわからないお写真でごまかしておりますが、自宅の窓から見た太陽と雲海であります。年賀状は31日投函しました。今しばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »