« 液晶ビジネスの行方 | トップページ | もはや年末とはこれ如何に »

未来少年コナン

Conan★★★★★ 1978
いやはや、やっているとついつい見てしまうねぇ。この初回の時代的には相当斬新だった。しかも飛行船が飛び立って落ちてしまったのは2008年なのである。この当時のまだ緊迫冷戦時代の中で、このお話は結構な現実味があり、絵のタッチは柔らかいし奇麗だが、強烈なインパクトがあったのを今でも覚えている。4つ足の木の箱の真空管式カラーテレビで見ていたのだ。そういえば、コナンの友達として澤選手も登場する? こちらもリマスタリングされてセル画の輪郭のはみ出しまで見えるが、ハイジに比べると塗り方が丁寧だ。そしてやはり上下が少々切れてしまっているのが残念か。いつだったか再編版みたいなのをやっていたが、あれは最悪だった。お話を変えてはいけないね。5回目重なっていて録りそこねたわ。SD版はどこかにあるから出してきて見よう。

|

« 液晶ビジネスの行方 | トップページ | もはや年末とはこれ如何に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 液晶ビジネスの行方 | トップページ | もはや年末とはこれ如何に »