« クライマーズハイ(2回目) | トップページ | In the Line of Fire(シークレットサービス) »

日本万国博(公式長編記録映画)

Expo70★★☆☆☆ 1971 日本
いやはや、いわゆる万博、つくばでも花でも愛知でもないEXPO’70の記録映画である。わたくしは残念ながら、見に行って覚えている世代である。太陽の塔の広場の入場行進あたりが非常に長いので退屈だけれども、そう言えばそんなんあったねぇと思い出す展示館がたくさん出てくる。と言っても全部はとても回れなかったのでおそらく2回行ったような気がするが、そんなにはたくさん見に行けていない。今でも一番覚えているのは、受話器が一杯ぶら下がっているエスカレーターの登り口のやつ。Timecapsule記録映画であり、3時間近くあるので興味がないと退屈だ。東教授が解説してくれている。これだけ記録しようと思うと相当大変だったろう。さて、当時話題だったのはタイムカプセルだ。松下がよくCMしていた。これはリカバリー装置ではなく、しょうもない当時の品物を封印した壺である。2つあってひとつは開いたのではなかったかと思ったが、どうだったろう。これは5000年後に開けるのだそうだ。その時オーパーツとして気づく人もしくは文明があるのかどうか。音声なんかは、ある程度原始的に再生できるレコードのような溝か比較的簡単に再生できる劣化しない金属の磁気テープなんかがよいだろうねぇ。地球は地殻変動があるから、比較的短期間なら漂流教室ではないが自立制御装置の付いた人工衛星か、もしくは月に埋めるべきだろうねぇ。人工衛星はもっても数十年か。文明なんてもろいものなんだと、その時は思わなかったが。

|

« クライマーズハイ(2回目) | トップページ | In the Line of Fire(シークレットサービス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クライマーズハイ(2回目) | トップページ | In the Line of Fire(シークレットサービス) »