« セーラー服と機関銃(完璧版) | トップページ | WOWトーク何でも相談室 »

やはり内蔵ドライブは速い&RAID神話

Sata_copyいやはや、この前の4980円のシーゲートに移動させるために、USBアダプタではなくて、MB直刺しでまずは移動を始めた。速いねぇ。4Gあっても30秒そこそこだね。シリアルなのに速いねぇ。10年前はまさかSATAでこんなスピードが出るとは誰も思わなかった。難題は100MでつながっているLANDISKだ。全部で1Tもやると何時間もかかるだろうね。ネットワークもGIGAでつながないとだめか。しかもスカパーが割り込むと落ちるかも。夏場がすぎたのでサーバールームからLANDISKだけ部屋に戻すかね。LANDISKもまだ4年は経たないと思うが、5年経ったら次のを用意しないといけない。ドライブが複数はいるRAIDが組めるものも安くなっているが、同じ電源の同じコントローラーにつながる複数DISKのDISKだけ冗長化してもサーバー用などと違ってDISK以外の部分の信頼性がDISKを交換するほどのレベルにないのである。ゆえに一旦飛ぶとドライブをひとつ取りだしてみても復元できないし、さらをつけてもリビルドできる確率は、DISK以外が健全でなければいけない。4年も越えていたら、どの部分がいつつぶれても不思議ではなく、ひとつのDISKだけを交換して使い続けるメリットがどこにもない。要は家庭用のRAIDにはほとんど意味がないのである。それを単独で中小企業等で使われているところもあるだろうが、恐ろしい限りである。少なくとも別の機体2台でレプリカしていないと全く意味がない。1台で飛ぶとまま電源やらCPUやらの可能性も高く、自前で復元できる可能性は限りなく0に近いだろうねぇ。それゆえサルベージ屋さんが儲かるのでありまする。昨今1TのLANDISKなら1万くらいである。これのACアダプター式はこれがいつまで持つかという問題がかなり大きいが、幸い特殊なものではないので流用が可能である。単発Linuxドライブなら起動しなくなってもHDDが生きているなら読み出す方法はいろいろある。バッチで一日一回なりバックアップしていれば、RAIDよりも相当な冗長性が構築できるだろう。もちろんUSBドライブでもいいのではないですかね。なんなと読む方法はあるし、定期的にCOPYして離しておいておけば壊れない確率は相当高い。いやはや、8mmテープやらDATやら高々600Mほどしか入らない巨大なカートリッジテープでバックアップしていたのは遠い昔なのかねぇ? と、急にRAIDの話になりましたが、JUSTshopでNETGEARの箱が安く出ていたのでちょっと気を引かれたのがきっかけですわ。
先ほど地震が・・・。5秒くらいでしたが、がががが(始めの振動)、がさっ、がさっ(横揺れ2回くらい) と揺れて終わりました。

|

« セーラー服と機関銃(完璧版) | トップページ | WOWトーク何でも相談室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セーラー服と機関銃(完璧版) | トップページ | WOWトーク何でも相談室 »