« 気管支拡張剤 | トップページ | いきものまつり2011 »

怪しい線量計あれこれ

Gomisurveyいやはや、メディアで大陸製の線量計がパチものである事を報道しているねぇ。言われなくても大陸製の電子機器はそう言うものだと思うが、ガイガーミューラー管のカタログを見ると、中国製の方が例のLNDよりも感度が高く書いてあったりする。たまたま感度の高いものがあると言うだけかも知れないし、あてにならない。この前見ていたら、ガイガーミューラー管に関して詳しくまとめておられるHPがあったがどこだったか。LND712とかでぐぐれば出てくるだろう。そして、あの面白いものをたくさんリリースしているSparkFunではなくて、その国産版とも言えそうな、変なものをたくさん売ってくれている例のストロベリーリナックスのキットはGETしたのだけれども、ちゃんとケースに入れて保護しないと、管を一発つぶしてしまいそうなので、どうやって動かすか考え中であります。α線やβ線を対象にしないのならプラスチックかアルミの箱の中に入れてしまえば良いか。大陸製にしても、もし外れでなくて安定してバックグラウンドが測れるようであれば、それよりも多くなるかどうかくらいは分かるだろう。校正は難しいから絶対値は期待しないのがよい。そう言う意味では3番なんか結構がんばっている方だろう。今なら、適当に数字を表示していれば日本では売れるぞという需要対応力旺盛なよくある粗品ばかりと思われ、それを分かって買う必要があるだろうねぇ。なかにはろくにセンサーすら入っていないものもあるかも知れない。その内ダイ粗で100円ガイガーカウンターとか出てくるかも知れない。ガンマー線に反応して音が鳴りますみたいな。マグネットスイッチにその手のがあった。恐るべき裸のリードスイッチが内蔵されているやつだ。高圧が出せれば、裸のフィールドを作って何にでも反応してしまうかも知れないが、一応放射線にも感応するものが作れるかも。余談はこのへんにして、詳しくは国民生活センターの商品テストレポートを見てみよう。この後バトンタッチして日経エレで分解した内部の特集をやって欲しいものだねぇ。

|

« 気管支拡張剤 | トップページ | いきものまつり2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気管支拡張剤 | トップページ | いきものまつり2011 »