« コードレスホンを直そう | トップページ | 怪しい線量計あれこれ »

気管支拡張剤

Meptinairいやはや、微妙な季節に体調優れず、お盆から耐えるだけの日々になっております。咳き込んで咽せだすと止まらないので、吸入式の気管支拡張剤をもらってきたのですが、引き出しから前のが出てきました。メプチンエアーであります。これにドーズカウンタの付いたやつもありますねぇ。あまり味や臭いがないので、最後の方にガスだけ出てきて効かないことがあるので100回で使い終わろうというやつですね。吸ってみて効かないようならもう薬剤が無いと思いましょう。この前もらったのは、別のやつでした。気になるのは賞味期限が少し切れていること。しかし試しに吸ってみたところでは効きますね。これ、どちらかというと頓服というかどうしても咽せて止まらないときにだけ使っていますが、即効性があり、吸入して咳き込まないように15分くらいじっと耐えていたら治まります。なにせ抗原抗体反応が活発で敏感になっているときは、アトピーの反応と同様、気管も咽せると一瞬で腫れてくるようです。そばアレルギーで気管が腫れて窒息死するほどではないのですが。抗原抗体反応といえば、茶のしずく石鹸の小麦粉アレルギーも驚きですね。石鹸に小麦粉由来の成分を入れる必要があるのかというのもそもそもですが、石鹸で常用して皮膚につけていると、いつの間にか小麦粉アレルギーになってしまうという。小麦粉が抗原となるとパンも食べられなくなりますね。身体のシステムの複雑さをすべて理解する事は人類に可能なのかどうか。これがダーウィンのいう進化で完成された訳はないでしょうね。

|

« コードレスホンを直そう | トップページ | 怪しい線量計あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コードレスホンを直そう | トップページ | 怪しい線量計あれこれ »