« 無線と実験1979年2月号 | トップページ | おっとえらい安くなったREGZAタブレット »

ワイヤレスキーボード

K270Logicool Wireless Keyboard K270 ¥1,911+〒0
いやはや、ちゃちいキーボードながら、この値段でワイアレスでunifyingとはこれ如何に。昨今、DELLやらのパソに付属しているキーボードは500円かそこらでできているような代物ながら、長い間の改良もあって、その割には慣れが必要な癖もなく、それなりには使えるようになってきている。しかも一枚ベロの入っているメンブレンタイプゆえ、少々何かをこぼしても直接接点にかからず、早期ならばらして洗えば綺麗にできたりする。しかし、本当は良くできた個別メカスイッチの絶妙なストロークと感触が気持ちよく、特にタイプライタータイピングになれている人は、確実な底までのストロークが欲しいのである。それゆえ、タクト系のゴムストロークはだめである。というわけで、未だに重量級ATキーボードやら、むかしJRの高架下にあったADOのアウトレットで5000円くらいで売っていたTeraDriveのメカキーを愛用していたりもするわけである。
とはいえ、これ、安いが、それほど打ちにくいわけでもなく、仮設中のパチ7につないでいる60キーくらいのコンパクトキーボードのカーソルの使いにくさから開放されるとなると、十分使いでがある。Unifyなので、パソではマウスと同居させて、付いていたDongleはVARDIAに挿して使おうかねぇ。あわよくばこれのスペースキーの長ーい101の英語キーボードがあればもっといいねぇ。ケーズでいじってみたところでは、一見よさげなアイソレーションキータイプのK360は上記の一番感触のよろしくないゴム感触でだめだ。相当慣れが必要だろう。もしくは一指タイプの人なら大丈夫かも。
ところでこれ、amazonMPで発注したら、在庫がなくなったと一旦キャンセルされてしまった。その後また登場したので再発注してgetした。

|

« 無線と実験1979年2月号 | トップページ | おっとえらい安くなったREGZAタブレット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無線と実験1979年2月号 | トップページ | おっとえらい安くなったREGZAタブレット »