« 扇風機の基板 | トップページ | 扇風機の首振り機構 »

扇風機のモーター

Ytw382_motorYUASA YTW-382MR
いやはや、扇風機の続きである。火曜日なのでジョーシンに寄ってみたが、なんと、扇風機完売。本当に一つも残っていない。(おもちゃの類は除く)もう一つ、買ったろうと思っていたのに挫かれた。唯一、メーカー品を売っていたイズミヤも完売だった。どんだけぇと言う感じだ。この前、すだれも売り切れていたが、すだれはまた売っていた。眞鍋かをりが「よしず」を知らないとテレビで豪語していたが、よしずは葦の長い奴ですだれはあしか竹だろう。
さて、このモーター、結構オープンフレームだ。進相コンデンサとその裏と言うか下にあるのがギア内蔵のシンクロナスモーターだ。くまとりモーターかと思っていたが、リモコン付きマイコン制御のは誘導モーターのようだ。始動コンデンサはつなぎっぱなしタイプすなわち2相誘導モーターになっていて、必ず始動するように始め少しの間だけ強風で噴かすようになっている。Ytw382_6yearsまあ、裸に近いが、ある程度綺麗に巻いてあり、配線もまとめてあるし、接続もトリビアな端子を使っている。大陸製としては良い方だろう。
耐用年数が6年と書いてある。これは、数年前から長期使用製品安全点検制度が始まったからで、扇風機、換気扇、エアコン、ブラウン管テレビ、洗濯機に表示することになった。石油ファンヒーターの経験からそれらと給湯器、ビルトイン食器洗い機などは、ユーザー登録をして、時期が来るとメーカーが点検の案内はがきを出して案内しなければならなくなった。さて、この扇風機6年も持つのか? 気になるところは首振り機構、コントローラーの基板の部品、モーターの軸(見えるところまでばらしていないがはたしてベアリングなのか?ロハなメタル軸受けなのか)あたりか。

|

« 扇風機の基板 | トップページ | 扇風機の首振り機構 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 扇風機の基板 | トップページ | 扇風機の首振り機構 »