« ヤンキー棒 200円タイプ | トップページ | ケーズデンキを長続きさせる方法 »

BLUE BACKSも割いてしまおう

Sideways_bbいやはや、自炊マニアのみなさまスキャンは進んでいますでしょうか。だいぶん減ったものの、まだ終わりは見えておりませぬ。10万枚オーバーながら、まだローラー等替えずに動いていますね。文庫本と言いますか、古いBLUE BACKSがいろいろ出てまいりました。置いてあっただけあって、読み出すと引かれてしまうようなタイトルばかりであります。と言うことは撮っておくしかない。この頃の本は上の面を裁断していなく、ガタガタのままであったりします。すでに紙は相当黄色く焼けており、古い紙の臭いと、製本の糊の古くなった臭いが致しますね。紙が変に劣化しているガタガタのものはなかなかうまく吸ってくれず、しょっちゅう止まっていらいらすることになりますがこれはペロペロゴムを新しくしても同じかも。昔のFAXのようにある程度ゆっくり吸ってくれると、手で連続して挿していくというのもありですが、scansnapはスキャンが速すぎてマニュアル給紙は追いつきません。そう言うときは横向きでやると止まらずに結構うまくいったりしますね。

|

« ヤンキー棒 200円タイプ | トップページ | ケーズデンキを長続きさせる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤンキー棒 200円タイプ | トップページ | ケーズデンキを長続きさせる方法 »