« 梅シロップを作ろう2011その4 | トップページ | 安もん裁断機の使いこなし4 »

安もん裁断機の使いこなし3

Gasaidankiいやはや、嘆くべきこれが現実である。精密機械、職人技の精度と仕上げ、洗練された機能美とは真反対な製品である。目分量で切り出した板金は、鍛冶でたたき出して適当に曲げて成型する。干渉する部分は削ってしまえ。うまくつかない部分は穴を開けてネジとボルトで締めてしまえ、少々のひずみは叩いて直せ。精度が出ないからキリ穴は大きく開けて、ワッシャでごまかせ。ネジのゆるみ止めは横からキャップボルトをねじ込んでねじ山をつぶせば緩まない。適当な樹脂部品を足代わりに角に付ければそれっぽいぞ。板金とは現物合わせのやっつけが当然だ!みたいな。

|

« 梅シロップを作ろう2011その4 | トップページ | 安もん裁断機の使いこなし4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅シロップを作ろう2011その4 | トップページ | 安もん裁断機の使いこなし4 »