« ミニトマト | トップページ | 梅シロップを作ろう2011 »

なさけない電波時計

C22aCITIZEN C22-A 4903456184613
いやはや、この前のセグメントが欠けてきたSEIKOの電波時計が最近暴走してモールス信号を発するようになってしまったので、ジョーシンのポイントで980円の電波時計をもらってきた。まあ見た目それほど粗ではなく、バックライトも点くし、2クリスタルで、はがね山の60KHzも受信可能だ。気休めの温度と湿度表示もついている。まあ値段からして期待はしていないが、開けてみて見るんでなかったと後悔した。あのマルチパワーステーションの類であった。C22_inside細かくはまた小出しにしたいが、あまりにもやっつけの内部構造。いかにも大陸製の組立とハンダ付け。あまりにもなさけない。悲しくなるような作りだ。先般TVに登場していたSEIKOのゴングが内蔵されている腕時計や、トゥールビヨン内蔵の機械式腕時計のような、ほれぼれするような所有することに喜びと夢を感じるような精密機械の180度逆を行く、いわゆる末端の粗品だ。しかし文句を言ってはいけない。これは値段相応なのである。10万年他力本願では狂わないが原発事故があると狂い出す、1年でゴミに返る大陸の粗品が日本に溢れはびこっているのである。

|

« ミニトマト | トップページ | 梅シロップを作ろう2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニトマト | トップページ | 梅シロップを作ろう2011 »