« 隙間に入らない隙間ノズル | トップページ | タモリ倶楽部を単独放送せよ朝日放送! »

コードリール

Codereelいやはや、東芝のはめ殺し掃除機の続きである。コードリールの部分にも一杯ゴミが入ってしまったので、掃除をするべく分解した。これは昔からそれほど変わっていないゼンマイ仕掛けの自動巻取り装置である。側から抜いたらゼンマイが戻ってしまって、出ている線が一瞬でツイストされてしまって少し焦った。接点の部分がかなりきつく嵌っており、割れそうだったがなんとか割れずに外せた。きつく締まっている分、強く押されており、接点はまだそれほど焼き付いたりしているところはないようだ。この部分は進化していないが、ここが非接触で電力を伝達できるようになれば、相当シンプルな構造にできるのだが、ローターリートランスにするにしても大電力は厳しいか。最近、知る知る見知る的な番組が多いが、どこかでっかい観覧車の構造を特集して欲しいものだ。この部品を見ていると、観覧車の廻っている部分にはどうやって電気を伝えているのだろう?と思ってしまう。 やはり接点なのか。回転が遅いから若干昇圧して送れば結構なパワーを伝達できるか。

|

« 隙間に入らない隙間ノズル | トップページ | タモリ倶楽部を単独放送せよ朝日放送! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隙間に入らない隙間ノズル | トップページ | タモリ倶楽部を単独放送せよ朝日放送! »