« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

修理できない掃除機とは・・・

Vcct48p_baraいやはや、これは東芝のVC-CT48Pというだいぶん前の掃除機である。前に常にひっくり返っている掃除機と言っていたやつである。まだ動くのだが、紙パックが破れてしまって、中にゴミがいっぱい入ってしまったので、掃除機を掃除しようとしたところ、なんと、この掃除機、はめ殺しで組み立てられており、無傷で分解できない構造となっていたのである。こんな掃除機始めて見たが、こんなものか?掃除機はあまり各社作っていなくてOEMのものも多いと思うが、これはどうなんだろう。これはやはり東芝製か?ということで、これのぼやきはまだまだ続くのである。

| | コメント (0)

めじろ

Mejiro_hdrpkいやはや、1Fには救援物資は届いているのだろうか。東電内だけでまかなえているのだろうか。冷静な判断ができるように、頭を働かせられる糖類、ビタミン剤とかドリンク剤とか食料とか着替えとかトイレとか風呂とか持って行ってあげて欲しいところだ。ご苦労察するところ&原因は確かに天災だが、菅さんの言われるように(地球のためにも)覚悟を決めて終息させていただく必要がある。やっと海洋への汚染もアナウンスされるようになったが、もはや、誰もが認識するように、スリーマイル島を上回っていることは確実だろう。4つもあるのだし。あの姿を見るにつれやはり石棺が必要ではないか。電灯が点ったという写真を見ると制御室の計器はほとんど初期と一緒のようだ。40年間基本的には改良されていないと言うことだろう。そのへんへの投資がされていないとも受け取れる。もう皆さん見られたと思われるが、科学映画館の福島の原子力は炉の構造を知るのに大変参考になった。現場で溶接したのだねぇ。非破壊検査の精度も今ほどではないから、液体を垂らして穴のないことを確認していたりするくらいだから、接合部の強度的に弱いところもあったのかも知れない。
さて、お写真は寒空の中の早咲きの桜の花をつつく、めじろである。ちょっと夕方の逆光だったので明るくしてみたがこれ以上は無理だねぇ。

| | コメント (0)

使いにくいラチェットドライバー

Vessel_820w234907587073501
ついでに続きである。これはフレキシャフトとセットになっていた、No.820W-23 メタルラインスタビーラチェットドライバーというやつだが、これはもしかするとだいぶん前に黄色黒のやつと比較に出していたかも知れない。これは残念ながら失敗作でとても使いにくい。ちょうど握ると、回転と共に、ディレクションダイアルが回ってしまって、ラチェットの固定や向きが変わってしまってだめだ。こんな回す部分に切替ダイアルを持ってきてはだめだろう。と言うわけでこれは工具箱の奥で眠っている。

| | コメント (0)

ベッセルのフレキシブルシャフト

Vessel_flexshaft_2いやはや、今や、ダイ粗工具に代表される、大陸製の粗品工具の溢れる中、VESSELの工具は、PB、KTCとまでは行かないまでも、HOZANやENGINEERレベルで十分に品質が良い部類に入るだろう。但し、若干遊びすぎていて失敗作というか、企画倒れというか、外れのものもある。これは、No.820FX-4 メタルラインスタビーラチェットドライバー(フレキシブルシャフト付)と言うのに含まれるフレキシャフトだけれども、Vessel_flex_broken_2フレキシブルのワイヤー軸のカシメの部分の強度があまりないようで、外れてしまう。網網軸にカシメても、カシメが効かないのではないかと思われる。しかもフレキシブル軸自体の先端部分の曲がらない部分が長すぎて、フレキシブルの意味をなさない場合が多い。まあ家庭用には良いのかも知れないが、ちょっとハードに使うと壊れてしまう。というわけでこれは実用にならなかった。4907587073518

| | コメント (0)

ナノイーを掃除しよう

Nanoe_needleいやはや、パナのナノイー F-GME15 だけれども、つけっぱなしにしていたら、ランプが点滅して止まるようになってしまった。ちょうど1年くらいだろうか。針にホコリが溜まってきたのだろう。シャープと違って、イオン発生器の交換は不要と言うことになっているが、1年しか動かないと言うことなのか。どれくらいの寿命を想定しているのかは書いていない。これはニードルとその周囲の穴のところのアップである。穴の真ん中やや右に見えるのが、先が丸くなっている放電の針である。ホコリが溜まると共に、ホイスカのようになっている。しかも焼き付いたように何やらヤニのようなものがこびりついている。これでは止まるわね。寝室だし、たばこは吸わないし、何がこびりついているのだろう。これを掃除するのが結構大変。使用環境に大きく左右されると思われるが、やはりユニット交換できるべきかも。
to be continue...
PS:掃除してみたのだが、少し止まるまでの時間が長くなったものの、やはり止まる。他にも原因があるようだ。

| | コメント (2)

さんまはもう食べられないのか

1971f1いやはや、決死の放水作業のご苦労には言葉もないが、どんどん海に流れていくと、海も汚染されると言うことなのだろう。CO2は出さないけれども・・・。CO2の方がよほどまし・・・。海流は地球規模で循環しており、北極の氷からも水銀が検出されるのは有名だ。ヤマトにコスモクリーナーを取りに行ってもらわないといけないようにならなければよいが。Jinedそれにしても1号機は美浜の万博用に続いて、1971年なのだそうな。玄海なんかはドキュメンタリーで制御盤を総入れ替えするプロジェクトをやっていたが、こちらは昔のままなのだろうか。リモートで監視はできなくても、古い方がマニュアル操作するときは良いのかも。 んんん。これは行く先暗いねぇ。どうなるだろうね。
Vietnam_nucpowこれもまたどうなることやら。現時点の新設備の製造技術としては各社、世界に誇れる相当なレベルにあるのだろうけれども、初期のもののリニューアル、レベルアップへの注力が足りなかったというかできなかったということか。定期検査はじっくり時間をかけてやられるものの、一旦稼働し出すと、構成を変えるような改良はわかっていてもできないのだろう。お役所体質の電力会社とお役所による審査、40年前のシステムはずっとそのまま閉鎖的保守的。柏崎は大勢の予想に反して意外にも復活したが、その時もっともっと全原発に波及させなくてはいけなかったのだろう。10年に一度くらいは完全第三者の審査機関にツッコミを入れてもらって、その時点のレベルにリニューアルすることが必須というのがよいだろうね。

| | コメント (0)

KOMERIとIP電話の欠点

Komeriいやはや、こめりも倒壊しているのが映っていた。TVCMを見ると、コメリの発音が、関西とは異なっていて違和感があるが、パワーセンターもなくなってしまって、ロイヤルやホームズも閉店したり、ジュンテンドーはスギ花粉に変わっているし、コーナンも統合やマンネリし、ナフコやDAIKIもそれなりな今日この頃、たまにKOMERIに行くとちょっと違っていて新鮮だ。未開拓なのがビバホームだが、近所にないので名張あたり今度行ってみたい。
それにしても輪番停電となると、IP電話はピンチだ。停電の時に使えないという説明が、大きくされていないのが問題になりそうだ。同番移行で手続きをおまかせだと、休止にしていることを意識していない人もいる。NTT回線でも光接続で地区の交換機の電源が現地調達でかつ蓄電池レスだと同じことになるだろうが、電話局からメタル回線だと停電していても電話局の電源が生きている限り電話は使える。これは公社時代のポリシーを受け継く大きなメリットだろう。携帯もマンションの屋上基地局などは停電したら止まるので使えない。110番も119も使えないかも知れない。BOXの公衆電話はメタル回線なら停電しても非常用ボタンを押してつながるところだけはいけるはずだが、最近そもそも見かけない。

| | コメント (0)

移動銭湯車とかないのか

20110313hamaderaいやはや、えらいことになりすぎているが、お風呂も何とかならないのかねぇ。プロパンがあっても、水がないのか。下手にやると余計に寒いか。港なら、でっかいフェリーを横付けしてあげれば、フェリーの設備を使えそうだが・・・。 しかしまた警視庁の放水車・・・、行く前に誰か指摘しなかったのかね。小さすぎると。どんな建て屋を想像していたのか、近くに行くととてもでかい建物だから、象とアリみたいなものか。屈折放水車・・・。あるなら早く出せよと言う印象だ。MORITAにもっといいのがないか聞いてみないといけないのでは。

| | コメント (0)

なのはな

Nanohana2011いやはや、googleの写真を見ると、海側の装置は全部もがれてしまっているのだね。しかもロジカルコントロールできない状態で、武器は消防車のポンプとバルブ操作と海水だけとは、むしろ良く耐えているというべきなのかも知れない。既に海もある程度汚染されているのだろう。衛星からも炉心の火が見えたというチェルノブイリに比べたら、石棺は要らないレベルだと経験者の先生が言われていたが、もはや復元できたとしても10年程度で再稼働にこぎ着けられる可能性はいろいろな面でほぼ0だから、生かすことを考えるのはあきらめて、最善に殺す方法をやるべきだろう。石棺は要らなくてもフタが欲しい。お写真は、道端で咲いていた菜の花である。

| | コメント (0)

最新情報待ち(VARDIA)

Vardia_chchgいやはや、こんなメッセージは始めて見た。いやしかし政府はのんきだね。東電に任せている場合ではないだろう。どうやってフタをするか、格納容器のある炉とはいえ、最悪の場合の石棺の建設計画も準備が必要ではないのか。巨大クレーンで海からかぶせることは無理か。資材の準備だけでも必要ではないか。皮肉にも今月のKANDANの特集1社は東電だった。しかも国際原子力開発である。その表情の変化にはご苦労を察するところではあるが、今後は、誇るべき建設技術でもある神流川発電所の方に注力せよと言う地球からのメッセージと受け止めるべきだろう。

| | コメント (0)

はこべ

Hakobe110313いやはや、こういう事態をまさに未曾有というのだろう。亡くなられた方々には言葉もないが、今後のこととしては、やはり原発がピンチだ。あそこまで行くと復活は厳しいだろう。しかしなんとしてもメルトダウンだけは避けなくてはいけない。あの衝撃波まで見える破裂映像はチェルノブイリの記憶のある人には背筋が寒くなったに違いない。早くどこかでフタをつくってかぶせに行かないとと。稼働できないとなると、やはりCO2は断念して火力発電所を増設するか、夜間水汲式でも良いから水力発電ダムを作る必要があるだろう。それにしても、各局いろんな人を連れてきて好き勝手なことを言っているねぇ。最も大名行列な(何をするにも効率の悪い)某有料局も含めて数局休止したらかなり節電できるのではないか。とんちんかんなキャスターはあまりしゃべらないほうがよいねぇ。意味不明な間違った知識を全国にばらまいておる。MRIで被爆するとか言っている人もいるし、それはX線CTだろう。

| | コメント (0)

普通のストラップはなぜ売っていない?

Strap_normalいやはや、車両保険は津波には使えないから痛いねぇ。それにしても、昔の携帯についていた、いわゆる普通のストラップて、どこにも売っていないのはどうしてか。以前は千石とか日米通商とかのジャンク屋に3~5本100円くらいで売っていたりしたが、全然見かけない(最近行ってないが)。しかしコンデジやら懐中電灯やらそれっぽい機器には添付されているから、作っていないことはないだろうに。かのダイ粗には、ネックストラップはたくさん売っているのだけれども、短い普通のがこれまた売っていない。エツミのコンデジ用のが唯一近いが、定価が420円ともの的イメージの10倍もするのが難点か。もっと細い、昔のMOVAに付いていたやつが欲しい。

| | コメント (0)

リチウム搭載貨物

Litium_amznいやはや、ただ事ではない状況だね。不毛な無益な議論ばかりやっている内閣に活が入れられたのだろう。それにしても原発が心配だ。電気がないと制御できない発電所とは。ディーゼル発電機をまさか海面に近いところに設置していたのだろうか。上の高台のグランドの横あたりのタンクは別物か。同じ場所に設置していては共倒れするのは必至ではないか。以前に東北地方のリアス式海岸の津波のシミュレーションをどこかの研究室がやっていたがまさにその通りになってしまった。しかし10mを越える防波堤を作るというのも現実的ではないし、人とその文明が地球の規模からするとあまりに非力であることを実感させられた感じだ。利根川スーパー堤防が完成していたとしても意味はなかったに違いない。
お写真は、はて、リチウム電池なんか入っていない商品なんだが・・・。

| | コメント (0)

これはパチだったVANGUARDのUVフィルター

Vanguard_uv62いやはや、ヤマダにぶら下がっていたのでうっかり買ってしまったが、こんなパチものだとは思わなかった。MOVIE系ではローコストなフィルタなどを出しているのを見かけるが、これは大陸製のパチものだった。なんと、ダイ粗の虫眼鏡ではあるまいし、フィルタのガラスのエッジが切りっぱなしだなんて。良くこんなもの光学製品としてリリースするねぇ。ちゃんと磨りガラスにするとか、黒に塗るとかして欲しいものである。4948271881620まあ、処分されていた風なので売れない理由だったのだろうけれども、気がつかなかったわ。パッケージにはISO9001&ISO14001とか大きく書いてあったりして、USO800なのか、そんなことはどうでも良いからまともな製品を作って欲しいものである。と言うわけでまあ表面処理もなんだかロハのガラスのようであり、キャップ代わりに使って捨てるかね。でもエッジがこれでは、光が差し込むときには使えない。

| | コメント (0)

AX250はTOYなのかの謎

Ume20110305いやはや、4800円のコンデジFINEPIX AX250はどれくらい写るのかはたまたTOYなのかのお遊びである。ヤマダのポイントの期限が切れるというので、お店に懐中電灯でも買おうと見に行くと、そうか、特にコンデジの安物は家電やでも4~5千円で売っているやつもあるのね。これが特別安いというわけでもないようだ。まあこのあたりのはと言うよりもこの手の持ちにくいコンデジは落とすとレンズがへっこんだり、角が割れたりして即死するので、今や、複数あっても困ることはないし、この値段なら落としても落ち込むほどのものでもない。Ume20110305spxで、今年は行くのが遅くてもはや花も終わりの時期の梅さんを撮ってみた。んんん。マクロは90cmなどと言うことはなく、ワイド端なら10cmと、ある程度は近づけるので、このカメラの癖に慣れれば、ある程度は撮れそうだ。バックのボケ具合の模様が汚いねぇ。コンデジにしては発色が綺麗でない。写真的にはかつての愛用機OLYMPUSの2020ZOOMのほうが上だねぇ。あれは当時今から思うとEOS KISSが買えそうなくらいの6万以上したねぇ。大体スマートメディアも万してたからねぇ。それでもやっとおもちゃのデジカメからある程度まともな写真相当のものが撮れると喜んだものだった。2万画素でもたぶん見た目上だろう。Ax250_panorama色が今一なので、例のSYLKYPIXにかけてみたところ。オートだがこれならいい感じだ。バックのボケ加減ががさがさしていなければ許せる感じなのだが。面白い機能があって、3枚つないでカメラでパノラマ化してくれる。ちょっとつなぎ目が明確でない絵だったので折れているが、これは遊べるかも。まあでも今時風で反応も速いし、ちょっと使いにはまあいいかね。携帯、TOYよりはだいぶんましかな。これが2万とかの機種なら×だが、値段を考えれば文句も言えない。

| | コメント (0)

年賀はがきの山をどうするべきかの巻

Rakuraku2いやはや、年々溜まっていく年賀はがきは皆さんどうされているのでしょう。ほとぼりが冷めたら捨てる?10年経ったら捨てる? 時代的にはスキャンしてしまって現物は捨ててしまうのが良さそうだが・・・。 scansnapで年賀はがきをスキャンしてみたら、なんと勝手に筆まめに取り込まれるのね。送受記録と連携できるのは良いのだが、問題はデーターが粗くて見るに堪えないこと。雰囲気はわかるのだが・・・。普通にPDFにしてしまうのもありかも知れないが、canonのスキャナについていたパナの交遊録も住所録と連携できたりするが、あくまでフラットベットスキャナで撮ることをメインにしていてSSでは使いにくい。他に何か年賀はがきを整理する良いソフトはないのかと思いつつ、それならぱらぱら楽2ライブラリを買っておくべきだった。お試し版はだいぶん前に試してもう期限が切れているので、一旦全部消して再インストールしてみた。そうか、お年玉の当選番号まで調べてくれるのか。解像度も設定できて、デフォルトの200dpiでも充分鮮明だ。ぱらぱらビューワーも本には要らないと思ったが、はがきを見るには良いかも。ソフトがなくてもデーターはPDFになっているので、直に見ることもできる。しかもPFUは3月にお買い得セットを出しているのか。それは知らなかった。今ならセットものと同じ差額(5000円)で買える。とても悩むところだが、はがきの山を整理できるのなら買おうかな。

| | コメント (1)

Mediumシーズン6

Mid6_arielいやはや、アリソンデュポアの6が始まった。字幕版をやって欲しいのだが、3月の番組表を見る限りは2カ国語版しかないようだ。VRに録ってしまうと、音声が1つしか入らないのでもとの音声が聞けないのが残念。悲壮な終わり方をしていたが、Deja Vu All Over Again (日本語タイトル=復活)だそうだ。つまり、アリソンは生きていて身体も例の能力も復活していく。シーンは成長したアリエルとブリジットの朝の恒例の?喧嘩である。このへんのファミリーなシーンが良いところだろうねぇ。最近他には、CLOSE TO HOME (女検察官アナベス・チェイス2)も気に入って見ている。モーニングサスペンスの後枠にやっていたNUMBERS(天才数学者の事件ファイル)は、これはどう見ても福山ファクトリーのガリレオのアイデア元だろうねぇ。内容的にはガリレオの方が現実的な説明でわかりやすいかも。その他海外TVドラマものは、既に発想の限界を迎えつつ派手なシーンと、人気俳優だけでつなぎ止めているに近い日本のTVドラマに比べてとても面白い。

| | コメント (0)

単独放送を!タモリ倶楽部

Kingkongいやはや、朝日放送!タモリ倶楽部を単独で放送せよ!変なものと一緒にするな!録画したら「キングコングのあるコトないコト・・・」とかいらぬタイトルが入ってしまってうっとしいこと極まりない。何を考えているのかねぇ。ご意見に毎日書き込もう!3つ並べて別々に放送するのは構わないから、別にしてくれい!

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »