« 年賀はがきの山をどうするべきかの巻 | トップページ | これはパチだったVANGUARDのUVフィルター »

AX250はTOYなのかの謎

Ume20110305いやはや、4800円のコンデジFINEPIX AX250はどれくらい写るのかはたまたTOYなのかのお遊びである。ヤマダのポイントの期限が切れるというので、お店に懐中電灯でも買おうと見に行くと、そうか、特にコンデジの安物は家電やでも4~5千円で売っているやつもあるのね。これが特別安いというわけでもないようだ。まあこのあたりのはと言うよりもこの手の持ちにくいコンデジは落とすとレンズがへっこんだり、角が割れたりして即死するので、今や、複数あっても困ることはないし、この値段なら落としても落ち込むほどのものでもない。Ume20110305spxで、今年は行くのが遅くてもはや花も終わりの時期の梅さんを撮ってみた。んんん。マクロは90cmなどと言うことはなく、ワイド端なら10cmと、ある程度は近づけるので、このカメラの癖に慣れれば、ある程度は撮れそうだ。バックのボケ具合の模様が汚いねぇ。コンデジにしては発色が綺麗でない。写真的にはかつての愛用機OLYMPUSの2020ZOOMのほうが上だねぇ。あれは当時今から思うとEOS KISSが買えそうなくらいの6万以上したねぇ。大体スマートメディアも万してたからねぇ。それでもやっとおもちゃのデジカメからある程度まともな写真相当のものが撮れると喜んだものだった。2万画素でもたぶん見た目上だろう。Ax250_panorama色が今一なので、例のSYLKYPIXにかけてみたところ。オートだがこれならいい感じだ。バックのボケ加減ががさがさしていなければ許せる感じなのだが。面白い機能があって、3枚つないでカメラでパノラマ化してくれる。ちょっとつなぎ目が明確でない絵だったので折れているが、これは遊べるかも。まあでも今時風で反応も速いし、ちょっと使いにはまあいいかね。携帯、TOYよりはだいぶんましかな。これが2万とかの機種なら×だが、値段を考えれば文句も言えない。

|

« 年賀はがきの山をどうするべきかの巻 | トップページ | これはパチだったVANGUARDのUVフィルター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年賀はがきの山をどうするべきかの巻 | トップページ | これはパチだったVANGUARDのUVフィルター »