« おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎 | トップページ | おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎3 »

おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎2

Ht822laserいやはや続きである。これがまたいっちょまえにレーザーポインターが付いていて、一応それっぽいあたりを照らしてくれる。レーザーはON/OFFできる。レーザーの当たっているその部分ではなくて、少し下あたりが測定点のセンターのようである。これは高級なやつでも同じなのでそう言うものだろう。しかしレーザーで位置を狙えると言うことは、それなりに測定ポイントの面積が狭くないと正確に測れないが、Ht822fresnelこれまたいっちょまえに、センサーの前にフレネルレンズ(ポリエチレンだと思われる)が付いていてある程度測定距離が取れるようになっている。高いやつは、金属色の波長フィルタが付いていたりするが、これはフレネルレンズむき出しだ。その上に見える穴の開いた真鍮のものがレーザーの出口である。かつてはガン型の放射温度計はまともなものしかなく、結構高かったのだが、1万円前後で安いのが出だしたのは5~6年前だろうか。最近はメーカー品でもそれほど高くはないので、業務につかうにはHIOKIあたりのがまともだろう。それでも定価は12000円であり安くなったものだ。
to be continue...

|

« おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎 | トップページ | おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎 | トップページ | おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎3 »