« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ダイ粗版100円電球型蛍光灯

4984343954601box4984343954601 E-100 10D5003 W-10-P120 LIGHT BULB No.39
いやはや、セリアに続いてダイ粗にも100円電球型蛍光灯が登場していた。またまた興味本位に一つ買ってきた。見たとこ、セリアのとそっくりなので、武田のかと思ったが、その通りだった。セリアで買ったのは60W型だったが、40Wがあったので40Wの方を買ってきた。なんとパッケージには3000時間ではなく、5000時間と書いてある。40Wの方が熱くならないからか、それとも少し改良されたからなのか。セリア版の40Wをよく見ていなかった。というか、40Wはその時売っていなかった気がする。4984343954601それにしても3000時間と言えば、連続点灯でたった4ヶ月ほど。5000時間でもせいぜい7ヶ月というところだ。値段的には相応だろうけれども、蛍光灯としては白熱球レベルであり、消費電力は確かに節約できるが、あまりにもエコでない品物だ。とはいえ、まだまだ過渡期のLED電球は時期尚早であり、白熱球からなら買い換える価値は大いにあるが、今ついている電球型蛍光灯をわざわざ換える必然性はない。そのつなぎくらいには使えるかも。バシュっと切れたら少し焦げ臭いかも知れないが、火事になることはないだろう。当たり外れと共に比較的短期間にその時期が訪れる覚悟は必要だ。パナのはしつこいくらい壊れないが・・・。ずっと点けているやつではないが一番長く使っているのはもう10年くらい経っているかも。

| | コメント (0)

鍋八(とうふ)

Nabe84973652025447
いやはや、わたくし、豆腐は大好物で、ほぼ連日のように豆腐を購入&食べているわけですが、やはりおいしい豆腐はそれなりの値段であり、しかし単体で食べても高いだけのことはあっておいしい。安いのは生姜なり醤油なり鰹節なりで味付けしないとおいしくない。中には消毒剤ぽい味のするものもある。まあ仕方のないことですが、この最近登場した鍋八、この前テレビでやってましたがなみなみ包丁で切ってあるからくぼみに味がとどまるので鍋に最適でヒット中なのだとか。たしかにそれなりの値段でもあり、そのまま食べてもこれはおいしい部類に入るでしょう。わたくし的にはこの豆腐の一番の気持ちの良いところは、このパッケージの蓋のシートが綺麗にちぎれずに剥がれること。これはすばらしい。ともかくフタのシートが剥がれないいけてないパックが結構あり、あの、大豆の味はおいしいのだけれども豆腐としては今一ではないかという男前シリーズの蓋のなんとはがしにくいこと(全部ではないかも知れないが)。周りだけ取れてみたり、結局全体を綺麗に洗ってから包丁で切り込むしかない。ローカルスーパーのも明暗が分かれるところですねぇ。

| | コメント (0)

4800円のコンデジとは・・・

Ax250casesetいやはや、Finepix AX250がケース付きで例のコーナンに4800円で売っていた。はたしてこれはTOYなのか、TOYでも1400万画素もあるのか。最近のこのバランスの取れない仕様のコンパクトデジカメがどないなものなのか、興味本位で買ってきた。とりあえず、例の日立のTOY以下コンデジの類ではなかったことは幸いだった。見ようによってはこんな値段で作れるのかと言う気もするが、細かく見るとまあ値段相応かも。詳しくは続編で・・・。

| | コメント (0)

おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎4

Ht822battいやはや、続きである。電池は握りの部分に9Vの電池が入るようになっている。ばらしてみようと思ったのだが、完全はめ殺しではまっており、無傷では復元できなさそうであり、結構普通に使えそうなので、まずはしばらく使うことにした。電池入れっぱなしオートパワーオフでどれくらいの消費電流かだが、測ってみたら15μAくらいだった。これなら例のオートパワーオフと称して電気食いまくりのK国製テスターのようなことはないだろう。ちなみにバックライトなしでレーザーなしなら、測定中2.5mAくらいだった。これなら結構連続測定していてもすぐに電池がなくなることはないだろう。バックライトをつけると29mA、レーザーは15mA両方つけるとそれプラスという感じだ。
Ht822maxおもちゃに付いていた説明書は、大陸製によく見る、現物と内容が違っておりあまり役に立たないというか信用できない。まともな奴のようにMODEスイッチを押すと放射率の設定が変えられるのかと思ったが、これは固定のようだ。表示もε=0.95と模様が出ているだけで変化はしない。MODEスイッチはMAXとMINとノーマルが切り替えられるようになっていて、これは機能しているようだ。表示が消えても覚えているようだ。電池マークも表示される時がある。と言うわけで、いきなりバカにしてばらそうと思っていたものの、温度の表示もそれなりに合っており、結構まともに使えるのでばらしは延期となった。同じ大陸製でもDRETECの崩壊する天ぷら温度計とは良い方向でだいぶんものが違ったようだ。ちなみにこれはアマゾンライダーのMPで売っている。

| | コメント (0)

LANケーブル細型

49843438659144984343865914 パソコン No.82
PORTABLE(THIN TYPE) LAN CABLE
携帯しやすい細型 LANケーブル
LATCH-PROTECTED COVER
いやはや、ダイ粗にも100円LANケーブルが登場していた。200円以上の商品はダイ粗で買うべきものでなく、より良いものがそれより安く必ずどこかで売っている。まま見た目チープ感もなく、いい感じだ。以前、ダイ粗はULマークを勝手にパッケージに表示してULに怒られているので、今回は書いていない。線がULだからと袋に書いてしまったものだが、袋に書くには、両端を取り付けたケーブルの完成品としてULに申請するというかこのたぐいの製品だと、何かを検査することもないので、結局お金を払って登録する必要がある。しかしそうすると維持しなければならないので、結局は無駄である。かつてはあのネズミを追い払うという謳い文句のpest-xなる通販のCM(ACに挿す部分がULの基準に対応しているだけなのに、それをネズミを追い払う性能(実は効果はない)をULが認めているものだと言って宣伝していた)をずっとTVでやっていられたところからすると今よりはずっとのんきだったのだと思う。最近は市場で独自にサンプリングしているのだろうか。4984343865914_2素線は「TYPE CAT.5E. UTP 28AWG 4PAIRS E236079 CRU AWM 2835 28AWG 4PAIRS 30V 60℃ I A FT1 XIN TAI」と印字してある。このULのNo.からすると、HUMEN XINTAI ELECTRICAL WIRES FACTORYのものだが、大陸の線のULの表記は勝手に書いてあるだけのものもあるので、これまた要注意だ。5EでGIGAに対応できるのかどうかだが、一応5EもGIGAで使えることになっており、1mならまあいけるだろう。
4984343865914_3先端はどうだろう。整形はバリが多くあまり精度の良いモジュラプラグではないが、コンタクトは見た目セリアの100円LANケーブルの極薄フラッシュ金メッキよりは分厚そうだ。つまり結構普通なプラグが使われている。タイトルにもあるように、ラッチレバーがひっかかって反り返って折れてしまうのを防ぐカバーも整形されているので、長さも短いことであり、これは使える一品だろう。

| | コメント (0)

元祖 3年B組 金八先生

Kin814いやはや、やはり○八先生シリーズは、元祖が一番新鮮でいいねぇ。出ている人たちも今見ると総勢たるメンバーだ。見ようと思いつつ、録るのを忘れていたりして既にこれは14回目である。これは宮沢くんが就職しないと言っていると、雪乃にお節介しに行くのは、おっと、これがまた若いきみえちゃん。幸喜氏の奥様である。雪乃は手編みの手袋をあげたと思ったら、それを聞いて回収するのである。
3月にはファイナルの放送があるのだとか。そうかもう32年もやっているのか。すごいことだ。

| | コメント (0)

タモリ倶楽部はどこに行った?単独で放送してくれい朝日放送!

Soramimiいやはや、タモリ倶楽部が録れていないなと思ったら、時間が変わっているのね。しかもなんか抱き合わせ番組とセットになっているらしい。こんな真夜中に直に見るわけがないのに、録りやすく単独で放送してくれい朝日放送! 最近二番煎じのぶ○タモリなんかもやっているが、一緒に歩いている女性が誰なのかわからないので、やはり伊藤せいこうとみうらじゅんが歩いているようなおもしろさがない。やはり元祖流浪が面白い。しょうもない回もあるが、極端に面白い回も多く、記憶に残るのはノセ精機のハンダ付け、電球作り、八幡電気の拡声器、京浜急行操車場、地下鉄探訪、大橋ジャンクション、戦艦、電車ネタなどなど、そして最近の変なのでは田中賞か。流浪の番組数回見逃してしまった。

| | コメント (0)

おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎3

Ht822dsfigいやはや、続きである。フレネルレンズで測定エリアが絞られているという図が側面に貼ってあるのだけれども、意味が分かって書いていないというかなんというか、図と数字の位置があってない。数値の並びが左右逆である。距離200mmでスポットの直径が25mmだそうだ。400mmで50mm、600mmで75mmと書いてある。そんなものか。上等なやつだと、測定スポット2.5mmまで絞れるものがある。電子基板の部品の温度を測るような用途で使うにはそれが必要だろう。これはおもちゃなのでそこまでは無理だ。Ht822boilpどれくらい温度が合っているのかだけれども、昔からサーミスタ式のデジタル温度計を校正するには、アルコール温度計とにらめっこでも良いのだが、リニアに変化するという前提で、そもそもの摂氏の基準点である、氷点と沸点で合わせるのが簡単で結構正確だ。地表で水を沸騰させると、ぼこぼこしているあたりは大体100℃である。測ってみると101.7℃を示している。±2℃がSPECなので、合っている方だろう。Ht822frezp氷点はと言うと、溶けかけの氷の表面は結構0℃近辺である。測ってみると、0.5℃だった。いっちょ前に結構合っているではないの。放射率が合っていないと数値が合わないが、水は結構0.98くらいなので、そのまま測ってもほとんど合っているはずだ。インフルがうつっていないか体温を一瞬で測るには、耳の穴から鼓膜の部分を放射温度計で測定するミミッパが便利だけれども、このおもちゃで口の中を測るのも有効だ。結構それっぽい値を表示する。
to be continue...

| | コメント (0)

おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎2

Ht822laserいやはや続きである。これがまたいっちょまえにレーザーポインターが付いていて、一応それっぽいあたりを照らしてくれる。レーザーはON/OFFできる。レーザーの当たっているその部分ではなくて、少し下あたりが測定点のセンターのようである。これは高級なやつでも同じなのでそう言うものだろう。しかしレーザーで位置を狙えると言うことは、それなりに測定ポイントの面積が狭くないと正確に測れないが、Ht822fresnelこれまたいっちょまえに、センサーの前にフレネルレンズ(ポリエチレンだと思われる)が付いていてある程度測定距離が取れるようになっている。高いやつは、金属色の波長フィルタが付いていたりするが、これはフレネルレンズむき出しだ。その上に見える穴の開いた真鍮のものがレーザーの出口である。かつてはガン型の放射温度計はまともなものしかなく、結構高かったのだが、1万円前後で安いのが出だしたのは5~6年前だろうか。最近はメーカー品でもそれほど高くはないので、業務につかうにはHIOKIあたりのがまともだろう。それでも定価は12000円であり安くなったものだ。
to be continue...

| | コメント (0)

おもちゃの放射温度計はどれくらい使えるのかの謎

Ht822HT822H INFRARED THERMOMETER
いやはや、大陸製のおもちゃの赤外放射温度計を買ってみた。2980円だった。どれほどの作りで、はたして実用的なのかどうか。とても興味あるところである。パッケージはいかにもチャイニーなブリスターパックであり、高級感は全くなく、色はFLUKEライクであるが、ものはまさに玩具風である。今時JANコードというか商品コードすら印字されていない代物だ。ありがちな製造メーカーすら書いていない。パックにはどこのか分からない006P9Vの電池が付いていた。最近、9Vの電池を知らない人もいるねぇ。あまり使わなくなったかねぇ。23Aの単5型の12V電池よりは格段に一般的だとは思うが・・・。ダイ粗にも9Vはマンガンとアルカリを売っているので、まあ電池の入手に困ることはない。23Aも最近はキーレスエントリーのリモコンに使われているためか、手に入りやすくなったが、かつては秋葉で位しか見たことがなかったものだ。
Ht822disp一気に書きたいのだけれども、そうするとなかなかUPできないので、ちょっとずつ細切れで書き込もうかねぇ。写真がでかいと文字が足りないので、写真ももとはVGAサイズのまま表示だけ小さくしておいて書き込もうか。で、ところが、これがまたいっちょ前に白色LEDのバックライト付きで、結構綺麗な表示ではないか。ここだけ見ると案外良さげにも見えるか?
to be continue...

| | コメント (0)

一瞬の雪

20110214snowいやはや、バレンタインデーの急な雪だった。慣れない地域では急に大渋滞である。降雪を考慮していない高速道路はすぐに閉鎖だ。雪と言ってもアスファルトの上が凍るほどは冷えていないので、交通量の多い大通りは濡れている程度ではあるが、皆さん慎重にとろとろと走っておられるのである。さすがに裏道は雪が溶けていないのでシャーベット状であり、こちらは少々慎重に行かないといけないが、広いところではABSの動作を楽しむチャンスであるか。それにしてもボンネットの上に数時間でこれほど積もるとは思わなかった。温暖化なのか異常気象なのか。珍しい雪だったので載せておこう。

| | コメント (0)

砂抜きしてからパックしてくれい大和しじみ

Yamatoshijimiいやはや、これはお土産屋さんに売っている、丸宮の大和しじみの加熱殺菌パックである。即席味噌汁に入れたらおいしそうであるのだが、なんと驚いたことに砂抜きしていないのである。ゆえにお椀に入れるとじゃりじゃり砂が出てきて、しじみの実も当然じゃりじゃりで食べることができない。もちろん既に貝は死んでいるので砂抜きは不可能だ。なんだこれはの一品だった。産地は書いていないので三重県産ではなく大陸製なのかも知れないね。これなら同じくお土産屋さんによく売っているフリーズドライのしじみスープの方が断然おいしい。

| | コメント (0)

ReVOLTES単4

E100_revoltes4984343954687 E-100 BATTERY No.67
いやはや、体温計の電池SR41を買いに行ったら、季節柄売り切れていて、代わりにこれを買ってきた。そうか、やっとダイ粗にもニッケル水素が登場か。セリアではだいぶん前から武田コーポレーション扱いのを売っており、マウスやら懐中電灯に使っているが、今のところ意外にも外れはない。これはどこのだろうねぇ。書いてないから分からないが、ネクセルでないことを願おう。ネクセルのは充放電回数が少なくだめだ。まあ安いので100回くらい行けば充分だろう。マンガンを使うには消費電力の多いリモコンやら、最近のワイアレスマウスやらには回数的にも容量的にも最適だろう。壁の時計には無駄である。充放電の回数からして寿命を全うできない。壁の時計はダイ粗のマンガンで充分である。さて、充放電特性はどんなだろう。懐中電灯に使ってみてまた評しよう。

| | コメント (0)

沈まぬ太陽

S_taiyo1★★☆☆☆
いやはや、沈まぬ太陽である。最近地上波でやっていたが、その前に昨年WOWでやっていたのを見ようと思いつつ、結局地上波放送の後になって見てしまった。これは・・・。なんかぱっとしない出来だねぇ。内容は何なのかは分かっているのでそれはよいのだが、結局何が言いたいのかよくわからないまま夕日になって終わってしまった。原作は読んでいないので、それが長いと言うことであり、それを忠実にトレースしているのかも知れないが、それゆえか、つながりのよくわからない場面だらけで編集も無理があるねぇ。キャスティングももうひとつだねぇ。キャプチャーは、東教授と大河内教授。S_taiyo2こちらも廣瀬亜紀のお父さんと関口弁護士か。んんん。あのニュースは衝撃的だったので、その頃のFOCUSかFRIDAYだかに載っていた、焦げた木やらぶら下がった肉片、転がった足、谷底にシートごと滑り落ちて燃えずに助かったあの女の子、あそこから都内のフジテレビまで800MHzのFPUが届くと言うのも驚いた生中継だった。再現の努力は買うが、焦げ方が足りない。シートにこびりついた親子の炭化した形跡など思い出すと、緊迫感がない。まだクライマーズハイの方が雰囲気がでていたぞ。あの時、米軍の援助を断らなければもっと早く見つけられたろうに。彼らはとっくに場所を特定できていたはずだ。今でも鮮明に覚えている世代には説得力が全く足りなかった。S_taiyo3ここで、EOS60Dでも出してくれれば別の盛り上がりもあったかも知れないが、なんだか後半、惰性で流れていき、なんの話なんだか、これだけの尺があるのならもっと演出のしようがあろうかと。エアコンを外してきてばらしても冷媒が抜けてしまって直らんですよ。と、とんちんかんな場面が多く、せっかく一生懸命演じている渡辺謙さんが生きていない。中井貴一よりは合っていると思うが、もしかするともっと別の人の方が合っていたかも。というわけで、内容の信憑性は不明だが、どちらにせよ破綻したと言うことは近いものがあったに違いない。いっそうのこと今ノンフィクションとして作り直せばどうか。評判よりはあまり良いできとは思わなかったので★二つでした。

| | コメント (0)

コーナン閉店

Kohnan_closeいやはや、近所のマンション族の作業場である大きな駐車場が特徴のコーナン臨海泉大津店が閉店だそうだ。行く人は行くが、ちょっと奥まっているので客数が足りないのだろうね。軽トラで発発持参で工作する人もいたのだけれどねぇ。これは残念というか、新たな作業場を探さないといけないねぇ。埋め立て地の先っぽとかなくはないのだが・・・。 となると、現品処分を漁りに行かないといけない。日立かマキタのディスクグラインダーをと思ったら、もう残っていなかった。残念。展示品現品だけでなく、店頭在庫処分をやって欲しいものだ。ぜひ地域貢献を。

| | コメント (0)

ハッピーフライト(2回目)

Happty_f2★★★★☆
いやはや、またやっていたので見始めてしまった。途中から他のを見出したので、後でまたまた後半、まえにWOWでやっていたのがまだHDDに残っていたので見てしまった。まま、これは良いのではないかねぇ。しかしまたこの時期に、嫌がらせかというようなチョイスであるね。こちらは全面的にANAの宣伝と受け止められるし、その後の「沈まぬ太陽」はこれまた全面的にJALの失墜をフィクションと称してどこまで本当かは定かでないがノンフィクションのように描いているし。そちらはまた別に評するとして、いやはや、官房長、陽気ではないですか。背中痒いですかねぇ。堺さんこれまた良い味を出していますが、南極料理人を見てしまったのでその後では印象がちょっと。

| | コメント (0)

久しぶりの雪

20110211snowいやはや日本海側ではのんきな話ではないようで恐縮ではあるものの、大阪市内の南部に雪が積もるのは本当に久しぶりだ。10年以上前に相当積もったのは覚えているが、その時は完全に交通が麻痺して、朝、車で出かけたものの、午後3時になっても会社に着けなかったのを思い出した。雪と言えば金閣を見に行きたいところだが駐車場が一杯でなかなか入れないだろう。近場まで行ってチャリで乗り付けるか。東京でもそうだが、歩道が雪やその氷で滑るときに、なぜか都会の人は重心をかかと側にかけて恐る恐る歩く。するとすってんころりと尻餅側に転んで最悪後頭部を打つ。スケートをするように前傾姿勢で歩けば、滑っても手をつく側に転ぶだけなのだが・・・。車も最近は4輪ともABSが普通に付いていて、さらに横滑り防止装置なるものまであるので、いざ滑ったら、どうカウンターをあてえるのかが謎である。広い縁石のない駐車場が凍っていたら最近のABSの車の滑り方を体験してみたいものだが、そんな場所はないか。JAFのセミナーに行くしかないか。四季を通してノーマルタイアで過ごせる地域のたまの雪は何が起きるか分からない。雪が溶けきらずに気温が下がって凍るとこれは最高だ。

| | コメント (0)

FTP-USBのヘッドホンアンプ

Fusb_hp3414いやはや、ついでに、こちらはM-AUDIOのFAST TRACK PRO USBのヘッドホンアンプである。ばらしてみたのがだいぶん前なので、詳細を忘れてしまったが、こちらもUSBのバスパワーでも動くし、ACアダプタでDCを突っ込んでも動くようになっている。ヘッドホンアンプはこれはもうかなり昔からある、JRCのNJM3414で、単体で出力電流が70mAも流せるものである。ピン配は8ピンOPAMPと同じなので、ラインアンプにこれを差せばそのままヘッドホンやら小さいスピーカーくらい鳴ってしまうものである。こちらはマイナス電源があるので出力はコンデンサレスで、入力側には謎の電解が付いているのが見えるが、先のDACとはコンセプトと構成がだいぶん違うのがよくわかる。この石もNJM系の音をしており素直である。もちろんMUSE01には及ばないのだろうけれども、普通のヘッドホンで差が分かるかどうかの自信はない。このFTP-USBの内部電源は、記憶ではプラス側は5Vを3.3Vにしていて、マイナス側をDC/DCで作っていたのではなかったかと思う。555で発振させてファントム電源を作っていたりもする。このFTP-USBの音はと言うと、オーディオ機器としてのレベルの音であり良い音だと思う。ヘッドホン出力も電源の弱さかと思うが若干パワー不足気味な感じではあるが、良い音である。まあそれは旭化成のDAの音が良いからかも知れない。DAはもう現行品ではない普及品ではあるがAK4386(96KHz24bitΔΣ)が付いている。もはやオーディオのDA/ADはバーブラウンやアナデバではなく、AKの独壇場の感があり、高級オーディオ、プロ用機材においても、組み合わせはAKとNJMなのだろう。

| | コメント (0)

例のDACヘッドホンアンプ2

Usbdacいやはや、外観を載せるのを忘れていた。結構良さげな外観ではある。全く使えないというレベルではなく、実用的には充分使いではあるだろうと思う。USBも、特に特殊なドライバーなしに、USBオーディオとして認識するし、電源だけ供給しても、内部のPICでコントロールされており、OPTOまたはCOAX入力のDACとして動作するので、ヘッドホン出力のないデッキのモニターなんかにも使えるだろう。贅を言えば、音がもう一息物足りないというところだ。Usbdac3544これがROHMのBH3544である。単一電源2.8Vから動く、16Ω負荷で62mWの汎用品だ。ひずみ率とか音のクオリティーとかを云々言う石ではない。見るからに音の悪そうな安物の電解に埋もれているのが気持ち悪い。しかし単一電源で作ろうとすると仕方がない。ヘッドホンも車のスピーカーのようにアースから浮いていて4線で独立して引いてこれればBTLにするとか、単一でも出力の電解をなくすることができるのだが・・・。ヘッドホンも改造して、マイクのようにL,R独立してつなげるようにしたら良いかもねぇ。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »