« 例のDACヘッドホンアンプを買ってみた | トップページ | FTP-USBのヘッドホンアンプ »

例のDACヘッドホンアンプ2

Usbdacいやはや、外観を載せるのを忘れていた。結構良さげな外観ではある。全く使えないというレベルではなく、実用的には充分使いではあるだろうと思う。USBも、特に特殊なドライバーなしに、USBオーディオとして認識するし、電源だけ供給しても、内部のPICでコントロールされており、OPTOまたはCOAX入力のDACとして動作するので、ヘッドホン出力のないデッキのモニターなんかにも使えるだろう。贅を言えば、音がもう一息物足りないというところだ。Usbdac3544これがROHMのBH3544である。単一電源2.8Vから動く、16Ω負荷で62mWの汎用品だ。ひずみ率とか音のクオリティーとかを云々言う石ではない。見るからに音の悪そうな安物の電解に埋もれているのが気持ち悪い。しかし単一電源で作ろうとすると仕方がない。ヘッドホンも車のスピーカーのようにアースから浮いていて4線で独立して引いてこれればBTLにするとか、単一でも出力の電解をなくすることができるのだが・・・。ヘッドホンも改造して、マイクのようにL,R独立してつなげるようにしたら良いかもねぇ。

|

« 例のDACヘッドホンアンプを買ってみた | トップページ | FTP-USBのヘッドホンアンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 例のDACヘッドホンアンプを買ってみた | トップページ | FTP-USBのヘッドホンアンプ »