« HDDも2テラの時代テカ | トップページ | マザーボードはASUS »

安もんケースの安もん電源

Ap600gtxs_insideいやはや、安もんケースについていた安もん電源が電源を投入しても大丈夫なものなのかどうか、まずは開けてみた。最近の電源は12Vがやけに大容量なのだね。グラフィックカード2枚差しでそこに補助電源をつないだりするのかね。ままむかしのシメジ実装までは行かないが、中空基板の発想は南の島か大陸の作りだねぇ。とりあえず火は噴かなかった。電解の類はもちろん日本以外製で、高級な部品は唯一小さいOSコンがあるくらいで皆無である。まあちょっと試すだけだからこのまま使かおう。ファンが見えないが、ファンはフタの裏にでかいのが張り付いている。大きいから低速で静かではある。その方がベアリングも長持ちだろう。

|

« HDDも2テラの時代テカ | トップページ | マザーボードはASUS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HDDも2テラの時代テカ | トップページ | マザーボードはASUS »