« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

安もんケースでバックアップだ

Ac60003winsideいやはや、またまた何年かぶりにパソをパワーアップしようとパツを集めていたりするわけですが、前回困ったのは、組替えている間何もできなくなってしまったこと。sonicstageのバックアップを忘れて再度古いセットをつないで立ち上げたりと、しかも年賀状も作らないといけないし、となると、別のケースに組んでおいてあとで入れ替えるかと。新しいケースに組んでも良いのだけれども最近フルタワーのケースて案外いいのが売ってないのね。そして良さげなケースは2万3万と結構高い。また、最近は電源も好みで選択する時代のようで、電源がついてないのですね。で、一時退避用に安売りケースを買ってみたわけですが、板金はちゃちいがそれなりにはできている。しかも電源付き。でも5980円。試しに前のPOSTCODE-LED付きMBをつないでみたら、なんですかこれは。ファンにLEDがついていてなんと賑やかなこと。ファンのLEDは何の意味があるのか単にイルミネーションですかね。このEPOXのMBは起動するものの、さすがに古く、電解は全部液漏れして花が咲いているし、SATAはないしLANもないと、ただPOSTCODEが見えるのとPCIが6つもあるのが魅力的ですが、まあ、鯖にするにも使えないか。ともかく4つも5つも動いているHDDを集約したい。そこでとても悩ましい事案がいくつか出てきた。XPを使い続けたいが、2TのHDDをどうするか。メモリーは安いが8Gつけても32bit版では意味がない。64bit版のXPはもはや売っていない。100Mで充分と思っていたが、2つ並べてLANで転送するにはGIGABITのHUBが欲しい。7しかないのか。んんん。

| | コメント (0)

現役MDとCASSETTEデッキ

Ja50es_tck500rいやはや、最近のリスニングセットである。上はSONYのJA50ES、下はTC-K500Rである。いったい何年前の風景かという感じだが、バカ重いMDデッキも引っ張り出してきて積み上げてしまった。このMDデッキは10Kgくらいはあるので棚の補強が必要かも知れない。今やMDなんてという感じだが、このMDデッキのATRACのエンコーダーは最終版のではないものの、物量があるだけあって、とても安定した分厚い音がする。ATRACのSPは292Kbpsだが、いわゆる128KのMP3よりは格段に音が良い。最近のDRMフリーのMP3は256Kらしいので、ある程度ましな音かも知れないが、ともかくここ10年、低ビットレートのMP3を筆頭にあまりに音の悪い音源が氾濫してしまって、世間の聴覚レベルが格段に下がってしまったのが残念である。このMDもCDそれもノーマルCDでさえ、比べてしまうとかなり音は落ちるのだが、これくらい物量があると、まったくだめというわけでもない。最近は物量を利用してSPDIFの48Kでつないでヘッドホンアンプ代わりにしている。物量の威力は絶大で、OPAMP+バッファのシンプルなHPアンプながら、これはACアダプタで動いているM-AUDIOのFAST TRACK PROとは迫力が違う。MDもMDLPなんていう、聞くに堪えないモードを作るものだから、音が悪いものと思われてしまっているのかもしれないが、ノーマルMDもまだまだ捨てたものではない。惜しむらくはこの物量でHi-MDに対応していたらどんなに良かっただろう。時代がずれてしまっているのは分かっているが。

| | コメント (0)

おっとMDのトレーが出てこないぞ

Longer_md_traybeltいやはや、ちょっとMDを聞きたくなって、デッキを出してきたのは良いものの、おっと、トレーが出てこない。これは明らかにベルトが空回りしている。結構上等なデッキなのにトレーがゴムベルト式か? サイレントギアで連結してくれたら劣化しないのだけどねぇ。仕方がないので久しぶりに分解。おっと、上面からは見えないぞ。底面からか。あったあった。見事に伸びておる。10年以上経っているからねぇ。昔はゴムベルトは結構いろんな径のが売っていたのだが、最近は売っていても、それ自体が古そうで固くなっていたりするので、手に入るものならSONYのSSで発注した方が良いだろう。Substitute_rubberbandそういえば、前住んでいたところは車で10分ほどのところにSONYのSSがあって、よく部品を買いにいったものである。最近はSSも統合されていたりして数が減っているからどこにあるだろうか。ゴムベルト類やらデッキの消耗品交換キットなんかは在庫が大抵あったものだが、最近はどうかねぇ。で、ぴったりのが転がっていないのでとりあえず輪ゴムで代用。一応動いておる。一冬ぐらいは持つだろう。てか。ところでCDのトレーでも少しトレーを押すと勝手に引っ込むようになっているが、大昔のはマイクロスイッチが付いていたりしたが、モーターの起電力を利用してセンスしているのだね。これもモーターの軸を少し回すとトレーを引き込む動作をするようになっている。

| | コメント (0)

またまたヘッドホンがべとべとだ

Athw10_thickいやはや、だいぶん前にも載せた気がするがそれからどれくらい経ったのか、またまたヘッドホンのイヤーパッドが溶けてきてべとべとだ。そのへんにもひっついておる。これは定期的に交換が必要だ。もう少し安いタイプのオープンエアータイプだと溶けなさそうな素材のものもあるが、そちらの方が良いかも。しかし密閉型のこのタイプではそれでは意図した音にならないのかも。ヘッドホンも色々個性があるが、究極はSTAXのコンデンサ型なのかも知れないが、最近は結構いい音のが安い値段でも売っている。しかし、高いのは高いだけのことはあり、とても繊細な音がするので、ヘッドホンリスニング派にはちょっといいやつが欲しいところである。で、これはオーディオテクニカのATH-W10VTGというやつである。だいぶん袋打ちのコードなども痛んできたが、まだ音の方は問題なく、好みの音をしている。Polyure_tagイヤーパッドはポリウレタン製のようで、最近の海胆黒のジャンバーのタグにも書かれているように、始めの状態を保っているのは3年くらいのようである。その後だんだんにちゃにちゃしてきてやがてどろどろになる。ゆえに、買いだめしておく訳にもいかなく、定期的に交換するしかないだろう。スペアパーツは売っているので発注しよう。結構いい値段するので、5000円くらいのやつだと買い換えた方がかしこいかも知れないね。この前お店で比べてみたが、一見AKG見たいな外観のオープンエアーのやつ、ATH-AD2000はいい音しているねぇ。でも8万もするから買うには勇気がいるね。

| | コメント (0)

目線

Mesen★★★☆☆
いやはや、仲間さんの目線である。録るの忘れたと思っていたら、REGZAで録ってくれていた。驚いたことにちゃんとダビング10に対応していて、一回VARDIAに転送したらカウンタが8になった。さすがにTVにハードウェアエンコーダーは内蔵していないゆえ、地デジのTSのまま記録しているようで、転送するとTSになった。TSだとメディアプレヤーで再生できるので、ピロTVで鑑賞した。そしてそれをTSEでDVD-R一枚に焼いて取っておこう。さて、このドラマ、一回見てもう一回始めから見ないと各所のトリックが見つけられない。なるほどコードレスホンがダウトしている。まま、悪くはないドラマだったが、今一盛り上がりにかけるかねぇ。友子の場合の仲間さんと比べると、だいぶんお歳を召されてしまったねぇ。文也でなくて犯人役が車椅子とはこれ如何にというところか。

| | コメント (0)

なんとWチューナーだったのかすごいぞREGZA 19RE1

Regza_wtunerいやはや、レコーダーと化しているREGZA 19RE1だけれども、録画しているのにチャンネルが切り替えられる。あれぇ録画も切り替わってしまっているのか?こんな安いTVにチューナーが2つも入っているはずがない。と思って説明書を見てもどこに書いてあるのか分からない。しかしカタログを見ると、なんと、地デジとBS/CSはダブルチューナーなのだ。それは知らなかった。それで録画していても違うチャンネルを見られるわけだ。すごいではないか。この値段でWチューナーとは。いまやシリコンチューナーだと大したことではないのか。画面に見えるのは本上まなみさんだ。この場合はBSを見ながら地デジを録っているので独立して動ければシングルチューナーでも可能だが、録画中地デジ、BSを問わず自由にチャンネルが変えられるのである。

| | コメント (0)

技能講座テレビジョン技術

Television_gいやはや、スキャンの方はちょっと小休止状態でペースが落ちているが、やっと8万枚(16万ページ)を越えたところだ。棚にちょっと隙間ができてきたが、まだまだ奥の方を掘り返すと本が一杯出てくる。こんな古いのも出てきた。昔は有料放送局の教育チャンネルでこんな講座もしていたのだ。ガーデニングやら家庭菜園と同じレベルかはたまた放送大学レベルなのか。なかなか小中学生には難しい講座だったが、ものすごく興味深く見ていたのを今も覚えている。各メーカーの明らかにテレビ慣れしていない暗い講師の各位が、それでもテレビを解説してくれるのである。この頃は既に部分的にIC化されており、フル真空管の手配線のタイプではない。まま、箱はまだ木だったかも知れない。Mitsumi_tvtunerとても興味深いのはこの裏面の広告である。なんとミツミのディテントチューナーである。今やガチャガチャチャンネルのテレビの存在すら知らない世代も多いか。昔ナショナルのテレビに超音波リモコンでガチャガチャチャンネルをプランジャーでそれこそガチャガチャ回すやつがあったねぇ。超音波なので手を叩いても反応したりして。何しろ今はブラックボックスの時代。テレビもワンチップのシリコンチューナで復調されてしまう時代。すごいことであるが、やはりアナログテレビの回路がどう動いているのかを学ぶことはとても役立つことではないかね。

| | コメント (0)

Julie & Julia

July_julia★★★★☆
いやはや、久しぶりに映画鑑賞である。WOWでやっていたレアシリーズだけれども結構新しいもので、ジュリー&ジュリアである。ジュリアがMeryl Streep、ジュリーがAmy Adamsである。これは面白かった。ジュリアが苦労して出版したフランス料理の料理本を現代のジュリーが実践再現してブログに載せると言うありがちな話しながら、撮り方やら演出がうまい。またクレイマー婦人のしゃべり方が面白い。ジュリーもいい味を出している。ついつい見入ってしまった。というわけで★4つ。

| | コメント (0)

qnda0.exeとは・・・

Qndviewいやはや、qnda0.exeとは、クオリティソフト株式会社の資産管理ツールQNDの情報収集プログラムである。その動作はボットと紙一重であり、サーバーからはリモートでほとんど何でもできると言ってもいいだろう。これをインストールすることは、今のPC社会では企業のコンプライアンスマネージメント上仕方のないことなのだろうけれども、それにしても人の作業をことごとく邪魔するのである。ともかくqnda0.exeが動き出すと、CPUはそれほど使っていないにもかかわらず、日本語変換はかするは、PDFのスクロールは止まるは、Windowの更新は緞帳のように遅くなるは、マウスのクリックは効かないはと、作業が、完全にブロックされてしまうのである。メモリーが512Mしかない私のお仕事PCのスペックに問題があるというのか。これが動いてさえいなければ普段の作業にはそれほど実用的でないレベルだとは思わないが。何をしているのかとのぞいてみると、ソフトウェアイベントりの収集と称して、どうもHDDの中のファイルを総なめしている期間があるようである。ウイルススキャンは特定部分を短くなめていくが、こいつは完全に読み込んでいるのか、ともかくファイルアクセスが止まらない。困ったことに、ファイルサーバーのように山ほど古い文書をHDDに抱えているので、これがまたいつまで経っても終わらない。しかもさらに都合の悪いことに、朝PCを立ち上げて30分から1時間くらい、さあ作業するぞと乗っている時に限って邪魔しにくるのである。ちょっと席を立っていて自動LOGOFFしている間とか、どうしてもと言うならタイマー掛けて電源入れておくから夜にとかにしてくれないかねほんと。実現不可能を悟ったのかチームマイナス6を聞かなくなったが、さらにもっと不可能を悟ったのかチャレンジ25も言われるほどあまり聞かないが、こういう生産活動の効率を低下させる邪魔するソフトはもっとその動きを洗練させて欲しいものだ。そう言う意味で今の時代にお世辞にもよくできたモジュールとは言えない。プライオリティーはノーマルのようだが、頻繁に割り込みを禁止して自分だけ動こうという簡単な方法で排他処理をしているようであり、ウイルスソフトのようにユーザーに負荷をかけないようにするテクニックが足りないようである。ゆえに仕事を進めるためにはこいつをkillするしかないのである。

| | コメント (0)

だめだ容量が足りないTSE

Dub_overいやはや、みんなの鉄道の新の方は、画質が上がっているようで、スカパーHDのTSEのままだと、DVD-R一枚に入ってくれない。こまった。10分切っても入ってくれない。VRに落としてしまうか。しょっちゅう再放しているからブルレイ買ってからまた録るかねぇ。元がTSだとぴったりTSEできるのだけれどもねぇ。

| | コメント (0)

どうしてだめなんだ年賀はがきの交換

Nenga_koukanngいやはや、また年賀状の季節である。今年はたくさん喪中はがきをいただいているが、いつもこの頃思うのはどうして去年の年賀はがきを5円で今年の年賀はがきに交換してくれないのかということである。くじがついているから?くじがついていたらなぜだめなのだろうか。御上の時代は、替えてくれたこともあったがそれは替えてもいけないことを窓口の人が知らなかったからなのだとか。2年ほど前、聞きに行ったら事務的に冷たくあしらわれて無視されたので、浜寺郵便局の昼間の窓口では絶対に年賀はがきは買わないぞ。コンビニで買うぞ。ゆうゆう窓口は愛想がいいので買うならそちらで買うぞ。しかし、ぜひとも「あたらしいふつう」を作って欲しいものである。

| | コメント (0)

ダビングもできるでないのREGZA-19RE1

Regza_dubいやはや、19インチのREGZAだけれども、感心するくらい良くできている。なにしろリモコンの反応がとても軽快で、ストレスレスである。チャンネルもアナログテレビのようにすぐ変わる。これを触ったあとに、GV-MVP/XSを触ると、旧石器時代に戻ったような感覚になるくらいだ。USBのハードディスクも入手して、とうとう録画テレビになっている。これまた、RDよりもメニューやら操作性が格段に良くなっているのではないか。うまく作ってある。ダビングができるのかどうかだが、おっと、ちゃんと転送先も出てくるし、9とでているからダビング10にも対応しているような。これならどうしても残したいものはスカパー同様LANで転送してHDDに入れてから編集するなら編集して焼けばよいようだ。良くできているでないのREGZA-LINK。そうだエコポイント申請しないと。

| | コメント (0)

STAPLE REMOVERその3

Stapler30STAPLER 30
いやはや、ステップルリムーバーその3である。これはダイ粗のでDAISOブランドだ。これもゴミかと思ったら、これは使えた。ちょっと無理したら一発ふにゃけるのではないかと思っていたが意外に耐えている。うまく使わないと、紙に食い込むが、結構こじったりしても耐えている。相当固い分厚いののもむしってみたが案外強い。Stapler30_2机の上に平らに置いて使う場合は先のベロタイプが良い感じだが、これは、宙に持ったままでカタログのステップルをむしるのにちょうど良い。逆に平らなところで薄ペラい束だと、食い込む隙間がないので紙をむしってしまう。

| | コメント (1)

闇金ウシジマくん

Cowcowfncいやはや、これは映画ではないが、最近のドラマは深夜枠のドラマの方が面白いのがあるねぇ。もともと、「トリック」なんかもそうだったし、あの面白かった「未来講師めぐる」もそうだ。土俵ガールは月の恋人並みに今一だったが。「秘密」もやっているが、今日最終回か?あれは映画の方がすっきりしているねぇ。未来ちゃんはうまいが、泥臭すぎる。さて、この闇金ウシジマくんは結構面白かった。こういう乗りのをB級でつくって楽しませて欲しいものだ。キャベツ山盛りか。キャプチャーは野菜嫌いのウシジマくんにカイワレを食べさせるところ。

| | コメント (0)

ごみステープルリムーバー2

Stapleremover文具No.74 4947678189995
いやはや、つづいてもごみステープルリムーバーである。カタログのホッチキスを簡単に外す道具は売っていないかと、ダイ粗でつい買ってしまったゴミである。こちらの方がましではある。しかし、これは100円の価値はない。30円くらいだろう。こちらもこれを買うくらいなら、MAXのRZ-FEを買った方が100倍長持ちするだろう。高々200円ちょっとで売っている。Gomiremv2何がだめかというと、先端も含めて樹脂であることだ。まともなものは先端は金属のベロになっている。一応始めは使えるが、すぐに先が削れてしまうので、10回くらいしかまともに使えない。これを2回買うならMAXのを買った方が1000倍幸せだろう。またまたゴミに投資してしまった。

| | コメント (0)

ごみステープルリムーバー

4991203146199Staple Remover セリア 4991203146199
いやはや、こんなものを100円も出して買ってはいけない。これはセリアに売っていた新潟のエコー金属と言うところが流している大陸製の粗品である。カタログをスキャンするのに、簡単にホッチキスを外す道具は売っていないかと思って、セリアのを買ってきたのだが、これはゴミだった。同じものと思われるのがダイ粗にも売っているので要注意である。何しろ作りが雑すぎる。まさにゴミである。こんなものを買うなら、ホッチキスの元祖MAXの昔からあるRZ-Aなどを買うべきである。高々300円ほどである。見ればRZシリーズも結構種類が増えているのでこちらをまともに選んだ方が良い。
Rude_tip何がゴミかと言えば、材質がべきべきな樹脂で用途に向いていない。もっと割れない樹脂が必要だ。使う前から先端の金具が外れてしまっている。はめてみても、一回使うと外れてしまう。なんだこれは。うまく使うと、一番小さいホッチキスなら真ん中がくぼんで簡単に外せると言うコンセプトのようだ。もっとまともに作ってあれば使えそうだが、これではだめだわ。

| | コメント (0)

下手なリモコン

Remocon1いやはや、東芝のリモコンはどうしてこんなに変なのばっかりなのだろう。以前にエアコンの意味不明配置を紹介したが、ビデオテレビ系も、なぜか意味なく、カーソルの周りに並べないと気が済まないようだ。これが至極使いにくい。カーソルとは因果関係がないキーだからだ。もっと離して並べてくれたらどんなに押しやすいことだろう。左のはパナのだが、これくらい離れていたら少しまとわりつくデザインでも操作性には問題はない。とはいえこれはこれでやや使いにくく、「戻る」キーが東芝と逆側にあるのと、このリモコンはストロークが深く、結構押し込まないと反応しないことと、気休めのタイムバーを出すのにいちいち蓋を開けないといけないことだ。Remocon2裏面の作りも使いやすさに反した形状にしているところがうっとうしい。VARDIAの古いのは裏が丸くてまだ持ちやすいが、最近のものとDIGAのパナのは裏がくびれていて、持ちどころが無く、わしづかみにしなくては落としてしまう。一番右のSONYのが丸くて持ちやすくてシマシマが入っているので滑らなく、リモコンの裏側からつまむように持つ場合に一番持ちやすい。Narrowback左が東芝のくびれていて持ちどころのないいけてないデザインのリモコンだ。右はDIGAのパナ製だ。こちらも似た形状だが、開くフタの出っぱりが少し飛び出ているのでここが裏からつまみ持ちしたとき、ひっかかって滑らないと言う予想外の利点を発揮している。なかなかこれという使いやすいリモコンがないねぇ。それにしても大昔の幾何学的均等並びリモコンの域を脱せない、いやそれを変に丸く並べて操作性をさらに低下させている変なデザインの東芝リモコンこれ如何に。そう、シンプル簡単リモコンも東芝のは並びが変で超使いにくいのである。使ってみてから作って欲しいものである。

| | コメント (0)

PLANEX FX-08EU故障

Fx08eu_pcbいやはや、USB-ACアダプタが壊れたPLANEXのテレビの裏においていたHUBだけれども、どうも信用ならないので水牛に交換したわけだが、どんなものかと開けてみた。このHUB、フタの色違いがついていて、お部屋に合わせて色を選べるとか言う、全くの意味なしな仕様がおまけでついていた。こちらも蟹さんのRTL8039SBがついていて、こちらはUSBの5VからanachipのDC/DCコンバータAP34063で3.3Vをつくって、coreの1.8VはONSEMIのLDOであるCS5253で作っているようだ。LEDが25個もついているので、全部つく条件で使うと、ひとつ2mAとしても、50mAも食っていることになる。HUBのLEDは消せるようにスイッチをつけて欲しいところだ。驚いたことに、大陸のパワーか、マウンターの具合が悪かったのか、ほとんどのチップ部品が手付けである。マウンターの時間単価より手付けの農作業の方が安いのだろうか。Fx08eu_c28よく見るとC28が膨らんで破裂している。この電解は、LDOの出力の1.8Vについているもので、25V100μFがそんなところで破裂するものかどうか。スイッチング出力でもなく、LANchipの動作リップルでこんな電解がパンクするかな?ちなみに電解は、日本製でなく、BorHurngのPSRシリーズである。やはりあちらの島の電解は質が悪いのか。滅多に見かけないが、たまに安物の拡張カードなどについているやつである。LDOの出力なのでこの状態でも一応動いていたようだ。まあ2年ほど動いていたのでこれはゴミかねぇ。

| | コメント (0)

代替HUBはLSW3-TX-8NSにした

Eco71perいやはや、PLANEXのHUBが怪しいので代わりのを発注した。既にcoregaの代替に買ったBUFFALOのLSW-TX-8NSなら1830円と格安なのでそれにしようと思っていたが、一つ新しい省電力タイプにした。箱には71%節電と書いてある。もともと最大5W程度のものだと思うが、2.1Wと書いてある。箱にはなんかPOEのように、LANケーブルに電力が多大に供給されているように書いてあるが、まあパルストランスを通しての100BASEの信号なんて、ゼロとは言わんが、消してみたところで微々たるものだろう。それよりも明々と光るLEDの数を減らしたことの方が遙かに影響するのではないか。Lsw3tx8ns_pcbさて、何が違うかというと、電源はUNIFIVEの3.3V1.2Aで同じもののようだ。電解はマークが偽物でなければニチケミが使われている。省電力の要はHUBのチップが蟹さんのRTL8309SBからGになっていること、LEDが1列になっていること、コア電圧用のレギュレターがスイッチングタイプになっているくらいか。GタイプはGreen仕様だそうな。金属ケースに電源も空間を持って配置されているので、熱的には余裕があり、つけっぱなしの機器としては条件が良い作りだろう。これなら5年は余裕で持つだろう。Rtl8309g_28r4LANチップもコアが1.8V仕様になって、あまり熱くならなくなった。信頼性の点では良いことである。線は1本しかつないでいない状態だが、チップの表面はたった28.4℃しかない。比較例として、これは前にLSW-TX-8NSと交換したコレガのだが、謎のATAN社のAT8989Pが付いており、ヒートシンクまで貼ってあるが、Corega_fsw8pa非常に熱くなり、基板の裏が焦げて変色している。何も動いていなくてもヒートシンクが58.2℃にもなるありさまである。これは持って2年だった。そう、前にパソのネットが数時間すると切れてしまう現象の原因はこれだったのだ。結局UNIFIVEのちびACアダプタも死んだし、こちらも冷えていれば動くがかなり怪しい状態であり、HUBも作りをよく見て買わないといけない。

| | コメント (0)

地デジカード導入顛末記その4

Bad_magictvいやはや、結局このGV-MVP/XSは実質失敗だった。もしかするとUSB接続のタイプの方がましだったかも知れない。何しろドライバーやらアプリが未完成で、今時のすばらしい人柱版オンラインソフトの足下までにも至っていない。しかも私の環境では不安定で使えない。このカードのために、他のを外すわけにはいかないので、無菌室でしか使えない軟弱仕様ではどうにもならない。またそのうちマザーボードを交換するタイミングでそこで動けば良いのだが。現状BSは見えないが、HDUSの方が遙かに便利である。
それにしてもこのがっさいデザインの番組表はどうしたものか。センスが全くないねぇ。見栄えではなく、仕様に書かれていることが事務的に実現できているだけという感じの使う立場で作られたものでないのが見え見えだ。

| | コメント (0)

REGZAのここがいけてない(ONタイマー)

Regza_ontimerいやはや、特にこれといった欠点もなく、コストパフォーマンス抜群の19RE1だけれども、ここは何とかして欲しいというのが、目覚まし代わりのONタイマーだ。一応設定ができるのだけれども、ONになるとその後操作しないと約1時間で勝手にOFFになってしまうのである。エコの点からそう言う仕様にしているのだろうけれども、そこはOFFにするのをどうするかという設定が欲しかった。1時間では短すぎる場合があるのである。ONになったらリモコンで操作くださいと言われそうだが、それがうっとしい。これはソフトで変えられるからしつこく東芝に要望をメールしよう(か)。Bravia_ontimerBRAVIAの方は、ちゃんとOFFの設定ができる。ただし、まれにチャンネルが指定チャンネルにならないことがあるが、これは仕様か不具合か故障か?それとも録画設定との絡みか。BRAVIAはUSBHDDはつながらないが、赤外線リモコンで録画機器を操作して録画する設定ができる。DIGAのライン入力検出とかでも使えるだろう。ニュースを録っておきたいときは古いアナログDIGAが使える。そう、しかしDIGAは壊れないねぇ。まだ動いている。

| | コメント (0)

ネットdeRECもスタートしないのか

Notstartnetrecいやはや、代替機RD-S503は大きなトラブルもなく動いているが、スカパーHDDから転送しようとしたらなかなか始まってくれないので、テレビをONしてアラートを見に行くと、そうか、スカパーで録画失敗したように、ネットdeREC自体が、TSEフォーマットのDVDがトレーにあると、始まらない仕様なのか。これはなんでなんだろうねぇ。処理能力を超えるからか、それともDVDを転送先にできないようにか?仕方がないのでTSEフォーマットのDVDを取り出して、おっと転送がスタートした。転送自体はまあまあよそ見して他のことをしている間に終わっており、失敗することもないのでそれほど気にせずできそうだ。
Trayopennetderecおっと、トレーがでていてもだめなようだ。REGZA 19RE1だけれども、星の金貨が見えないわけが分かった。これは日テレプラスなのでノーマル画質のチャンネルだ。ノーマル画質のチャンネルはコンポジットVIDEO経由で録画するとPPV以外はコピーはノープロテクトだが、それをLANで録ると、DLNAで転送できないモードになるようだ。昔のVARDIAでスカパーリンクで録画していたものはVARDIAのDLNAでスカパーとTSのみ見えていたが、HV-L1GとREGZAでは、ノーマルスカパーが見えないという逆の状態になってしまった。ちなみにRD-S503のDLNAもやはりTSとアナログのみ見える。ゆえに地デジとBSを直後にLANで寝転んで見たい場合は一旦TSで録っておいて、あとで変換して保存するのが便利か。でもRDは500Gしかないから移動できないサイズのTSEが溜まっていて空きが少ないのが泣き所か。

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »