« 地デジカード導入顛末記その4 | トップページ | PLANEX FX-08EU故障 »

代替HUBはLSW3-TX-8NSにした

Eco71perいやはや、PLANEXのHUBが怪しいので代わりのを発注した。既にcoregaの代替に買ったBUFFALOのLSW-TX-8NSなら1830円と格安なのでそれにしようと思っていたが、一つ新しい省電力タイプにした。箱には71%節電と書いてある。もともと最大5W程度のものだと思うが、2.1Wと書いてある。箱にはなんかPOEのように、LANケーブルに電力が多大に供給されているように書いてあるが、まあパルストランスを通しての100BASEの信号なんて、ゼロとは言わんが、消してみたところで微々たるものだろう。それよりも明々と光るLEDの数を減らしたことの方が遙かに影響するのではないか。Lsw3tx8ns_pcbさて、何が違うかというと、電源はUNIFIVEの3.3V1.2Aで同じもののようだ。電解はマークが偽物でなければニチケミが使われている。省電力の要はHUBのチップが蟹さんのRTL8309SBからGになっていること、LEDが1列になっていること、コア電圧用のレギュレターがスイッチングタイプになっているくらいか。GタイプはGreen仕様だそうな。金属ケースに電源も空間を持って配置されているので、熱的には余裕があり、つけっぱなしの機器としては条件が良い作りだろう。これなら5年は余裕で持つだろう。Rtl8309g_28r4LANチップもコアが1.8V仕様になって、あまり熱くならなくなった。信頼性の点では良いことである。線は1本しかつないでいない状態だが、チップの表面はたった28.4℃しかない。比較例として、これは前にLSW-TX-8NSと交換したコレガのだが、謎のATAN社のAT8989Pが付いており、ヒートシンクまで貼ってあるが、Corega_fsw8pa非常に熱くなり、基板の裏が焦げて変色している。何も動いていなくてもヒートシンクが58.2℃にもなるありさまである。これは持って2年だった。そう、前にパソのネットが数時間すると切れてしまう現象の原因はこれだったのだ。結局UNIFIVEのちびACアダプタも死んだし、こちらも冷えていれば動くがかなり怪しい状態であり、HUBも作りをよく見て買わないといけない。

|

« 地デジカード導入顛末記その4 | トップページ | PLANEX FX-08EU故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジカード導入顛末記その4 | トップページ | PLANEX FX-08EU故障 »