« 最近のテレビ番組の堕落と黄昏・・・ | トップページ | ATERM8700その後 »

サーバールームのクーリングファン故障

Fixedfanaxisいやはや、昼間ずっと動かしていたサーバールームのクーリングファン、別名扇風機が壊れてしまった。唸っていて回らない。仕方がないので開けてみたら、隈取りモーターの軸が固着している。隈取りモーターの固着には、例の1年しか持たないシャープの除湿器に散々悩まされたが、こちらは東芝の扇風機だ。後ろ側の軸に首振りのギアがつながっているのでここらの油が切れて固いのかと思ったが、そうではなくてやはり軸が焼き付いているようだ。隈取りモーターの品質もピンキリで、コイルやら短絡ループなどはまず壊れないが、やはり軸の出来が寿命に大きく影響する。ベアリングならたぶん持つのだろう。メタル軸受けのがだめなのだろう。556やらシリコンオイルやら浸してみたが効果なし。軸までばらしてもねぇ。固形物が焼き付いているくらいなら削れば直るかも知れないが、これは捨てるか。ファンに使うと、風圧と逆向きに軸の支えに力がかかっており、そこが削れてくると摩擦が大きくなって回らなくなる。交換部品でも1000円程度のものは軸がベアリングでなくこの程度の大陸製様のできものである。
ついでに例のシャープの除湿器は軸がギーギーうるさいのを叩いてだましだまし、機嫌のいいときに畳の部屋で動かしていたら、タンクから水漏れして気がつかないうちに畳が水浸しでカビが生えてしまった。あんまり腹立つので、蹴飛ばしたら割れてしまって、現在はベランダでチャリンコの転倒防止台の余生を送っている。

|

« 最近のテレビ番組の堕落と黄昏・・・ | トップページ | ATERM8700その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近のテレビ番組の堕落と黄昏・・・ | トップページ | ATERM8700その後 »