« 日立マイクロコンピュータデータブック周辺LSI編(昭和60年9月) | トップページ | もう解禁?星の金貨再放送 »

無線と実験

Mj200109いやはや、こちらはまだ現役の雑誌であり、知っている人はオーディオ専門誌だと思うけれども、むかし大学の図書館に、これを定期購読リクエストしたら、無線の本はCQ誌が既にあるので見送りますと言われてしまったことがある。大昔は無線の本だったのだろうけれども、知る頃からは既にオーディオの本であるね。そしていつの頃からか注目はやはり金田式DCアンプだろう。金田式DCアンプと言えば2SC1400と思っていたが、最近は真空管でやられているようだ。暇とお金があればオーディオにも注力したいが、なかなかねぇ。そう言えば前にDCアンプ試聴会に行ったのを思い出した。後ろの方で聞いていたのだがビッグバンドがリアルに鳴っていた。この本最近は買っていないのだが、結構な数あり、しかも高校の図書館で廃棄されたのをもらってきたのもあり、既に黄色くなっておりもはや現物でおいておくのは無理か。んんんんん。

|

« 日立マイクロコンピュータデータブック周辺LSI編(昭和60年9月) | トップページ | もう解禁?星の金貨再放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日立マイクロコンピュータデータブック周辺LSI編(昭和60年9月) | トップページ | もう解禁?星の金貨再放送 »