« 地デジカード導入顛末記その2 | トップページ | しまった「謎の円盤UFO」をやっていたとは・・・ »

OS/2パワーガイドブック

Os2powergISBN4-7741-0036-6
いやはや、結構レアな本も色々あって、置いておきたい気も相当あるのだけれども、それを言っては始まらない。この際、炒ってしまおう。この本の時点のOS/2がどのくらいの位置付けのものだったかは既に忘れてしまったが、PC-DOSやらOS/2warpの評価版フロッピーとかが雑誌に付いていたのを思い出す。DOSもWinも動くとは言ってもWinも3.1だからねぇ。でもOS/2はプリエンプティブマルチタスクを実現していて、仮想DOSマシンが複数動いたりしたのである。詳しくはwikiあたりに書いてあるだろう。結局WindowsNTの元はこれなのではなかったか。今でも古い装置やらのOSにはまだOS/2で動いているものもあるかも知れないねぇ。Os2powergbackそれよりもこの表紙の裏のIBMの広告が新鮮だ。まだまだ若い山口智子さんだ。トラ技の広告の量すなわち本の分厚さが、その時点の景気を現しているように、古い本の広告は、同じくその時代の貴重な資料であり、記事にも増して興味深いことがよくある。ゆえに月刊誌も年に一冊くらいは全部取っておきたいものだ。

|

« 地デジカード導入顛末記その2 | トップページ | しまった「謎の円盤UFO」をやっていたとは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地デジカード導入顛末記その2 | トップページ | しまった「謎の円盤UFO」をやっていたとは・・・ »