« WindowsNTpress#1 1998.FEB | トップページ | 無線と実験 »

日立マイクロコンピュータデータブック周辺LSI編(昭和60年9月)

Hitachi_peripheralいやはや、これは今となってはかなりレアである。途中ページが抜け落ちてしまっていたりして全部残っていないのだけれども、相当黄ばんできたのでこの機会についに捨てることにしよう。古い機械を直そうとしたときに、これだけインターネットのデーターシートサイトが氾濫した今でさえ、手に入らない古いチップがあったりする。まあ、チップ自体が壊れていると、おそらく手に入らないので、直しようがないけれども、少なくとも何をしているのかまでは分かるかも知れない。何がしたいのかが分かれば、今時のもにに置き換えることもできるだろう。Hd6850これは廃棄されたときにもらってきたものだが、今では化石のような周辺ICがたくさん載っている。HD6821,6840,6845,6850,6852,46508,6810,68450,63484なんかが載っている。まあ、電解コンが腐っているかも知れないが、この頃の部品は物量的にごついので、案外まだ動いているものもあるかも知れないねぇ。ワンチップコンに置き換えられてしまっているかも知れないが・・・。

|

« WindowsNTpress#1 1998.FEB | トップページ | 無線と実験 »

コメント

If you could e-mail me with a few suggestions on just how you made your blog look this excellent, I would be grateful.

投稿: nurse assistant | 2010/11/10 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WindowsNTpress#1 1998.FEB | トップページ | 無線と実験 »