« やってしまった刃こぼれだ | トップページ | 友子の場合 »

分厚い本は切れるのかの巻き

Thickbookいやはや、分厚い本は切れるのだろうか。これは画用紙のような比較的1枚1枚が分厚いタイプの本で、あまり詰まった紙の本ではないが、213ページプラス表紙とカバーまで丸ごとだとどうかと切ってみた。異機種接続とTCP/IP絵とき読本 1990年5月15日 第1版第1刷発行 定価2600円である。Isbn427407577xこの手のパソ系の本は、既に20年経っており、いや、これはまだ現行でも役立つ内容ではあるが、古本に持って行っても、値段が付かないか10円か大まけで50円と言ったところであほらしくて持って行けない。
おっと、あっさりと切れた。こちらもデーターとして保存して古紙行きだ。大枚が少しでも置いておけることで自己満足、そして納得しよう。

|

« やってしまった刃こぼれだ | トップページ | 友子の場合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やってしまった刃こぼれだ | トップページ | 友子の場合 »