« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

あいこを食べよう

Aiko_2010いやはや、あいこも赤くなってきた。こちらは熟しても皮が結構固いので、ある程度ほっておいても大丈夫だ。赤くなってから食べるとなかなか甘い。手前のはこの前だいぶん風で落ちてしまったミニトマトである。もう一つのは、普通のミニトマトだと思っていたらなんだかデカくなってきて、もしや普通のトマトだったのかも。さて強風の中で赤くなるまでぶら下がっていられるかな。

| | コメント (0)

アウター受けのないフロントディレーラー

Frontderailer_outerholderいやはや、最近のフロントディレーラーはアウター受けが付いていない。ゆえにポン取り替えができないのであるが・・・。2案検討中・・・・。その1つ。部品が増えてみっともないが、これは実用範囲ではあるだろう。シートポストにぴったり合うクランプでシートクランプの真ん中に入れるアウター受けをネジ止めしてディレーラーの下に固定する方法・・・・。 もう一つは、この写真を良く見ると、すでにディレーラーのクランプにタップを立てたあとなのですが・・・。それは次回に。

| | コメント (0)

ミニトマトを食べよう

Mini_tomatoいやはや、ガーデニングネタが滞っておりますが、ベランダは結構ジャングル化してきております。残念なのが、ブルーベリー・・・。やつにつぼみを食べられて、実があまり付いていません。例の籾殻を入れた鉢のトマトはもう食べ頃。と思っていたら、日照りの良い日に一気に熟してしまって、一部落ちてしまいました。何しろトマトは脇芽が伸びるのが速すぎて、週一では既に蔓科の植物のように茎がめちゃくちゃです。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう7

Umesirup100624いやはや、良い感じになってきた。うめさんもだんだん梅の種のようになってきた。ここまで来ると梅肉も固くなってしまい、もはやジャム化も無理な状態か。そろそろ取り出しても良いかも。琥珀色の濃厚な感じだ。垂れるとすぐに結晶化するほど糖分は濃いが、梅の酸味は強力に溶け込んでいる。まだ味見してないが、今度熱かったらアイスロボに出動願おう。それにしても、全くの水分のないところから、この液体は梅から全部出てきたのか。実に不思議である。

| | コメント (0)

また^18ジョーシンの粗品

J_sosina1006いやはや、また^18行ってきました。粗品をもらいにジョーシンに。今回はまたまた布ものシリーズ、りらっくまのキラふわバスタオルであります。まま、ホテル仕様とは比べのものにならないぺらぺらですが、綿100なので、汚れたらちゃり掃除やらワックスがけにも使えますか。今回は配置換え新装開店後の泉佐野店に訪問。入り口付近が広くなって良くなったのではないでしょうか。閉店売り尽くしにはさすがにいけませんでした。しかしまた、みどりの売り尽くしは勢いが足りませんなぁ。最終日ギリでも蛍光灯など20%引きのまま。結局売り尽くす気はないのでしょう。唯一、リビング系で家具等に狙い目があれば、お買い得があるかも知れませんが、電気系はわれわれ電気ものおたくには魅力がありませんねぇ。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう6

Umesirup100619いやはや、完全に液化して、梅のシワが増えて梅が小さくなり、液面に浮いている感じだ。かなりいい感じだ。泡立っているのは瓶を振った直後に写真を撮ったからで、落ち着けば全く泡はない。前回はかなりしわしわになるまで梅を漬けておいたゆえ、それは食べても甘いだけで味が抜けていておいしくなかった。今くらいに出せばまだおいしいのかも。反面、この前の失敗梅酒の梅は、かなり味が残っており、実はとてもおいしい。凍らしてシャーベット(但しアルコール含む)にもしてある。これはエキスが梅酒側に抽出しきっていないと言うことでもあるね。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう5

Umesirup100615 いやはや、たった1週間でほぼ液化完了である。今のところ順調である。カビも醗酵も大丈夫そうだ。やはり頻繁にかき混ぜると言うか瓶ごと振るのが正解のようだ。梅もかなりシワが増えてきて小さくなってきている。もう1週間ほど漬けておくかね。

| | コメント (0)

Y型アースターミナル

Terminalsa5裸圧着端子 5.3mm Y型アースターミナル
WIRING-TERMINAL A5 20個入り
いやはや、次はアースターミナルである。根元のキャップも付いているが、これは抜き型の形が悪く、Yの部分とかしめる部分の分離ができておらず、圧着するとYのところが変形してしまう。これはぱちもんの類だろう。
ハンダ付けがいらないとあえて書いてあるが・・・・
Terminalsa5solderとはいえ、半田付けしてしまえばどうと言うことはない。向こう側がかしめてみたところ。手前は半田付けしてみたところだ。これなら普通に使えるだろう。車の配線はアースを取ることが多いので、この手の薄っぺらいY型端子は重宝するものである。半田付け専用と割り切ろう。


| | コメント (0)

夢遊病チャレンジ25

Big_crane_silhouetteいやはや、おぼっちゃまんが25%ダウンが本当に可能と思っているのかとぶっ飛んだのも既にだいぶん前だが、日本はすべての生産活動と経済活動を停止するのか。文明を放棄して全国民、自給自足の原始生活に戻るのか。それでもいや逆に色々エネルギーを使っているのではないか。エアコンが何ワットで動いていて、蛍光灯が何ワットで、電気の単価がいくらかなんて、知るよしもなさそうなポッポだったが、25%を目指したままの景気の回復は無理だろう。既に昨年は1000円高速など全く逆行することも多かった。何しろ人間の知的な活動に適した温度は最大25゜Cだろう。冬季の方が格段にあらゆる効率は良いと思う。個人的には20~24℃が最も効率の良い温度だ。28℃を冷房というのかどうか、一応エアコンの冷房サイクルは動いているから冷房なのか、冷房を28℃にして効率を60%ダウンするのと、25゜Cにして効率90%を狙うのとどちらが知的か、はたまたどこかの市役所のように、暖房を弱くして、全員で足下に最も効率の悪いセラミックヒーターを持ち込んでブレーカーを飛ばしてデーターもなくすのか、はたまた全デスクに扇風機を配置して、うちわを仰ぎながら、うとうとと、効率100%ダウンを狙うのか。何が目的なのかよくある世間の5S活動の末期症状のような現状にお悩みの同類の貴兄、ご苦労お察しいたします。今の文明をほんの少し先延ばしできたところで、地球の活動からすれば微々たるものではと思ったりしますね。

| | コメント (0)

ロゴがなくなったブルックス

Brooks_saddlecoverいやはや、ブルックスのサドルカバーの替わりも発注しておいたのだが、おっと、ロゴの印刷がなくなっている。ロゴがワンポイントでよかったのにねぇ。単に抜けているだけか? サドルはしばらくオイルを塗っていないので、外してきてオイルを塗ろう。


| | コメント (0)

エアコンの穴の隙間を塞ごう(不乾性ねんど)

Ap2001いやはや、やっと買ってきた。と言っても少し前だが・・・。エアコンの穴の粘土を取ってしまったので、埋め直しである。ちなみにこのエアコン工事用の粘土、一つ50円か60円くらいなので、虫がひっついたり黒くなってしまったときは、買ってきて交換すればよい。この粘土、だんだん硬化はするが、数年は乾かないようなものなので、余計にコバエやらが埋まってしまったり、ススが溶け込んだりするのである。昔はホームセンターなんてなかなかなかったので、容易に入手というわけにはいかなかったが、いまではどこのホームセンターでも売っている。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう4

Umesirup100613いやはや、すごい変化である。もうかなり液化している。これは瓶ごと振った後、落ち着いたところである。ここ数日は頻繁に振っておくべきだろう。フォークで穴を開けると速いと書いてあるレシピもあるが、前に作ったときはそのままで特に問題なかったので今回もそのままである。さあどうなることやら。

| | コメント (0)

IRDのボスフリーとは

Ird_5s_1328いやはや、これはCRCで買ったものではないのですが、昨年あたりから話題になっている、IRDのボスフリーを買ってみた。本当は23700というクロスレシオなのを買いたかったのだが、品切れとのことで、少し飛び飛びの23704を買ってみた。5000円程とshimanoのちゃいにーに比べるとちょっと高いが、もの的には安いのではないかな。なにせ、今や手に入らない5段でボスフリーである。ネーミングもすごい、Defiantである。正に挑戦的というか、ニッチアイテムだろう。アジアのメーカーはデパートの75ドル自転車用の安物しかつくってないと、IRDもぼやかれている。ほんとにそうだ。だからわれわれが、いいのを作ったぞ。それも安く。だそうだ。
Ird_5s_1328_back裏にはボスフリーの証のハブネジがある。サイズ的に合うのかどうかだが、5段なら入るだろう。問題は最小ギアが13Tと極小であり、その位置でチェーンがリアエンドに当たらないのかと言うところだ。泥よけのステーのナットも半分に厚みを削ってあるが、そのへんだけ少し気になる。今度付けてみよう。ラチェットが20爪と細かいようで、ラチェットの音が、オイルの中で回っているかのようなソフトな音だ。クロスレシオの方も欲しいところだ。しかし26インチで前50後ろ13だとめちゃくちゃ重いか。平らなら相当飛ばせるけど、走り出せない重さか。13インチの折りたたみに付けたら最強だねぇ。

| | コメント (0)

久しぶりにUKから通販

Crc_taxonいやはや、そろそろ火山の噴火の影響もおさまったかなと、ユーロも安いので久しぶりに一発、CRCから購入した。ままレートはドル建てなので、両方安いときが狙い目か。いろいろ細かい部品などなどを発注したが、なんとホイールの入るようなデカい箱で送ってくるものだから、目立ってしまって課税されてしまったではないか。郵便局に手数料200円を上乗せされるので、700円もとられた。デカい箱で送るというので送料もかかっており、今回はあまりお買い得ではなかったかも。とはいえ日本のショップにないバーゲンをやっていることがあり、それはそれで捨てがたい。ゆえにEMSの送料が1500円くらいに納まるように買うのがかしこい買い方か。今回は別の理由でいくつかチャンスを逃してしまったのだが・・・。それはまた別に書こう。何かというとpaypalの制限である。
Crc_gasapackしかも、例によって、お世辞にもお勧めできないUK式梱包である。緩衝材は一切なし。デカい箱の中でがさがさ送られてきた。取っ手の穴があるのに小さい部品が飛び出してなくならずによく届いたものだ。重い部品は中で小箱から出て暴れていた。日本でこの送り方をされたら、クレームになるだろう。税関を通すのにはこの方が楽だろうが。ゆえに、黒ゴミ袋巻きにせよ、どうのように梱包されるかを予想して、ものを組み合わせることが必要だ。バッグ類など壊れないものなどや、元の梱包がちゃんとしているものは特に気にすることはないだろう。今回特に飛び出て遊んでいたものはカセットBBだった。

| | コメント (0)

かもさんいらっしゃーい2010

Kamosan100612いやはや、今年もかもさんがおいでになった。田植えの日にもうはやおみえである。でも、今年はお一人様だ。どうしたのだろう・・・。しかしりっぱな体格のカモさんである。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう3

Umesirup100612いやはや、もうかなり溶けてきた。今のところいい感じだ。上部の空気に触れているやつが危険だ。この後、フタにサランラップをかぶせて、漏れないようにして瓶を振ってかき混ぜよう。

| | コメント (0)

ダイ粗ホースシリーズは使えるかの謎3

Hosejoint16HOSE JOINT SERIES No.16
TAP・SPRAY NOZZLE CONNECTOR WITH AUTO-STOPPER
いやはや、続いては、コネクタプラグである。ストッパーなしとありと、普通の径用と太いタイプ用の4種類あるようだ。残念ながらスリムタイプ用はない。ストッパー付きも同じ値段で、本体の構造は同じようであり、買うならストッパー付きを買っておくべきだろう。真ん中に水圧で栓をするストッパーが嵌っており、なんとOリングがパッキンと抜け止めを兼ねて嵌っており、これなら漏れは少ないだろう。もちろんストッパーがある分最大流量は邪魔されるが、それほどの流量はいらないので充分だ。Oリングを取ってストッパーを抜けばストッパーなしにできる。ストッパーがなぜいるかというと、水源側のみならず、先端側もホースが長いと、耐圧ホースが弾力で膨らんで水圧に耐えて水を保持しており、蛇口から抜くと、先端側から膨らんでいる分が縮んで相当な量逆流してくるからである。Hosejoint16_2ここにストッパー付きを使うと、蛇口から抜いてもバシューと逆流しないわけである。さて同様の安物は例によってコーナンバージョンがある。右がコーナンバージョンだ。こちらのストッパー付きは、ストッパーなしと構造が違っており、共用されていない。中に緑色のストッパーが遊んでおり、水圧で栓をする構造だ。ストッパーの径が大きいので流量には影響が小さそうだが、このコネクタはストッパーを内蔵したばかりに大きな欠点があり、やや不安な接続状態となる。それはホースのささり深さがストッパーなしの半分くらいしかないのである。つまりホースを噛んで保持している部分が少ない。その点、ダイ粗版の方はストッパー付きでもなしと同じだけかなり奥までホースを差し込めているので安心感がある。そんなわけでこのチープタイプのコネクタとしては、ダイ粗版の方が良くできている。勘合についてもバリ感は特になく、しっくり嵌っている。これも確保対象だ。

| | コメント (0)

えだまめ

Edamame1いやはや、ガーデニングネタである。もう植えるところがないと言っているのに、苗を調子よく買ってくるものだから、仕方なくちっちゃい鉢で発育中の枝豆である。なんと、いつの間にかもう早さやが付いている。いつの間に花が咲いたのか? かわいそうだから仕方なくもう少し大きいところに移すかなぁ。というところである。さて、食べられるところまで育つのかどうかだが・・・。

| | コメント (0)

梅シロップを作ろう2

Umesirup100610いやはや、まだ三日しか経っていないのだけれども、変化が早い。もう底の方は液化してきている。ぎりぎりフタまで埋まっていた砂糖は一段下がっている。まだちょっと振っても混ざらないけれども、できるだけ瓶を良く振って均等に混ざるようにするのが良いだろう。


| | コメント (0)

梅シロップを作ろう

Umesirup100607いやはや、クッキングネタのつづき梅シリーズである。例年忘れているのだけれども、イズミヤに行ったら、南高梅がそろそろ処分されかけていたので、1Kgだけ買ってきた。698円だったが高いのやら安いのやら・・・。梅酒は腐らないのでほっておいてもよいのだけれども、梅シロップはやはり持っても半年だろう。毎年作らないと傷んでくるしおいしくない。アイスロボのかき氷には梅シロップが必要だ。とはいえ作るのは簡単だ。梅を砂糖責めすれば良い。最近お気に入りのてんさい糖(1kg袋298円)を入れてみた。梅1Kgとてんさい糖1Kgできちきちだ。梅が多すぎる気もするがまあいいだろう。砂糖は氷砂糖よりも粉の砂糖の方が梅との接触面積が広いので抽出が速い。茶色い系の砂糖で作ると、黒蜜みたいなシロップになるはず。問題は最後までカビが生えずにできるかどうかだ。この状態から液になるのが不思議だけれども、砂糖が梅の水分を全部吸い出してくる。そして梅がしわしわになって小さくなれば成功だ。さてどうなることやら。DASH村風にLIVEカメラで「梅カメラ」とか言って定点観測したいところだが、それはじゃまくさいのでやめよう。しかし結構速く変化するので定期的に様子をご紹介しよう。うまく行けばだが・・・。

| | コメント (0)

ダイ粗ホースシリーズは使えるかの謎2

Hosejoint18HOSE JOINT SERIES No.18
2-WAY SNAP-IN COUPLING
いやはや、つづいてニップル編である。2つはいっていて100円だ。一応ABS樹脂でできているようであり、こちらもそれほどバリはなく、Oリングも付いている。強度的にもある程度分厚いのでしっかりしている。同様の廃価ものはLifelex版でホースニップルLFX09-9222 1つ¥198円があるが、Hosejoint18_2これならこちらの方が綺麗かも知れない。3つも買ってしまった。スリムホースはストッパー付きのコネクターやら、流量コネクタなどのオプションがないので、コネクタが多くなるが、途中でつなぐしかないと言うわけである。まあ5年持てば上等だろう。それほど露出していないので日焼けすることもないだろう。勘合についてはLifelex版とタカギ製はぎこちない組み合わせがあるが、わりとこれはどれともしっくりきている感じなので、実用上支障ない。確保しよう。

| | コメント (0)

ダイ粗ホースシリーズは使えるかの謎

Hosejoint19HOSE JOINT SERIES No.19
コネクタを使って ホースとホースをつなげる 三ツ口ジョイントニップル
いやはや、如何に手抜きで水やりをするかを追求している訳である。そこで分岐を増設するために、ダイ粗のホースパーツシリーズがどんなものか買ってみた。今まで安いものとしては、コーナンのLifelex版があったが、それなりな出来映えのパーツであり、どちらが値段相応かということである。もちろんタカギかカクダイで揃えたら最高だが、万札がいるので手が出ない。なかなかホースの分岐はスマートにつなぐ方法がなく、塩ビパイプの水道管で分岐を作ってみたものの、なかなか小さくできなく、結局各所に三つ叉を配しているのが現状である。Hosejoint19_2結論から言うと、これは問題ない出来具合である。コーナンのには昔真鍮でできた物があったが、それには及ばないものの、まま奇麗だ。あとはUVにどれくらい耐えるかだろうか。朽ちたら交換すると言う使い方なら問題ないだろう。意外に樹脂にバリはなく、Oリングも普通にちゃんと嵌っている。つないでみたところでも問題ないようだ。

| | コメント (0)

じゃこさんしょを作ろう

Smallfishwithjappepperいやはや、またまたクッキングネタである。この前、有田のぶどう山椒の実を何時間もかけて奥様が必死でもいで煮てくれたので、これを使ってじゃこ山椒作りである。じゃこ山椒もいろんな作り方があると思うが、極端なことをしなければどう作っても適当においしい。舌がしびれるようなじゃこ山椒と白ご飯があれば、おかずはいらない?かも。
Smallfishwithjappepper2特に特殊なものはいらない。何度か作ってみて、この分量に落ち着いている。おじゃこは、兵庫県産のちりめん中干し70gを使った。水気が足りないので、古い日本酒適量で潤す・・・。減塩醤油大さじ3杯、みりん大さじ3杯のみ。山椒の実はこれまた適当。観光地で売っている、そこの店の裏で作っていそうな日持ちしないものはおいしいが、日持ちする物は、辛すぎるし、カラメルが多すぎるし、山椒もあまり効いていない。ゆえに、この作ったやつにはどれも及ばない。醤油控えめだとお酒のおつまみにも最適だ。
Smallfishwithjappepper3汁気がなくなるまで焦がさないように炒れば完成である。すぐ食べるので、少々汁気が残っていても全く問題ない。山椒の実さえあれば、実質10分くらいあればできるので、とてもお手軽である。日持ちを気にすることはない。この程度の量だとすぐに食べてしまうからだ。山椒の実は冷凍しておくと良いねぇ。完成品がなぜあんなに高価なのかはその手間を体験すると分かるねぇ。

| | コメント (0)

近所でバードウォッチング:ムクドリ編

Mukuいやはや、田植えを前に畑が耕されてしまって、ケリの居場所がなくなってしまったようだ。昨年はうまく荒れ地に逃げていた風だが、今年はそこもなくなってしまい、親鳥がつまんで移動できなかったとしたら、絶望的か。見つけることができなかった。かわりに濁った泣き声で朝からうるさいムクである。ベランダの隅っこに早朝から複数でやってきて、巣でも作ろうというのか、ギュルギュル鳴いておる。集団で地面を歩いてうろうろしておる。こちらもすばしっこいのでなかなか写真が撮れないが、たんぼの横で撮ってきてこれは4倍くらいトリミングしているものである。

| | コメント (0)

放置梅酒出現

Umesh200xいやはや、押し入れの奥から梅酒の瓶が出てきた。溢れて噴き出しておる。結構色が濃くなっているが、梅が入ったままだ。いつのだろう?張り紙がどこか行ってしまっている。ここ5年内であることは確かだが・・・。味見をしてみた。んんん。これはホワイトリカーのようだが、甘さが足りない。氷砂糖が足りなかったやつか。全くシワのない梅も食してみた。んんん。まだ梅に味がかすかにあるぞ。と言うことは、糖分不足でエキスが完全に抽出していないということだ。今更遅いが・・・。良く成分の出た梅は、ほとんど味のない果肉になっているものである。やはり砂糖は多い目くらいで漬けて、あまりに甘いというならできてから同種のお酒で薄めるべきだね。まま梅酒なので甘いままでよいと思うが。と言うわけでこれは失敗作だ。だいぶん濁っているので梅を取り出して、少し氷砂糖を足して甘くしたら飲めなくはないかな。

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »