« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

飛ぶ練習中のツバメとケリ

Swallow100529いやはや、今住んでいるところはツバメがいっぱいだ。商店街の軒下はツバメの巣だらけである。これまた両極端で、店頭のとびらの真上でさえ、板を取り付けて歓迎している人もいるかと思えば、ひさしのテントの下にさらにテントを張って一切止まれるところをなくしてツバメ除けをしている人もいる。夜にひさしの下の蛍光灯の陰で、くるっとクビを羽に埋めて眠っている親ツバメは可愛いものである。雛も大きくなると近所をぐるぐるかすめるように飛び回って飛ぶ練習をしておる。これまた素早いのでなかなか写真に撮れないが、ケリもツバメは自分より小さいので特に気にはしていないようである。こんな小さい身体で渡り鳥というのもすごいことである。

| | コメント (0)

ベランダバードウォッチング(やつ)

Yatsu100529いやはや、久しぶりにやつと遭遇である。色があまり可愛くないやつである。やつの視線の先には、真っ赤に熟れたイチゴがぶら下がっているのである。様子をうかがいながら、つつくチャンスを待っているのである。イチゴも繁殖力旺盛で、どんどんランナーを伸ばしてきて、そこに土があれば勝手によその鉢に根付いていたりする。さらにほっておくと、ちゃんと実をぶら下げている。そしてそれはやつが啄んでいくのである。先に食われないためには、酸っぱいうちに採ってしまうことか・・・。 ちなみに後ろの丸いのはスカパーのパラボラである。

| | コメント (0)

ケリウォッチングつづき

Keri100529いやはや、1万5千円レンズでケリの撮り直しである。と言っても既に一週間過ぎている。しばらく眺めているといたいた。3羽雛がちょろちょろしている。巨大なカラスに食べられずに、田植えまでに巣立てるのか。巣らしき巣はないようだが。今年もまた3羽のうちの1羽は気ままに単独行動しているようだ。2羽は比較的一緒にうろうろしている。一切餌をやらないケリおやも、寄ってきた雛は羽の内に抱くようだ。この写真でも1羽は右の羽の中にいる。というわけで、また暇を見てケリウォッチングも続けましょう。あまり近づくとキーキーうるさいので、300mmではこれが限界。もうちょっと画素数があれば、このままでもトリミングすれば充分解像度はあるだろう。そろそろ20Dも限界かな。

| | コメント (0)

またまた改装閉店処分セール

Wh3311wpいやはや、1年半ぶりの売り尽くしセールである。売り尽くしセールには本気バージョンと、開店と閉店ののぼりを同時に立てたりする客引きだけの紳士服量販店バージョンがあり、今回は本気の方だった。但し比較的小さい店舗だったので、出物には限界があったが、例によってまたまた小物の半額やら最終たたき売りやらではいくつか面白い物が入手できた。売り尽くしの初期の2割引きは通常の販売価格からの割引きでかつポイントが付かないから、よく見て買わないと特売日よりも高い物がごろごろしている。メディア類も2割引きだと、割引きチケット価格よりかなり高いのではないかね。このチャンスに買い頃なのは蛍光灯だ。パルックプレミアなんかが半額というのはあまりないので使う物を買い占めよう。しかも何を血迷ったか、半額をさらに半額にしてくれて75%引きでいくつか買えたぞと。こういうチャンスを逃がさないために、ドメインの隠しページに家の蛍光灯やらシェーバーの替え刃やら消耗品の型式一覧を見られるように入れてある。これをimodeで表示すればどれがいるか一目瞭然というわけだ。さてこれはパナのタイマーだ。昔のテクニクスのオーディオタイマーもこんなのがあったねぇ。ままこれの類は配電盤の中ではまだ現役でたくさん使われている。さすが電工製である。REVEXなんかの安物とは質感やら操作感を含め明らかに出来が違う。これぞ誇るべき日本製の一つだろう。ちょっと398では手が出ないが1190円なら買ってしまう。

| | コメント (0)

錆びた鍵を交換しよう

Rustringkeyいやはや、8900円の買い物ちゃりは、各部パーツを足し算すると、いや配分するとそれぞれはいくらなんだと言うことになる。それゆえ、ステンレスカゴと言われる、磁石のひっつくステンレスぽいメッキのカゴは数ヶ月で錆が浮き、SANYOの偽物と思われるダイナモ一体型ライトは、半年も稼働しないまま崩壊し、ステンレスとこれも謳われる泥よけは、タイア側の裏から朽ちていくのである。そして駅前から持ち去られて里帰りする奴もいると思えば、元値よりも高い部品をおごられて乗り続けられる奴もいるのである。GORINの鍵が錆びてかからないし、鍵抜いても開いたりするぞと言うことで、サイクルあさひで買ってきた。そういやCORINと言えば、久しく通ってないが、上野横でビル間赤外線通信をしていたバイク屋群だったが、倒産したのだとか。
Jc015clbalこの鍵は一文字違いのGORINである。買ってきたのはアルミのカバーのリングキーで、キーがディンプルキーの奴である。まあこんなディンプル、バンピングキーがあれば気休めにもならないのかも知れないが。そして取り付けは単なるプラスネジ。ドライバーがあれば簡単に外せる?と思いきや、わっかになって閉じていれば外してもタイヤに通っているから鍵としては機能しているのか。上野樹里と五つの鞄の旅の間のように石で叩いても取れないと言うことだ。これで買い物ちゃりが一つ快適になった。

| | コメント (0)

エアコンダクトにホースを通そう

Airconpipewithhoseいやはや、そのうちやろうと思いつつずっとやっていなかったのだけれども、この前からホースをサッシから引き出している間に、いろんな虫が入ってくるのに業を煮やして、とうとうホースを通してしまった。この箇所だけ換気付きエアコンが付いていて、さすがに普通のホースは太くて隙間が少なく通らないので、スリムホースである。この部分はあの日焼けする奴ではなくて、タカギのスリム延長ホースである。120円/mくらいで切り売りしている奴と同じである。前に安売りしていたときに買ってあったものだ。あとは、如何にして室内側に水漏れを起こさないかをどう工夫するかなのだが・・・。それはまた別コラムで。それより粘土を詰め戻さないといかん。

| | コメント (0)

今年も洗濯槽クリーナーを使おう

Tw1いやはや、またまた洗濯機の中が何やら臭う季節になってきた。そう言えば例の強力アルカリクリーナーを久しくしていないことを思いだした。お気軽298円のクリーナーは何度かしたような気もするが、それらは大して威力がないので、たまには強力アルカリ版で一晩つけておくべきである。今回は、送料込みでも安かったので東芝版のT-W1を買ってみた。1300円+送料だった。これはパナのN-W1、日立のSK-1と同じ物で、ユシロ化学が作っている次亜塩素酸ナトリウムの濃い奴だ。ゆえにどれか安いやつを買えばよい。何か買うときに一緒に買っておけば良かったのだが、忘れていたので週末に使えるかと急遽これだけを送料覚悟で買ってみたのだが、おっと、一番いけてない福山通運で送られてきたもので、うまく受け取れなくてまだできていない。基本的に日中配達のビジネス便主体の運送やさんは、変に宅配をやらないで欲しいものだ。受け取りにくくて仕方がない。近いから取りに行けたらまだましなのだが、トラックで持ち回っているから取りに行きたくても物が営業所にないのである。結局いつものようにすれ違いばかりで、一向に受け取れないのである。宅配BOXがあれば良いのですがねぇ。

| | コメント (0)

EP802Aその後

Ep802ainkpartいやはや、さすがに新しいプリンタは快調である。印刷も早いねぇ。一枚差しが無いのにがっかりしたが、今度は、蓋を開けたままでは動かないのね。右のくぼみがスイッチかな? 何か突っ込んでおくか磁石でいけるのか? しかも右の端が覆われており、廃インクパッドの吸い取りやらベロの掃除ができないねぇ。スキャナもコピー用途では全く充分綺麗に写るね。良くできているわ。ところでなぜか702の方が高く売っているのはなぜ?流れている台数が違うのだろうか。

| | コメント (0)

ベランダに電源が欲しい

Acoutletいやはや、安いマンションではベランダに電源なんか付いてない。残念ながらうちはスロップシンクもついてない。この2つがあったらどんなに便利だろうか。サッシの隙間から線を出してバッテリーを充電していたら、換気扇の負圧で吸い込まれる風に乗って虫が入ってくる・・・。網戸も中途半端に開けていると隙間から虫が入ってくる。蚊ぐらいなら良いが、ぶりちゃんには入って欲しくない。というわけで、3つある室外機の内、1台の穴から線を出してきた。雨が吹き込んだときの対策が少し必要だが、これで気兼ねなくバッテリーが充電出来る。だいぶん復活してきたが、これ以上はあの小さい充電器では無理そうだ。電圧が足りない。どっかにタップ付いているトランスがなかったかなぁ・・・。どっかにステップアップトランスがあったような・・・。

| | コメント (0)

例のスリムホースリール再び

Lfx094659_newいやはや、また買ってしまったわ。何せ安い。10mもので月間特価780円である。ホースだけ使いたいので散水ヘッドと、蛇口のゴム口がいくつも余っている。もちろん巻き取り機構もない。紫外線で日焼けして焦げた蛇のようになってくるが、それまではとりあえず耐圧ホースとしての役目はしており、使えなくはないアイテムである。さて何をしよというのか。まま、日焼けの交換用でも良かったが。ひとつ難点はスリムホースはパーツが少ないことである。その点では並ホースでも良いのだが、今回は細いのが要るのです。

| | コメント (0)

これぞ日本製の止水プラグ

Takagig038いやはや、一気にガーデニングネタである。時間があれば100くらいはネタがあるのだけれども・・・。最近たまにCMもやっているのを見た気がするが、タカギの灌水パーツシリーズのひとつである。ワンタッチコネクタに止水コックが付いているものである。前にも書いたがタカギのパーツは2年保証宣言しているだけのことはあり、とても材質、品質が良く、高いだけの価値がある。Lifelexや百均パーツの比ではない。見よこのすばらしい仕上がりと質感。さすが日本製である。もはや現時点では粗品量産国でものを作るメリットの見いだせない時代となり、今後の再び質を求める時代が訪れると、生き残れるのは日本製だけではないか。グローバルな視点とは、made in JAPANを見直すことかも知れない。粗品量産国のセレブでさえ日本製を選ぶ時代である。企業戦士各位、グローバル化とは日本で良い物を作り世界に売ることである。良いものは高くても売れるはず。 あなたの会社のベクトルは時代にあった向きを向いていますか? と、このパーツを見て思った次第である。

| | コメント (0)

はこべのコロニー

Hakobe_colonyいやはや、雑草の類の成長力は凄まじい。ちょっとほっておくとあっという間にプランターははこべのコロニーである。土が見えないくらい埋まってきた。プチ(インコ)の大好物であり、えさにはありがたい新芽なのだけれども、本来の植えものにとっては栄養を吸われて困ったものである。適当に移植するしかないか。

| | コメント (0)

おじぎそう復活

Ojigiso_renewいやはや、ガーデニングネタである。寒さに弱く、大阪でも冬季に枯れてしまうのが通年だったが、どちらかというと、冬季に水をやらないので乾燥してしまって枯れているのかも知れない。2つあったうち、片方の根元がまだ青かったので置いておいたら芽が出てきた。小さく生えていると葉が動いて可愛いが、すぐに固く大きくなってきて、トゲだらけで触ると痛いのでパセリのように毎年植えた方が良いのかも。ままこれはこのまま様子見であまり茂らないようにしますか。

| | コメント (0)

アゲハのさなぎ

Sanagi100522いやはや、アオムシのその後である。摘まれないままさなぎ化に成功したようである。何ともまた完璧な保護色である。2本のワイヤーは、ちょっとやそっとでは切れないようにできており、あまりに巧みにプログラムされたDNAの実行過程に感心するばかりである。

| | コメント (0)

ケリ2010

Keri100522いやはや、ことしもケリがキーキー鳴いている。例によってケリの観察である。よーく見るとやはりちびがいた。完全保護色で、なかなか見つけづらいが、2羽はいた。近づくとキーキーうるさいので、車の中からガラス越しである。ゆえにそして、暗くなりかけてきたのでぶれている。TZ1は拡大すると絵が汚いので余計に見にくい。あした天気が良かったら、1万5千円レンズで再チャレンジしてみよう。か。見守り完全放任主義のケリだけれども寄ってきたちびまでは追い返さないようだ。この親は去年のちびだろうか。

| | コメント (0)

黒豆を食べよう

Hokkaikuromame1kgいやはや、はやりの黒豆を煮てみた。黒豆というと、おせちの黒豆を想像してしまい、そのあまりに面倒な作り方のハードルを越えられずにいたわけだけれども、何回かやってみて、そこまでしなくても十分においしく食べられることが解ったのでこの方法がうちの標準となりそうである。今回は北海道産という、たぶん本当だと思うが、1Kg袋を1260円送料無料で買ってみた。若干小粒だけれどもまあ普通のが届いた。
Kuromame1まずは一晩水につけてふくらませてみた。ここではじめから砂糖を入れたり、いったん軽く煮てから吸水させる方法もあるようだけれども、若干はじけて皮がむけるのも出るが、単に水で戻してもどうということはない。完全水煮もやってみたが、そのまま食べるには少し砂糖を入れた方がやはりおいしい。


Satou51gたまたまかたまりかけていたホクレンのてんさい糖があったのでこれを入れてみたところとてもおいしかったので、今回も懲りずにまたてんさい糖を入れた。てんさい糖はジョイマンで有名な(?)オリゴ糖が入っているらしい。始めどれかの袋に書いてあったレシピを信じて、200gくらい入れたが、これは甘すぎた。だんだん減らしていって、元の豆250gに対して50gにしている。
Kuromame_scum味付けは、そのほか減塩醤油数滴と、伯方の塩ほんの1/4つまみほど。一応、まずは沸騰させて、灰汁を取るらしいのでそれはやってみる。差し水をしてもう一回沸騰させて2回灰汁を取ると書いてあったのでそれも従う。おせちの黒豆には錆釘を入れて煮るらしいが、おせちまで煮込む気はないし、色つやも真っ黒を期待していないので特には不要である。

Pressurecookコトコトと落としぶたをして弱火で8時間も煮るほど、付き合っている暇がないので、ここは理研の圧力鍋の登場である。加熱20分で、自然にさますと書いてあったのでその通りやってみているが、確かにちょうど良い煮え加減の感じだ。20分だけキッチンタイマーでおもりを回転させて加熱して、後はほっておくだけなので手間いらずだ。
圧力鍋は偉大だねぇ。

Kuromame2いい感じだ。そのほか、温野菜的に蒸す方法もあるらしいが、こちらの方が簡単だろう。水は多い目である。おせちの時はこれをここからさらに煮詰める訳だけれども、この黒豆はここで完成である。この汁はとてもおいしいので、適度に浸っているくらいの水分量で煮るのがいい感じだ。炊きあがりの匂いはあまり良くないので、さめてからの方が良い香りだ。さらに1日経ってからの方がおいしい感じだ。
Kuromame_finishなんかぜんざいのようだが、この1Kg袋の黒豆は栗のような味もして、見た目を裏切らないあっさり目のぜんざいのようである。無糖ではないのでこれだけで充分おいしく食べられる。豆もつやつやで申し分ない出来上がりだ。暖めても、冷たいままでもこれがまたとてもおいしい。250gだとうどんのどんぶり2杯分くらいになるが、二人で食べ出すと2~3日で無くなってしまう。はやりの用途としては、砂糖を入れないのが正しいのかも知れないが、単体でおいしく食せるところから、加糖でもまあ良いのではないかね。

| | コメント (0)

安もんのエアーコンプレッサーとはこれ如何に

Ml211いやはや、これは12Vで動くエアーコンプレッサーである。実はアマゾンライダーで大自工業の輸入しているものを買ったのだが、その後コーナンでLifelexブランドの同じものを月刊プライスダウンで1980円で売っていて悔しい思いをした。今時珍しいレトロなランプと先っぽのアダプタが付いていて、ホースの先もレバータイプで、全体がふた付きの箱に組まれていてある程度良さげではあるものの、はたしてどれほどのものか。Ml211_cylinderレトロなランプは今時貴重とも言える、昔は工事現場の赤いランプの空気電池の先に付いていて点滅していた自己点滅球が付いた、ほとんど意味のないものであるが、先端がミニプラグになっており、12V直にミニプラグを使うのは抜き差しの時にショートしそうで、結構勇気がいると言うものだ。これはまた個別にぼやこう。そして丸い適当粗うなメーターが付いており、なんと1000KPaまで刻んである。何に使うのか分からないが、そこまで圧力があるとも思えない。SI単位のパスカル表示は値の絶対値感覚がつかめないのでエアーやらトルクは昔のKgfのままにして欲しいものであるねぇ。いやしかし、開けてみるとむき出しのピストンシリンダーを、樹脂のギアと強力なDCモーターで回しているだけ。このシリンダーの耐久性はいかほどなのか。見ようによっては通算1時間くらいで壊れてもおかしくはない。かも。その小ささからして、そもそも空のタイアだと4本満タンにするまで持たないような気もする。


ベランダで充電中のバッテリーで動かしてみたが、音は結構うるさい。まあそれは大したことはないだろう。ままどちらにしろあまり耐久性はなさそうですなぁ。

| | コメント (0)

EP-802A

Ep802aいやはや、時間がもったいないので買ってきた。アマゾンライダーの方が少し安かったが、はたして使い捨てプリンターに長期保証が役立つのかどうかも含めて、ご贔屓のジョーシンで18000円+長期保証代900円だった。いやぁある意味良くできているが、型番どおり、エコノミープリンターと言うだけあって、かなりちゃちいねぇ。920の物量と比べてかなり軽いし小さいし、トレーなど精密に扱わないと即割れそうなくらい薄いねぇ。その反面、この値段で無線LAN内蔵とは時代だねぇ。netgearのアスキーコード打ちのWEPとどうしても通信してくれないので一部屋離れたAtermとつないでいるが、それでも動くね。920は各部しっかりしているが、これは長期保証かけてもそもそも2年持つかなという感じだ。トレーからのUターン給紙だと、そのあたりがうまく紙を吸わなくなるだろう。期待寿命2年、この間インクセットが5~6個売れれば、回収できると言うところなのか。インクのところは、自らボトル連結式かのようにカートリッジ固定でゴムチューブでヘッドまでインクがつながっている。今までのプリンターにはなかった負圧ポンプの音がする。チップなしでも動いてくれれば、このニップルにゴムチューブ直結なんていうこともできそうなくらいだ。A4用紙だけでなく、はがきかLサイズまでトレーに入れておけるようになったのはよいが、なんと、おっと、無いのか手差しスロットが。これは辛い。キャビネサイズやら、薄いリフィル用紙やら、一枚だけ挿したい時にこれは面倒だ。やはり920も直すべきか。見積もり取るか・・・。しかし軽く18000円以上しそうだ。インク3set=インク1set付き本体しかも無線LAN付きとはこれ如何に。

| | コメント (0)

TЯICK大感謝祭

Tokkuri10いやはや、なかなか奥が深すぎてすべてのGAGに気づいたかどうかの自信はないが、そうか、横溝シリーズだけではなく、相棒も見ておかなければいけないのか。池田荘はまだあるらしい。日暮里舎人線から見えるのだろうか。ストリートビューでは側面で切れていて正面が見えない。映画版とパラレルワールド化したテレビ版を実質連続してみてしまったところから、かなりごっちゃになっているが、横溝ギャグがちりばめられて大変良かったのではないだろうか。紀伊半多、晩餐欠間、但し映画版のほう、終わり方が少し物足りないかなという感じだったね。

| | コメント (0)

あげはのあおむし

Ageha1いやはや、ガーデニングネタであります。山椒の季節でありますが、さすがに鉢植え1本や2本では山椒の煮詰めたやつはできませんが、しかもこれは葉山椒であるし、適度な若葉でその香りを楽しむと。しかしそこにてふてふやってくるのはどこから匂いをかぎつけてくるのか、アゲハなのであります。いつの間に来ていたのか分かりませんが、ここ2週間くらいと思われますね。この時点では例の鳥の糞に擬態した幼虫であります。
Ageha2さて、24時間後、見てみるとおっといつの間にか脱皮して、でっかい目の模様の青虫に変化しております。さらに山椒の葉っぱを食い荒らすのでありましょう・・・・。しかしそこに来る天敵・・・。そう、奴であります。山椒の葉でまるまる太ったところをおいしそうに摘んでいくのであります。その点では奴も益鳥でありますね。と、青虫、尺取り虫は奴が摘んで行くものと想像していますが、現場を押さえていないゆえ、もしかすると、くちばしのオレンジの名前知らない奴か、ツバメもいっぱい飛んでいるのでツバメ君かも知れません。さて、食べられる前にさなぎになれるかどうか。

| | コメント (0)

おいエプソン時間がもったいないぞ

Inkerrorいやはや、インクカートリッジのエラーの無限ループにこれ以上付き合ってられないぞ。純正挿してもだめとなると修理に出すのか。長期保証は入ってないわ。3年に入っていたら直せていたのか。直せていたかも。これは難波のまだ賑わっていた頃のLABIで買ったが、そのときの店員さんにプリンタの長期保証はあまり意味がないから入っても仕方ないですよと入らないことをお勧めされた。消耗品の交換が必要だと言われたら有償になるだろうからそうなのかも知れない。今年の冬は、カートリッジの箱を固定している白いレバーが固くなってバネで戻らなくなって、しょっちゅうガーガーとギアーが空回りしてエラーになっていたから、良くできているとは言え、寿命は3年くらいなのだろう。どれくらい酷使したかと言えば廃インクパッドはまだ白いところがあるくらいなのでそれほどでもないかも知れない。まあ2万いくらで3年保てば高くはないか。インク代はそれ以上使っているわな。なお、スキャナはプリンターのエラーのままでもパソからは動かせることが分かった。このスキャナは複合機にしてはCCDであり、透過も可能で良くできているので置いておきたいところだけれども、デカいな。

| | コメント (0)

だめだEPSON動いてくれない

All_genuine_epson_butいやはや、プリンターが使えない状態なので、仕方なく純正を全部挿してみた。結果は、同じだった。なんだそれは。壊れたのか。パチカートリッジ挿すから壊れたのか・・・・。もう3ヶ月ほどで3年なので、今までのプリンタの経緯から行けば、大体具合が悪くなるなる時期でもあり、買い換えろと言うことなのか。ハードとファームには通電時間積算計が内蔵されており、(そのくせRTCは乗ってないのに)適度な時期に故障するように仕込まれているのか。うごかんもんはどうにもならんので、安いの探すか。同じインク使えるやつ。カートリッジを抜いてしまうと吸い口が乾くからよろしくないが、からカートリッジ挿したままで、黒だけ残っていたら、黒印刷だけでも動いて欲しいね。全部生きていないと動かんというのは複合機の欠点か。

| | コメント (0)

タイムマシン(2002)

Captinomaker★★★☆☆
いやはや、タイムマシンの新しい方をやっていたので見てみた。これはテレビでやっていたかも知れないが、全部見ていなかったのと、やはりテレビの方はカットされているところがあり、やっと全部見られた感じだ。大体覚えていたが、やはり始めの方は見ていなかったようで初めてだった。若干SFXも使ったリメイクでストーリーもだいぶん変わっているが、作品の緻密さから言えば、前作に比べてだいぶん雑である。テレビ版では気がつかなかったが、こちら版は、月をレジャー目的で開拓しようと、月の地下を掘るために爆弾を持って行って爆発させたら月が砕けてしまって地球まで滅びてしまったという自滅ストーリーであるか。最後にはタイムマシーンを自爆させて地底人の住みかを破壊してしまうが、それほどのエネルギー源をカプチーノメーカーに積んでいたと言うことか。

| | コメント (0)

アマルフィー

Amalfie★★★☆☆
いやはや、久々のテレビで映画鑑賞である。アマルフィーをやっていた。W系その他では佐藤浩市氏がいろんな役で出ていてごっちゃになってしまうが、まま織田裕二的にも全体的にも悪くはなかったという感じだ。しかしまあテレビの特番ドラマ+α程度と言えばそんなところかも。洋画のスリルもののカット数の凄さにはまだまだ及ばないし、どこかで見たような街の撮り方といらぬカットの埋め込み方やら、やや無理のあるつなぎなども各所に感じられるが、いきなりテレビドラマでは制作費が回収できぬと言うところで、興行から1ヶ月程度適度に回収というレベルの映画だろうか。サラブライトマンの演奏会なんかはお金がかかっていそうだけれども、せっかくの綺麗なロケ地なのだから、もう少し綺麗な絵が欲しかった気がする。海岸線の空撮は下手だね。○月△日だけでなく、はぐれ刑事的、サザエさんのテーマ的に場所を説明するショットがあっても良かったのでは。

| | コメント (0)

amazon佐川便はいまいちだ

Sagawattableいやはや、最近のアマゾンライダーは佐川が持ってきてくれるのだが、佐川の夕方の時間帯サービスが佐川都合で決められておりとても不便だ。6分割もしくは5分割されていて細かい指定ができそうで、これがまた使えない区切りだからだ。平日留守にしていると、どうしても8時以降に持ってきてもらわないと在宅が間に合わないが、5分割の6時-9時はあきらめるとしても、6時-8時の次がなぜかオーバーラップして、7時-9時なのである。この便は別の人が持ってくることが多いので、その便用の枠なのだろうけれども、7時に持ってこられてはまだいないのである。携帯番号が書いてあるが、8時頃かけてみると今日はもうルート上戻れないので・・・といわれてしまう。それなら9時までなんて言う時間を書くなよと。そして結局土曜まで受け取れなかったりするのである。しかしそれが昔の日通便なら、現状JPと共同になったようなやはり別のような良くわからない会社になってしまったが、それにしても改心してからのJP区切りであれば、6時-8時、8時-9時という気の利いた枠が使えたのだ。10時前まで配り回っておられることもあった。もちろんユーザー視点のヤマトなら午後7時40分までに言えば、いや結構間際でも8時-9時に持ってきてくれて大変助かり、受け取りが容易である。アマゾンライダーの送料無料も確かにおいしいが、それは1500円以上でよいから日通で送って欲しいものである。

| | コメント (0)

エプソンプリンターのぱちカートリッジと格闘中!

Cartridgeinfo2いやはや、またまたプリンターのカートリッジと格闘中である。ライトシアンが無くなったので、上海問屋に発注したら次の日届いた。挿してみたら、なんと動かん。これを挿すと全部認識しなくなる。しかし一色づつ挿すと認識はするので、チップがだめなわけでもなさそうだ。A920はインクがない(=インクセンサ接点の導通)のと認識しないのとメッセージが同じなのでややこしいが、やはり純正を挿さないとだめなのか。意外にもだいぶん前に登場したダイ粗の黒インクは全部使い切れた。しかも無限チップなのでインクを入れたらまだ使えるはず。ワンセット純正も取ってあるが、悔しいので、何とか認識させる方法はないのか。複合機はボタンがいっぱいあって、隠しコマンドも良くわからん。スイッチのマトリクスから、同時押しできるキーは限られているが、3ボタン機のような反応がない。EEPROMのパラ接続なんだろうか。ひとつ死んでいると全部読めないのか。ひとつ抜くとそれ以外は認識しているのに。今年で3年目だし、スキャナの部分は惜しいが、プリンタのメカはだいぶん引っかかるようになってきたのでもう惜しくはない?いやまだもったいない。かのロシアのSSCもT077カートリッジ(IC50タイプ)のプリンタには対応していないようで、完全なハックは難しいのでしょう。ELECOMのリセッターも未完成の感があるし、ARCが最終手段にしかなり得ないのか。しかしARC付きダイ粗インク6色刺しで普通に動いたら、インクつぎ足し放題で、かなり使い出がよい訳なのですが、そうは問屋(EPSON)が卸さないてか。
ちなみに、SSCでオンプリンターでカートリッジがリセットできると勘違いされている方がおりますが、HELPに書いてあるように、HELPに書いてある回路をモジュラの接点ワイヤーで接点をつくって、プリンターポート(パラレルポート)につないだら、SSCから32のカートリッジをリセットできるということなんですよ。ゆえにどちらにせよ、50は無理・・・。
ぱちもん全色刺しはやはりだめか・・・・。

| | コメント (0)

だめだこれは、よってこや

Mihariban30kgいやはや、GWは地域還元と言うことでいろいろお店でお食事三昧なわけですが、よってこやにいってみようといってみたのが運の尽き・・・。何でこんなまずくなったのか。4~5年前のがうまかった。店ごとに違うのかも知れないが。塩辛すぎ。背脂が邪魔。チャーシューがハムみたいな味で合ってない。スープに旨味がない。無くなってしまったが、26号線沿いに一時期あった「くじら」(だったと思う)のラーメンが旨かった。よってこになる前の、泉北2号線の阪和道の高架下のところも旨かった。 そしてしかも、お姉さんに注文お願いと手を挙げているのに、返事しといて聞きに来ないし、大して混んでるわけでもないのにラーメン屋がラーメン出すのに15分待たすとはなんだそれは。唐揚げもたいしたことないし、餃子も具が旨くない。セットのチャーハンの作り方が明らかに雑でおいしくない。よほど完熟トマトラーメンの方がましだった。それもかつてのトマトラーメン屋のトマトラーメンには及んでない。それなら早希ちゃんのベジポタ食べてみといたら良かった。この先これを忘れるまで少なくとも1年は行かないだろう。GW中最低の店だった。
さて、お写真はお米に虫の付かないわさびのやつ。これも色々あるが結構高い。いっぱい買うと玄米が安くても結局高くつくって。そうだねぇ。

| | コメント (0)

錆びてきた室外機

Toshiba_aircon_rustいやはや、今年はGWもどこもいかない割には余裕が無く、ベランダの掃除と片付けも中途半端なままとなっておりますが、それもひとえに暑くなったのが後半のみだけだと言うところでしょうか。思えばかつてはその陽気を利用して、お盆でもないのにカーテンの洗濯とか毛布の洗濯とかしたような気もしますが、何しろ30日まで毛糸のセーターを着ていたと言う異常な気候。かと思えば、いきなり暑くてエアコンかけて汗疹だらけみたいな。さて、気の利いた室外機にはサービスコンセントがあったりするのですが、まさか無いだろうなと思いつつ蓋を開けてみたらおっと、結構錆びてますな。若干海が近いので塩害もあるのかも知れません。それよりもこんな滴の垂れるところにたまりを作る板金の構造はどうしたものか。東芝の家庭用のエアコンは今一ですな。6年目でこれでは10年持つかどうか。一回ばらしてコーティングしますかね。

| | コメント (0)

ミノムシクリップ

Daisominomushi工具・配線-1
いやはや、これはワニ口と書いてあるが、正しくはこれはミノムシクリップだ。最近はあまり見かけないが、ミノムシ部分が無くて、もっとワニの口みたいな、実物が出てきたらまた載せたいが、あっちの方をワニ口というのだ。何かと仮につないでみたりするのにミノムシの線をいくつか用意しておくととても便利であり、たくさん作ってあったのだけれどもどれも古くなってしまったので、いくつか作りたいなと、この前せっかく通販したのに、発注するのを忘れていたこともあり、はたしてこれが使い物になるのかどうか、ダメもと話のネタ、人柱で買ってみた。
Daisominomushi2要は、先のぎざぎざのはさむ部分が如何に良くできているかが問題なのである。見たところぎざぎざは粗い。ゆえに謙遜してワニ口と称しているのかも知れない。カシメはいかにも雑であるが、それほど歯の横ずれはないようだ。明らかに作りは粗であるが、小8大4も入っていて100円となると文句も言えない。このミノムシカバーを外すと確かにワニ口にも見える。そう、この裸の状態でつまみの根元だけに絶縁部分があるものがワニ口クリップである。
Tsinminomushi出回っているものは、このダイ粗以外に、パーツ屋ではミヤマのまとものなものと、テイシンの出しているこれと、もう一つ細い線で作ってあって何本か各色セットで袋に入ってぶら下がっているものなどを見かける。洗濯ばさみみたいに台紙に一週挟んでまとめて売っているのなんかもある。この中で最も使えないのが、完成品の袋詰めである。これはゴミに近い。プレス板金が薄すぎて、クリップに強度が無く曲がってしまうし歯が粗く細いものがつかめないし、歯が横ずれしてまともにものが挟めない。ゆえに、バラを買って自分で作るのが鉄則である。そしてこのテイシンのも歯が粗いうえに、横ずれするだめロットがあるので、10円くらいの差なら断然ミヤマ製を買うべきである。この写真のは相当古く、日本製のようだが、最近のはまさかそんなことはないだろう。実物を見て歯が横ずれしないようであれば歯が粗いことさえ問題なければ、まだ使えるだろう。
MiyamaminomushiこれがミヤマのMJ-008である。バラだと40円くらいするかも知れないが、高いだけのことはあり、カシメが正確で、噛み合わせがずれなく、山が細かいため細い線でもちゃんとつかめて、線を付けるところも半田付けする部分がくぼんでいる。つまみの部分もぎざぎざが入って大きくなっておりつまみやすい。ミノムシもはめるのがきついくらいきっちり萎んでおり、並べてコネクタに突っ込むときなど隣とショートしにくいなど、大変良ろしい。ちなみに聖地に行けば、これの金メッキ仕様も売っていた気がする。この写真のものはいつの頃のか分からないが日本製だ。
Daisominomushi3とりあえず、作ってみた。半田用のくぼみがないので内側に半田付けした方が良いのかも知れないが、気にせず外側に付けた。つまむときに出っ張っているのが分かるが、実用上は大したことはない。歯の横ずれは思ったほどではない。ミノムシがだらしなく開いており、それなりである。しかしまあ、無いよりはましで欲しいときには使えるレベルだろう。

| | コメント (0)

ワイヤーガード

Nitto_wireguardいやはや、コーティング針がねで作ろうかと思っていたワイヤーガードだけれども、売っていたので高いけど買ってしまった。新製品だそうな。同じ構造のものは30年前にも売っていたが、リバイバルなのか、それとも永久新製品なのか。オレンジベロが作っていそうと思ったが、日東が出していた。まえのは掃除するのにばらしたときになくしてしまった。それだけ見ると針金のゴミかと思われてしまうかも知れないからねぇ。高かったけれども、ステンでビニールコーティングも綺麗で、NITTOロゴまでいらないけど入っている。これならまあ良いだろう。何をするものかと言えば、サドルバッグがカンチレバーブレーキのワイヤーに当たらないようにするものなのです。といいつつポタにはハンドルにサドルバッグ付けているからいらんのですがね。

| | コメント (0)

NCリードスイッチ

Rd7bいやはや、Carブログの方で、リードスイッチで開け閉めON/OFFをできないかなと思いつつも、動作原理上リードスイッチは磁石を近づけて導通であり、磁石を離してONにするにはどうするかと思案していた。まあ今時ならPOWER-MOSFETでも持ってきたら、電気食わなくて良いかも知れない。しかしまあ、エンジンがかかっている間なら少々電気を食ってもどうと言うことはないので、トランジスタ等で反転さすのもありだろうか。これはNECのRD-7Bである。この手のものはあらゆるところに使われているが、最近では色々工夫されており、セ○ムの窓のセンサーなんかでは、複数を使って、開いたことをごまかそうとマグネットを近づけると、もう一つのセンサーがそれを検知したりするようなものもあるようだ。100均のセンサーではなんとこのリードスイッチの極が裸で入っているものもあるらしい。さすがにそれはゴミになりそうなので買っていないが、マグネット側だけ使えるかも知れない。というのも、リードスイッチをONにするマグネットは、ネオジウム等のピン磁石のように局部的にどちらかの極が強力に引いているものではダメで、NSの両極が左右に広がっていて、リードスイッチがその磁界に入って閉じることが必要であると言うかそう言う原理であり、意外に転がっている磁石にそう言うのが無いのである。
3pleadswところで、この高いやつはどうやってNC接点を実現しているのか気になっていた。測ってみると無限大の抵抗値になるので回路で工夫しているのではなさそうである。そこで開けてみた。おっと、これは始めて見た。NC接点のあるリードスイッチがあるのだね。これここだけ売ってないのだろうか。RD-7Bはひとつ40円程度だが、この3極のは売っているのは見たことがない。どこ製だろうか。NECのカタログには載っていないが、おっと、OKIのカタログには載っているね。トランスファータイプだそうな。どこか部品屋さん、仕入れてばら売りしてくれい。ひとつ100円でも良いよ。

| | コメント (0)

フラワーポットトレイ

Fuka32cm10goA-91 深型受皿32cm10号
いやはや、ガーデニングネタである。こんなデカい鉢はそんなにないのだけれども、土を入れ替えるのにお皿が欲しくてまた買ってきた。この大きさで100円なら良いだろう。しかも日本製である。平野区のトープラ製である。何に使うのかというと、根っこだらけの土をお皿に入れて乾燥したところで捨てるのである。乾燥用のパッドである。ベランダに直広げすると、風が強いので飛んで行ってしまう。雨が強くても流れていってしまうのである。なかなかプランターでは100%土を再利用するのは難しく、3割ぐらいが限界だろうか。根っこに食われた部分はある程度処分せざるをえないだろう。
Fuka32cm10go_navelさすがにローコスト対応品とあって、おへその処理がされておらず、底にリブ等がないので、センターのおへそが出っ張っている状態である。平らにならないと言えばそうだが、真ん中が出っ張っていてもへっこむので実用上は支障がない。このポリプロピレンの耐UV製が如何ほどかが最も重要だけれども、それは1年くらい経たないと分からない。そのへんのポリタンクやらバケツはあっけなく朽ちていくが、耐UVなものは、限界はあるものの平気である。室内用だと保たないかも知れないねぇ。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »