« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

スカパーHDの感想その3

Skphdrecいやはや、VARDIAにトラブル無くTSEで録れたとして、次の大きな問題は、どうやってメディアに残すかである。すでにTSEなので、VARDIAのぴったり録画で変換することができない。しかもCOPYができないので、HDのまま移すにはDVD1枚に入る時間に分ける必要がある。レートがいろいろあるようで、1時間ものがかろうじて入ったかと思うと、入らない場合もある。長いものはどうしたものか。1時間ずつくらいに分けて、RAMにMOVEして、パソでつなぎ直すのがよいか?映画ものが困りものだ。手間がかかって仕方がない。結局SDに落として1枚に入れるのが手っ取り早いか。やはりもはや、ブルーレイの時代なのか。

| | コメント (0)

宇宙戦艦ヤマト

Fuyutairikuいやはやはや、これまたまた懐かしいのをやっているね。元祖宇宙戦艦ヤマトである。オンタイムではハイジとかぶっていてそちらを見ていたから、ビデオのない時代、実は再放で見たというのが正確だろうね。この明確なストーリーが最後までぶれないところが良いね。これは浮遊大陸・・・。物理的にはあり得ないかも知れないが、中心に飛行石が入っているのか?天空の城よりもかなり前だね。
Hadohoちなみに、ヤマトはワープの解説などわりとそれっぽく描かれているが、重力やら応力やらはかなり無視しているというか破綻しているところが多い。こんな小さい船体でこんなものを宇宙空間で放射したら、自分が後ろの銀河系の彼方にすっ飛んで行ってしまうのではないか。波動砲の最初のターゲットは浮遊大陸だったのだ。重力に関しても本当はおかしく、常に船体の下向きに重力が働いており、船内では普通に歩けるのである。とはいえ、なぜ機関車が宇宙を飛ばないといけないのかという、999よりはましかも知れないが・・・。
Uhaveihaveこのシーン、まさに今で言う、YOU HAVE. I HAVE ていう感じだ。しかもこの巨大な船体の操縦桿はリアルに今で言うフォースフィードバックがかかっていて、油圧アシストが足りないのか、何かあると島はいつも汗だくで操縦桿を支えているのである。しかも驚いたことに、波動エンジンは操縦席からリモートコントロールできるのではなく、内線で徳川機関長に動作を伝えるのである。なんて、要らぬツッコミはやめて、素直に見よう。これはファミ劇だからつづきもOKだ。

| | コメント (0)

ガッチャマン

Gacchamanいやはや、これは懐かしいものをやっているね。しかも何となくストーリーを覚えているね。ネーミングのガサさとはうらはらに、ガッチャマンの絵は他のアニメと一線を画していて、そのセンスに引き込まれるところがあるね。乗り物類もそれほど詳細な絵ではないのだけれどもなんかかっこよい。そして、ショッカーではないが、ギャラクターの雑魚たちがやけに人間味を帯びていて可笑しい。ヤッターマンにつながる(?)デザインのベルクカッツェ。そしてHAL9000のような、総裁X・・・。んんん。これはカトゥーンか・・・。カトゥーン入れると15CH越えてしまうなぁ・・・。

| | コメント (0)

スカパーHDの感想その2

Skphd_soutいやはや、スカパーHDの感想の続きである。DVDビデオの出力だと、解像度を上げると、ピンコネクタのノーマルコンポジットや、S端子には出力されなくなったりするが、このチューナーはD5端子やHDMIからHD解像度で出力していても、コンポジットやSにはダウンコンバートしたノーマルな信号がいつも出ているようだ。これは、アナログチューナーのDIGAにつないでみているところである。
Skphd_cpgrdHDチャンネルでもノーマルビデオでの録画ができるために必要な仕様ではある。年代物はHDで放送されていてももともとSD画質なので、ノーマルで録画するのもありか。しかし一回り小さくレターボックスされて、それがさらに両側に黒縁が付いてしまうとどうにもならないねぇ。
録画できないチャンネルのコピープロテクトは同じ感じだ。SD画質になってしまうが、これはあれをつなぐと特に問題ない。HDで録るには・・・これは難題だ。
Humax_dlnaこのHumaxのチューナーはこれ自体にメディアプレヤーの機能を持っており、DLNAでサーバーを発見してくるのはよいのだが、RD-S503側が対応していないので、一覧まで出てくるのだが再生はできない。LANDISKの方は一覧も無理だ。VARDIAのほうで再生するしかないようだ。いっそうのこと、キャンペーン期間中にスカパーHD対応のLANDISKをもう一つ買うかね。なんて思ってしまう今日この頃だった。

| | コメント (0)

不確実なスカパーHD録画

Skphd_rngいやはや、HDのお試し期間がいつまでなのか良くわからなかったのでほっておいたら映らなくなったわ。早くチャンネル設定しないと。HDチューナーのアクティベートは一瞬だったけれども、夜にチャンネル設定すると、次の日の午前なんだとか。ほんとだ切り替わらないわ。
さて、このHUMAXチューナーとVARDIAの組み合わせでのHD録画は、DLNAでの押しつけ録画な訳で、受け皿がBUSYだと、簡単に失敗する。予約情報は全く連動していなく、ある意味出たとこ勝負、しかもつなぎはある意味不安定な外因のあり得るLAN接続。結局は両方の予約を見ておかないと失敗するのである。しかもVARDIA側のTS2が空くように、W録画にならないように、VARDIA内の安全策である自動振替を切っておかないといけない。REとのW録画は問題ないみたいだ。しかし失敗。何でかと思ったら書いてあった。本体にTSEフォーマットしたDVDが入っていると、スカパーHD録画は開始しないのだそうな。なんだそれわ。うっかりDVDを入れたままにしていたら、録画できないなんて。やはりレコーダー側で録画予約してチューナーが起動するという、前のスカパー連動方式が必要だ。

| | コメント (0)

えちごビール

Echigobrauいやはや、いただいたまま残っていたので、ご賞味させていただいた。何種類かあるようでこれは、結構濃厚な味で甘口かな。エビスはややもすると、濃すぎる感じがするときがありますが、そこまでは濃くない。淡泊な昆布出汁だけの湯豆腐にぴったり。お豆腐好きの私としては湯豆腐でおいしくいただきました。


| | コメント (0)

全く良純さんなキーボード設定

Kbdatokregいやはや、ロジクールsetpointを削除してもキーボードが直らない。101キーボードなのに、106配列になっているのである。アンダーバーが出せないのである。いろいろググってやっと直った。このATOKモードの時の設定と、00000411をKBDUS.dllにしないとダメみたいだ。コントロールパネルのキーボード設定はUSになっているのに、こまったものだ。106はスペースキーが小さいから嫌いなのである。

| | コメント (0)

良純なロジクールのユーティリティー

Keybpropatyいやはや、この前Logicoolのレーザーワイアレスマウスが値下がりしていたので買ってみたら、そのあと、さらに1000円も値下がりして、挫かれたものの、このフリーホイールスクロールは良いねぇ。さて、ボタンも効くようにしようと、setpointを入れて見たら、これがまたお節介だらけで結局アンインストール。昔ほどではないが、ともかくパソ環境乗っ取り押しつけ環境タイプのユーティリティーには閉口してしまう。なんとマウスなのにキーボードドライバーまですり替えてマウスから割り込めるようにしておる。それは害がなければよいのだが、キーボードを106にされては、アンダーバーが出せないではないか。言語をEnglishでインストールしたら101になるのだろうか。インストール/アンインストール共、えらい時間のかかるプログラムなので、相当いじられているようだ。唯一、XWINDOWのように、フォーカスは切り替わっていないがマウスポインターが今あるアプリにスクロールが効くようになるのは便利なんだが・・・。こんな重いものではなくて、秀capsライクな簡単なものはないのかね。

| | コメント (0)

スカパーHDの感想その1

Humax_rearcnいやはや、そろそろ無料期間が過ぎるので、チャンネル契約を変えないといけませんが、送ってきたスカパーガイド誌を眺めていると、あまりに情報が多すぎて頭痛がしますね。公共有料放送局の無駄チャンネル同様、どれほどまで無駄な電波を漏らし続けていることか。ノーマルスカパーも同様ですが、よくばりパックはそのチャンネル数からすると相当安いが、その値段がやや高い。しかし選べる15にすると1000円安いものの、半分以下のチャンネル数になる。微妙な設定ですなぁ。もったいないからまずは15ですかね。Humax_remoconとうとう、なんでもHDMIの時代ですかね。SONYのテレビにHDMIの入力が3つあるものの、1つしか使うことはないと思っていたのはつかの間、二台のDVDにメディアプレアーで埋まってしまい、これをつなぐところがない。D4でつないでおくか、セレクタを買いますかねぇ。その下にUSB端子がありますね。何に使えるのでしょう・・・。まあデザインはさておき、ある程度手堅く作られておるようです。レンタルなので中を見たとは言えませんね。リモコンがまた増えてしまいましたが、まあまあまともなリモコンで、VARDIAの非常に持ちにくく安っぽいやつより普通でまともかも。なんとアルカリ電池付属。液漏れに要注意ですね。Skphd_gasituさて、肝心のHDの画質ですが、既に評するには1年遅い訳ではありますが、予想どおりというか、ある程度のそれなりの画質。ちょうどBSハイビジョンをVARDIAで録画してTSEの4M位に落とした感じでしょうかね。AVC独特のブロックノイズではない、ざらざらした感じの荒さがありますが、とはいえHD画面で見るSDのぼけたスカパーと比べれば、格段に綺麗。しかし残念ながらe2のHDには勝てないという感じ。BSの綺麗さに慣れてしまうとやや辛いか。もちろん地デジと比べても粗い。昨今のわりと画質の良くなった、HDをSPの4.3Mで録ってHDで見るのと大差ないかも知れない。

| | コメント (0)

マッサージチェアー

Epms40_sideいやはや、結局買ってしまったわけですが、最近のアマゾンライダーは最安のものが結構あり、一括仕入れと店舗無し&流通コストのグロスコストメリット最大という感じで、長期保証不要で買い切りのものならお世話にならざるをえません。しかしでかいものは梱包やら開梱やら後処理も面倒なので、若干高いけれどもご贔屓のジョーシンで買いました。持ってきて玄関前で箱から出して、中身だけ設置して動作確認してくれました。今見るとアマゾンライダーは値上がりしてますな。若干ソファにするには寝そべりすぎているけれども、クッションも付いているのでまあいいかと。この外観なら仰々しくもなく、オットマン相当も付いているのでテレビを見るにもいい感じです。底面積は型紙どおりだけれども、高さがあるのでそれほど広くないリビングには結構これでも大きいですね。まあ許容範囲か。下のマットはおまけでもらったもの。使用感については後ほど・・・・。

| | コメント (0)

これなら置ける!

Koreokeruいやはや、これは検便用の紙ではない、椅子の原寸大型紙である。この大きさなら何とか置いてもそう邪魔ではないかも。ファミリーやら、フジ医療器やら、リアルプロやらのガンダムの操縦席みたいな本格的なタイプはあまりにでかくて置き場がない。しかも結構高い。かといって既に無くなったかも知れないがOMRONのHM-411なんかはあまりにしょぼすぎ。テレビを見る椅子にも使えて、ある程度まともでと思っていたら、これはよいかも。と言うわけで型紙をもらってきたわけですね。というか、実はもう買ってしまったのですが・・・。

| | コメント (0)

なんか送ってきたBD

Verbatim_bdrいやはや、なんかIO-dataから送ってきたと思ったら、アンケートのプレゼントに当たったみたいだ。きっと、応募した人が極小だったのだろう。輪ゴムでBDが5枚束ねてプチ巻きで送られてきた。
Verbatimとは懐かしい。CDRメディアがまだ高かった頃、まともな安物としてよく売っていた。安物と言っても、一応三菱化学の別ブランド品である。三菱のメディアでは一時、CDRの層が外周からめくれて変色して錆というか劣化が内周に向かって進んでいくという不良品があったが、それ以外では最近のDVD-Rなんかは、安価な割には全く失敗しないし、一応安定しているようだ。ただ、せっかくの金属色素の安定性を期待したいBDなのに、お家芸のAZO色素で完成させたのだとか。保存性は大丈夫なのだろうか。BDEならもっと嬉しかったが、まあ追記で埋めればよいか。25Gあるとだいぶん入るが、時間は相当かかるね。しかし25GあってもHDDが1Tの時代、1Tべたでコピるにはそれでも40枚も要るということだ。えらい時代になったものだ。

| | コメント (0)

また^15ジョーシンの粗品

Jp_sosina1002いやはや、またまた行ってきました粗品をもらいにジョーシンに。今回は先着40万名やって。ほんとか?場つなぎに良く登場する、定期瀬戸物シリーズであります。前回は冬場恒例の膝掛けかなんかだったが、終わりかけにもらいに行ったらもう無いと言われてせっかく2000円買ったのにくじかれた。瀬戸物シリーズももらうのはいいが溜まってます。フリマに出品するかね。晴海のハムフェアーなんて、もうやってないのかどうか、いっぱいがらくた持って行って一回売ってみたいもんだ。いや、結局別のがらくた見つけて買ってくるから一緒だ。チャイニーな瀬戸物も、まともな粘土で作ってないと、特にビアグラスなんかは危なそう。歯の金属のベリリウムではないが、出所の分からない粘土で焼かれていたら、何が抽出してくるか分からない。ステンレスにまでウランが混じっている時代である。ダイ粗もののステンなども危ないかも。原発の廃材鋼の再利用で建てられた台湾のアパートの住人が総勢ガンになったとか言う話もだいぶん前の話になったが、携帯アルコールチェッカーの次は、携帯ガイガーカウンターが売れるかも。とりあえず、がんばれジョーシン。

| | コメント (0)

くるまの話は別ブログにて

いやはや、今や一億BLOGから、一億つぶやきシローの時代。10年前とは比較にならないほどの情報があふれまくっていますが、それ専用に開かれているサイトやSNSもどきは、覗きには行きたいが、そこにはなんか書きたくない。てなわけでまたまた独自に長いものには巻かれずに書きたいところであります。
こちらのブログも記事数が1000を越えてカテゴリがごちゃごちゃになってきたので、くるまの話は別にします。こちらまで。左上にもリンクがあります。
なお、トラックバックというシステムがいまだにその趣旨が良くわからないので、禁止していたりします。コメントは基本的に歓迎ですが。(あまり返事書いてませんが・・・。すいません。)

| | コメント (0)

SONYスカパーチューナー引退

Dstsp5_flいやはや、これはSONYのスカパーチューナーDST-SP5である。実質電源入れっぱなしであるが、とうとうVFD(蛍光表示管)が見えなくなってしまった。NEC(もう作っていないか)か双葉か伊勢電子かそれともチャイニーだろうか。管よりもDC/DCがへたっているのかも知れない。それ以外は壊れているわけではなく動作します。しかしこのチューナー、アンテナ付きで19800しかも5000円キャッシュバック付きだったと思う。スカパータイアップとはいえ安いもんである。せっかくなので中も観察。非常に手堅いきれいな作りでありますね。リアパネルの真ん中やや左にあるミニアンフェのコネクタがスカパー連動コネクタですね。
Dstsp5_insideやはりビデオと連動して録画予約できないとどうも信用ならない。そう、HUMAXの録画予約がちょっとしたことで失敗することが分かりました。それはまた別記事で。さて、チューナー部はアナログチューナーユニットも付くようになっているが、これはフィリップス(現NXP)のシリコンチューナーになっている。パネル手前の電解がひとつだけやや膨れている。このあたりが蛍光表示管の電源か?んんんそうでもないか。デジタル放送用のSTBは、アナログケーブルテレビのSTBのように安直にスクランブル解除ができるわけもなく、このフラッシュの中のシステムプログラムごとハックしようというのは、手間暇的に割が合わないですな。まあそれをするなら、PCIボードの衛星チューナーカードの方が面白いでしょうね。売っているのはあまり見かけませんが、海外から通販すれば手に入るでしょう。

| | コメント (0)

一汁五穀(お茶出してくれ)

いやはや、お写真がないのだけれども、のらやに行くつもりが、うっかり横にあった一汁五穀に惹かれて入ってしまった。実は前にも入っていて同じことを思ったのだけれども忘れていた。お料理の味はまあまあよいのだけれども、もてなしが最低だ。和食のお店で冬なのにお茶を出してくれない。冷たいお水なのである。そして変なデザートがついていて、選べるのだけれども、人が多いと人混みにもまれたホコリのかぶったデザートで、これが安もんのゼリーとかそんなものなので、後味が悪く、お料理がまずくなる。そしてまた最もいけていないのは、メインの汁が出てくるときには冷めているのである。今回こそ記憶に残して再度入ることはやめておこう。となりののらやに行こう。

| | コメント (0)

「あいつ」Roy Budd/Get Carter

Get_carter_cdいやはや、な、な、なんとなつかしい。これは、昔FM大阪(関西では)で23:45からやっていた、TOYOTA提供の日下武史氏の「あいつ」のテーマ曲ではないの。これがGet Carterのテーマ曲だというのは知らなかった。スタローンのリメイク版ではなくて、この元祖のGet Carterが見てみたいものだけれども、やってないねぇ。この雰囲気からして正に謎の円盤UFOの時代である。YouTubeを見ていたら偶然、すごいものを見てしまった。そうかこれがRoy Buddだったのか。なんと、映像に合わせて音入れを一発本番でやっているVがアップされていた。これである。なんと、このもの悲しい音のハープシコードとピアノなどを並べて一人で弾いておられる。既に他界されているが、即興なのか?やっとこれらの情報が結びついた。
さっそくCDを買ってみたら、ジャケットの写真の違う、UK盤が送ってきた。中身は同じみたいだが・・・。ちなみにアマゾンライダーjapanでは試聴できないが、US-amazonでは大抵のものが試聴ができる。こちらである
なんと、懐かしすぎて参ってしまったわ。いやしかし、昨今のAM深夜番組類化したFM放送に比べてかつてのFM放送は特徴的なすばらしい番組が多かった。この「あいつ」にしても、小室等の音楽夜話にしても、当時の城達也のJETSTREAMにしてもNHKのクロスオーバーイレブンにしても、毎夜それらを一通り聞いてこそ、眠りにつけるというものであったのである。そのなかでもこの「あいつ」は非常に印象的で、この特徴のあるテーマ曲と日下武史氏の語りがなんとも言えなかった。まだ全部のカセットを発掘していないが、残ってないかなぁ・・・。今度もっと持ってこよう。てな訳で、全然知らない人にはなんのことか分からないと思いますが、一部の人たちには頷いてもらえたことでしょう。

| | コメント (2)

スカパーHDチューナー

Skapahdtunerいやはや、誘惑に負けて、スカパーチューナーをレンタルしてしまいました。HUMAXのチューナーなんてといいつつもSONYのは結構高いので、HUMAXで我慢してなんとなれば解約すれば良いしと言うことで、レンタル代6ヶ月無料につられて申し込んでしまいました。まま思っていたよりはまともに作られていますね。CSチューナーの切替扱いになるので、設置したら電話しろと書いてあり、してみたら、てっきりお姉さんが出てきて相手してくれるのかと思ったら、そうではなくて、ICカード番号をDTMFで入力せよとのこと。するとものの1分も経たないうちに映りましたわ。e2に切り替えたらチューナーいらんという話もありますが、やはりe2はチャンネルが少ない。色々ぼやきどころ満載であり、ぼちぼちぼやきたいですが、このHUMAXのチューナー、家庭用としては決定的な構造上の欠点がありますね。天板に通風口が盛大に開いている。これはダメだわ。家庭用の機器の天板に穴を開けるなんて。チップがもろに見えている。ホコリやら水気やら真夏以外は何かかぶせておいてもいけますかね。600番台がHDのチャンネルですね。16日間HDチャンネルがお試し期間のようで映ってます。反面普通チャンネルは契約チャンネルしか映らない。お試しが終わったらHDチャンネルに契約し直せと言うことのようで。ダブっていても両方料金取りますとな。以前、何とかパックとよくばりパックがダブっていたときには返金してくれたけど・・・。まあ、デザインはしょぼいけど仕方ないですなぁ。しかもなんと地デジチューナーも内蔵している。B粕カードまで付いている。まあそれは余分だねぇ。ホテルのSTB用途も考えての仕様なのか。上に乗っているのは例のものです。さて、すでに一生かけても見切れないほどの垂れ流しの情報量から如何に欲しいデーターだけを選び出すか。宇宙から地球に放たれた膨大な量の情報は、スパムメールの如く、そのほんの1%なのかもっと少ないのか、ごく一部だけが生かされていると言うことなのでしょう。CSセルレグザ発売!300チャンネル同時録画、HDD容量1P(ペタ)バイト搭載!標準価格980万円。なんて作っても見る方法がないわね。

| | コメント (1)

梅とアンテナ

Ume100207いやはや、いつの間にか梅も咲いているのですね。近所の公園の梅とアンテナです。どういう取り合わせかという気もしますが・・・。日が差していると暖かかったので、チャリンコで見てきました。さて、車選びの方ですが、いくつか見てみたものの・・・マツダ地獄(いや何も地獄と思っていませんが、そう言われるようで)か話題のトヨタかホンダか。大きさが同じとなると、相当安いプレマシーもやはり候補か。MPVはでかすぎ。ホンダ・・・。インサイトは小さめな車体はよいのですが、荷台が小さすぎ。これは実用的ではない。そしてある頃からのホンダのフロントのデザインがどうしても好きになれない。オデッセイなんかは最たるところで、顔が怖すぎです。その流れもやや感じられるマツダのフロントも厳つすぎのもあるもののまだましか。あえてストリームを選ぶ気はしないし。フィールダーは営業車に沢山ありますが、さすがと思わせる無難な作りながら、シートが低すぎる。もっとミニバン的なのが良い。プリウスも荷台が小さすぎ。ハイブリッド欲しいけど、なんでフィールダーかそれこそwish型にしてくれないのと思っている人も多いでしょう。wishは試乗してきましたが、まあ贅沢は言ってはいけませんが、かつてのマツダに近い質感がやや感じられる。やや変な趣向の落ち着きのない悪く言えば飽きの来るデザインを取り入れており、内装はプレマシーの方が良いかも知れませんね。とはいえ、TOYOTA車は買ったことがないので一回買ってみたいしねぇ。基本的なところだけ見ればとても安いし。もちろんオーディオレスでお楽しみですかねもちろん取り付けを。

| | コメント (0)

100円携帯アダプタ(3.5φイヤホン編)

Zy63ZY-63
いやはや、これまたダイ粗にあるとしたら100円ではなさそうなカテゴリ商品であります。セリアのもちろん100円シリーズ、3.5mmステレオミニジャック変換アダプターです。これは、丸七株式会社という100円ショップディベロッパーが出しているもので、まま、家電量販店の携帯コーナーにぶら下がっていたら、500円で売っていても不思議ではないような感じのパッケージの作りでありますね。このシリーズ、色々種類があるのでまた買ってきて載せましょうか。
Zy63_1さすがに樹脂はABSと書いてあるものややチャイニーで柔らかく、接点の金メッキは気持ち程度で、数回の抜き差しではげるでしょう。必要な位置しか接点はありません。しかし謎の材質のキャップが付いていたりして、それっぽくはできていますね。変形しているのでささるのかと思っていたらなんとかささりますね。
Zy63_2挿してみると、もともとFOMAのコネクタはちゃちすぎてすぐ壊れそうなところに、こんなものでもいでしまうと本体側が壊れそうであり、これをつないだまま使うことは危険ですが、一応ちゃんと機能しており、あったらなんかの時に使えそうな一品ですか。MOVAのコネクタはしっかりしていましたが、FOMAのコネクタはよほど丁寧に抜き差ししないと、あえなく壊れますね。
ともあれ、これはこの前のUSBマイクロSDアダプタと共に、100円であることを評しましょう。

| | コメント (0)

とうとう車の買い換え時期か

167283km_2いやはや、この写真の時点で16.7万キロ、現在はあと数百で17万キロになりつつあります。そろそろ限界のようで、次回5月の車検は無理かと、次機種を検討し始めました。2年前にもどうかなと思ったものの、まだどこも異常がないのでさらに2年乗ることにしましたが、昨年のエアコンのトラブルを前兆に、今後は金が掛かると思われ、エコ減税に便乗してタイミングとしてはこの3月末までに登録でしょうか。減税は延長されたとか。しかし決算時期を越すと値引きが減ると思われ、やはり今でしょうか。車はあくまで実用本位と思っており、予算は200万くらい。永年の不動産的価値があればもっとつぎ込んでも良いのでしょうが、所詮はせいぜい10年。お手頃のがよいでしょう。例のキャロル(と呼んでいるだけでほんとはプレマシー初代)は惜しくもまだ11年で満額の買い換えポイントがもらえませんが、あと2年持たすには、それ以上かかりそう。ところで10年経つとネット環境も格段に進歩しており、メーカー自体が色々サイトを開いていて、便利になったのやら、面白くなくなったのやら。今となっては、いろいろな情報も有り余るほど転がっており良い時代ですなぁ。ありふれたコンテンツではなくなんか別の視点のブログを作りたいですね。
さて、何にするかですが、昨年のプリウス流行ではそれもありかと思っていたものの、現時点でもまだ6ヶ月待ちだとか。それよりも実用本位で見ると、荷台が狭い。ちゃりが乗らない。初代プレが3列目のシートを取り外すととても邪魔な以外は、非常に実用的であったため、その面で劣るものは今一。プレマシーも5ナンバーならマツダ地獄もありかと思っていたものの、でかくなってしまってちょっと魅力が薄れる。荷台がある程度大きくて、立駐に入って、タイヤの幅が5ナンバー的に狭くて乗り降りしやすそうで小回りのきくもの・・・・。と言うわけで、現在Wishを検討中。ところがサイズを数字で見てみると、現プレマシーと大差ない。となると、大幅値引きのありそうなマツダもやはり検討範囲か。その他ISISは背が高すぎてダメかと思っていたら、そうでもなく、立駐と言ってもバーの付いていないエスティマが入るくらいなので入るのは入りそう。室内高が高いのは便利だが、サイドピラーがないのは何とも気持ち悪い。などなどいくらでも書けそうですが長くなってきましたので続きはまた・・・。


| | コメント (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »