« 不確実なスカパーHD録画 | トップページ | ガッチャマン »

スカパーHDの感想その2

Skphd_soutいやはや、スカパーHDの感想の続きである。DVDビデオの出力だと、解像度を上げると、ピンコネクタのノーマルコンポジットや、S端子には出力されなくなったりするが、このチューナーはD5端子やHDMIからHD解像度で出力していても、コンポジットやSにはダウンコンバートしたノーマルな信号がいつも出ているようだ。これは、アナログチューナーのDIGAにつないでみているところである。
Skphd_cpgrdHDチャンネルでもノーマルビデオでの録画ができるために必要な仕様ではある。年代物はHDで放送されていてももともとSD画質なので、ノーマルで録画するのもありか。しかし一回り小さくレターボックスされて、それがさらに両側に黒縁が付いてしまうとどうにもならないねぇ。
録画できないチャンネルのコピープロテクトは同じ感じだ。SD画質になってしまうが、これはあれをつなぐと特に問題ない。HDで録るには・・・これは難題だ。
Humax_dlnaこのHumaxのチューナーはこれ自体にメディアプレヤーの機能を持っており、DLNAでサーバーを発見してくるのはよいのだが、RD-S503側が対応していないので、一覧まで出てくるのだが再生はできない。LANDISKの方は一覧も無理だ。VARDIAのほうで再生するしかないようだ。いっそうのこと、キャンペーン期間中にスカパーHD対応のLANDISKをもう一つ買うかね。なんて思ってしまう今日この頃だった。

|

« 不確実なスカパーHD録画 | トップページ | ガッチャマン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不確実なスカパーHD録画 | トップページ | ガッチャマン »