« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

久しぶりの夕日

Sunset20100123いやはや、いいお天気の土日だった。また寒くなるのだろうか。なんやかやとやることがあって、なかなかやりたいことが進まない今日この頃なのであった。
この前、NEWSで岩手県民は寒さに強いというのをやっていた。一桁しか気温がないけれども、みんな薄着で半袖カッターシャツのみの高校生もいるのだそうな。女子高校生もカーディガン程度でコートも着ていないしマフラーもしていない。市役所のエアコンの設定も十何℃だとか。まあ、半袖は希にしても、特に驚くこともなく、単に慣れの問題だろう。昔は冬はアイスクリームを食べて身体を冷やせば体温が下がって寒くないとか?バカなことも言っていたが、いやそれは爬虫類ではあるまいし。しかしながら、京都の盆地も実は冬結構寒い。昔はバケツの水の氷やら、たまり水の氷を割りながら、道の脇の霜柱をじゃりじゃり踏みつぶしながら小学校へ通ったものだが、この頃はそこまで冷えないのだろうか。さすがに氷が張るとやや寒いので、耳が霜焼けになりつつ、手袋くらいは欲しいかなと思ったが、4~5℃あれば、特にオーバーやら上着を着て行った覚えはないねぇ。驚いたのは国電(E電共々死語か?)に乗ると、15℃やら20℃近くもあるのに、しかも電車のヒーターぎんぎんで窓全開にしたいような状況で、レッグウォーマーにマフラーに手袋をしておるやつらがうようよ居ることである。暑くないのだろうか。汗疹ができそうである。要は気温の感覚が育ちの地域によってかなり異なるのである。結局は慣れの問題なのだろう。

| | コメント (0)

100円USBマイクロSDアダプタ

Srm01SRM01
いやはや、ダイ粗が、100円ONLYでなくなってから既に久しいが、いまだに100円ONLYでがんばっているセリアの方が、ダイ粗では既に数百円しそうなものでもいや、無いものが、100円で売っている。これは、USBのmicroSDのアダプタである。やぼったいデザインと、すぐに割れそうなプラスチック、何回か挿したら曲がりそうなモジュラのピンのような接点など、500円したら絶対買わないが、なんと100円となると、興味本位で買いたくもなるというものである。これは、パッケージの裏に片山利器と書いてある。ここは、園芸グッズというか鎌とかのこぎりの刃とかを扱っているところである。
Cf_srm01_donya一応紐も付いており、覆い被さるような大きな割れそうなカバーは、この紐がないとうまく外せないのである。ちょっとだけ考えられている。前に登場したDONYAのアダプタと並べてみた。DONYAのはバッファローのとほぼ同じものである。黒い方がそれだが、これは最近のワイアレスマウスのレシーバーのように小さいが、こっちはUSBのプラグの部分が適度に長いので、挿したままmicroSDをドライブとして使おうというのは無理だろう。まましかし100円だから、なんとなればどこかに忍ばせておけば役立つこともあるかも。一応普通には動作した。

| | コメント (0)

WinDVD Pro2010でDIGAのAVCHDを見よう

Windvdpro2010h264digafreeいやはや、そのままのDIGAのAVCRECのHXのDVD-Rだと、PowerDVDに軍配が上がったが、一旦リッピングしてしまうと、というのは、AVel LinkPlayerでDLNAというかファイル再生したいからなのだけれども、ちゃんと再生できた。ということは、リアルタイムのスクランブルデコードがうまく行っていないのか? 例によって、キャプチャーさせてくれないので、TFTのお写真だが、この画面の状態では、CPU18%,ハードウェアアクセラレーション60%位で動いている。特に駒落ちもせず、ちゃんと再生できている。まあまあだ。それにしても、ほとんど下半分見えなくなるキャプチャーウインドウといい、どこがキーなのか良くわからない配色と異質なプルダウンメニューに、漬け物石級の動きの重さといい、H264でなければ、遙かにWinDVDの8が使いやすい。(9は持ってないので分からない)

| | コメント (2)

HDD残量不足

No_remainいやはや、修理代品のVARDIA S503はノントラブルで動いておりますが、だんだん目が肥えてきてTSでばっかり録っていたら、とうとう始めて見るこんなメッセージが。500G位すぐですわな。いっしょうけんめいHDD内でTSEにDVD4.7Gにぴったりコピーして逃がしているところであります。いやしかし、とうとう出しましたねBlu-rayのVARDIA。でも入門用で、編集機能やら凝ったところはないのだとか。よそに作らせているのですかね。ちょっと興味半減ですね。

| | コメント (0)

テーブルタップ固定ホルダ

Wha26002pWHA26002P
いやはや、これは何の写真かちょっとわかりにくかったですね。ナショナルのテーブルタップの固定金具であります。最近のMEWからpanasonicに統合されたあとのサイトでは検索に引っかからなくなっておりますが、この金具シリーズ、クランプタイプやら、つり下げタイプやら、ネジ止めタイプやら色々あるものの、どれも結局は肝心のテーブルタップとの結合が甘く、すぐ外れてしまうので、先日の常時ひっくり返っている東芝の掃除機同様、気がつけば外れてだらしなくぶら下がっており、実質役に立たないのであります。なぜかというとテーブルタップは固定してはいけないことになっているからわざとすぐに外れるようになっているのですね。しかし、中途半端に外れてぶら下がる状態で使う方がよっぽど危険かと思いますね。昔よく見た細いビニール平行ケーブルを線の真ん中に釘を打って柱に打ち付けるのはやめるべきとして、タップの部分は、もっとちゃんと固定できるべきでしょう。

| | コメント (0)

PowerDVD8でDIGAのAVCHDのDVDを見よう

Pdvdavchddigaいやはや、WinDVD-2010は、墓石のように重く、また異質なインターフェイスで、バージョンアップしたのだか劣化したのだか、定期的にWinDVDは外れのバージョンがやってくるようで、スペック欲張りすぎで企画倒れ版のようだ。11月のパッチで、ある程度良くなったものの、まだまだ重い。始めにしばらく固まるのは何とかして欲しいものだ。実用レベルを遙かに超えたハイスペックマシンなら動くのだろうか。これではATOMでは使えそうもない。VARDIAのTSEもfreeになっていればかろうじて再生してくれるが、かなり重い。ATIのハードウェアアクセラレーターはあまり効いていないようだ。替わってPowerDVDの8が墓石に比べると明らかに軽くうまく動く。AACSドライブだと、DIGAのHXで録ったDVDがそのまま再生できた。残念ながらキャプチャーさしてくれないのでお写真だが、こちらはATIのアクセラレーターメーターが80%とかまで振っており、画面を大きくしても特に引っかかりなく綺麗に映っている。PAの装置も性能がよろしくなったようで、LIVEの音源でも非常に良い音で録れているね。LIVEはSPに落とすと明らかに画質が落ちてしまうので、桑田ライブを3時間をDVD3つに分けてHXに落とした。HXならライブでも奇麗だ。やはりとうとうそろそろBDの時代なのか。なんやかやと色々入れたら、WinDVD2010のH264の再生がブロックノイズだらけになってしまった。何か競合しているようだ。

| | コメント (0)

うっとしいウグイスZEROの広告

Zero7clip0001いやはや、そら、ウルトラセブンが入っているなら出してきてくれたらよいが、このパソはXPだよ。セブンに対応していませんと言われても、対応して要らないよ。しかも頻繁に毎日出してくるなと。そんなにしつこいと、せーのでカスペルスキーを呼ぶぞ。
PS:全然関係ないが、さっき、弁護士のTVにチューちゃんが出ていた。そうだ、俺たちの朝の続きを忘れている。またDVDが出てきたら続けよう。

| | コメント (0)

超人ハルク(インクレディブル・ハルク)

Chojinhalk★★☆☆☆
いやはや、これは懐かしい。昔TVドラマシリーズでやっていたが、あんまり面白いと思わなかった。大草原の小さな家、刑事コロンボ、チャーリーズエンジェル、バイオニックジェミー、謎の円盤UFO、STARTRECK、ジョンアンドパンチなんかからすると、ちょっと5レンジャーか仮面ライダー的な感じだ。これは制作年2008年だそうで、ごく最近の映画のようだ。まあ、CGの部分は大したことはない。お話もPCが登場したりと現代風だ。昔のハルクの人がどこかに出ているらしいが、気がつかなかった。半分寝ていた。また今度見てみよう。

| | コメント (0)

レオン

Leon_starhv★★★★☆
いやはやこの前、STARチャンネルの無料放送日にやっていたので、録っておいてハイビジョンで久しぶりに見た。リマスターしているのだろう、非常に綺麗で、ある程度でっかい音で40型かぶりつきで見たら結構なもんである。スティングのラストのテーマ曲もまたまたよろしく(これは前にも書いていそう)、これまた始めの5分くらいは始めて見たかも知れない。ジャンレノと、マチルダ役の女の子がまたうまい。★5つでも良いかも。wikiをみると、これはニキータの別バージョンなのだと書いてある。そう言うことか。

| | コメント (0)

一応の推定

Ichiousuitei★★★★☆
いやはや、これは面白かった。ドラマWである。しばらく見かけない気がする柄本明が予想外の元気な調査員を演じていて、生意気な青二才を、平岡裕太が演じている。傷害保険の無責を証明したら5%の報酬が入るのだそうな。一旦は自殺として無責の一応の推定を出すが、柄本明に影響された青二才が最後に自らそれを覆して、定年最後の調査は、無責ではなく保険金が支払われることになったのである。確信犯は困るが、払い渋られる保険は困りものだ。ややそう言う保険のアピールも含めているのか? 

| | コメント (0)

休暇

Kyuuka★★★☆☆
いやはや、またかなり暗いのを見てしまった。全体的に陰気だが、最後まで見させてしまう引きつけどころはあるようだ。今でもこんな原始的な死刑執行方法なのかが解らないが、そのあたりを錆びた扉の陰気な建物の首つりセットで描いている。いろいろ因縁のつながりを表現したいのは解るが、ややわざとらしい。ありさんが歩いている・・・。死刑囚と子供のどちらも絵を書くのが好き。死刑囚が乗り移ったかのように、その後ねねの連れ子の子供がなつくようになる・・・・。死刑執行官が、死刑囚の処刑時に首つりでぶら下がってきた体を支える役をすると、その後1週間休暇が取れるという、それを新婚旅行の休暇に使おうという、それがタイトルの意味ありな休暇と言うことである。小林薫氏が野暮ったい不器用な看守役を演じている。ままそれほど悪くはないが、どちらにしても陰気な映画だった。

| | コメント (0)

USBラジオを使おう

Suntacusbradioいやはや、実用的になったUSBラジオだけれども、音はどうなのかというと、これは仕方ないところだろう。どうがんばってもラジカセレベルである。昔のアナログIF+パルスカウントPLL復調あたりのちゃんとしたチューナーの繊細な音と比べると元も子もない。ゆえにあくまでBGM用途である。BGMもあまりに音が良いと聞き入ってしまうので、適度な音の方が都合が良いと言うこともある。
さて、このSUNTACに付いていたラジオのソフトがこれまた、すばらしくしょうもない。なんだか、教材のような味気ないやぼったい風貌である。しかも受信できる局の自動登録とか、気の利いた機能が全くない。かろうじてタイマー録音はできるようだ。そしてこれは私の環境によるところが大きいとも思われるが、音が飛ぶのである。Win98の頃のUSBサウンドデバイスのような感じだ。
Radioyasan色々物色していると、こんなすばらしいのを作っておられる方がいた。AMFMラジオ録音さんである。設定の仕方がちょっと始め分からなかったが、設定できた。各社のUSBラジオに対応させておられるようである。大変良くできており、必要12分である。今までFM内蔵VAIOのFMラジオと、超緑を使ってFM802のキーワードの24時間録音なんかをしていたが、同じことができそうである。もっとも、あれも全く当たらないが、昨年からオンライン応募は番組時間内だけになってしまったので、もはや、無駄かも知れないが。
Radio_timetableそして、なんとすごいことに、こちらのソフトは、番組表を大手の番組表サイトから引っぱってきてまとめてくれる。まさにEPGだ。つつけば予約できる。そしてこちらのソフトだと、音飛びしない。これくらいのソフトが付いていたら、少し高くても価値あるというものだが、付属のソフトはしょぼいが、巷の有志がすばらしい出来映えのソフトを作っているという、最近よくあるパターンであろうか。
さて、次はAM編かな。

| | コメント (0)

また会う日まで(ハイジ)

Crarastdup★★★★★
いやはや、まま、映画ではないが、ハイジが終わってしまった。誰もが覚えている感動の場面、クララが立つところである。ある世代の人は覚えているのである。ゆえにnoteのCMにまで登場するのである。
山小屋まで登ってきたゼーゼマンさんとおばあさまの目の前で、クララは立ち上がるのである。
-----
おんじ: それにお礼を言われるのはまだ早いですよ。
クララ: おばあさまぁ!。パパ!
おんじ: 子供たちを見てやってください。
ゼーゼマン: 立った。クララが立ち上がった。
おばあさま: クララがクララが一人で立っている。Heidi_last

ゼーゼマン: いったいこれは・・・。
おばあさま: クララおまえ・・・。
クララ: おばあさま。
おばあさま: クララ、クララ、あー私は夢を見ているのではないでしょうね。
クララ: 夢じゃないわ。歩けるのよあたし。
・・・
クララ: 立てるのよ歩けるのよパパ
おばあさま: おじいさんありがとうございます。ハイジ、ペーター、ありがとう。ありがとう。
ゼーゼマン: おじいさん。ありがとうございます。おじいさん。
ハイジ: クララ、良かったね。クララ
クララ: ええ。ハイジ、あたし幸せよ。

| | コメント (0)

USBラジオにアンテナをつなごう

Rdpc101wいやはや、良い時代で、ラジオもUSBでつなぐ時代。いいのはないかと年末の安売りを物色していたものの、結局在庫があって一番安いのはアマゾンライダーだった。いくつか各社から出ているが、LOGITECのUSBメモリーぽいのも気になったが、感度の良い方が売っていなかったので、SUNTACのRDPC-101/Wを買ってみた。4500円ほどだった。SUNTACと言えば、サン電子、サン電子と言えば隠れたヒット商品TALKMASTERが有名だ。シリコンオーディオものでAMが受かるものといえば、これくらいしか選択肢がなかったかも知れない。どちらかというと語学学習用用途で作られているが、結構おいしい作りをされている。VBRのMP3をSDに入れて読み込ませると、気絶したりするが、今でもこれを超すものはないのではないかね。古いところではオレンジなんたらという、留守電でリモコンできるのとかもあったような・・・。
Inside_rdpc101さて、買ってみてさっそく開けてみた。AMラジオ付きだけあって、バーコイルアンテナが付いている。しかしほとんど部品は付いていない。やはりシリコンチューナーのようだ。TALKMASTER2も開けたことがあるが、そういやレポートしようと思いつつしていないが、同じようなバーコイルアンテナが入っていた。USB部分と、チューナー部分は別にシールドされている。基板上にうにょうにょと基板のパターンでFMアンテナが作ってあるが、特に同調しているようでもないので、こんな小さいものではほとんど受からないだろう。
Rdpc1010010アンテナのところのつなぎが見えないのでシールドも外してみた。チューナーは3202というチップだが、どこのだか解らない。USBのチップは、SILABS F321と書いてある。こちらはシリコンラボラトリーズのもののようだ。たったこれだけで、AM/FMラジオができるなんて、OBの御貴兄共々、バーコイル以外何らLC回路のない、演算でラジオが同調、復調できるという何とも不思議な、構造である。
ところで、本体にはUSBの他に、FM ANTジャックが付いており、この接続が良くわからなかったが、開けてみてようやく分かった。ふぞくのリードアンテナはミニミニ2極プラグの両側がショートされてリードが出ている。同軸のアンテナをつなぎたいところだが、先端がアンテナではないようだ。パターンを見てみて分かったことは、本体側はミニミニの3極ジャックが付いており、この基板はVer2のようだが、おそらく初期型は、このジャックの先端極がAMの外部アンテナになっており、プラグを差すと内部バーコイルと切り替わるようになっていたのだと思われる。しかし案外バーコイルアンテナで充分感度があり、こちらを外部にするよりも、アース側を伸ばした方が効果的だったのだろう。そして結局FMのアンテナの極は真ん中の極であり、根元の本来アースの極は何もつながっていない。
Antdirectkaiお家では壁のアンテナ端子にBSもUHFもVHFもFMも乗っているので、それを分岐してつなぎたい。このラジオ、感度は良くないようで、かなり受信レベルがないと、ステレオ放送のセパレーションがなかなか出ない。同軸を直につなぐには、このままでは無理なので、ちょっと改造。チップにダイレクトだと、静電気やら電位差、サージでイチコロなのでどないな回路かと見てみると一応コンデンサが入っているので、大丈夫そう。ジャック側とパターンアンテナが、分岐して出ているので同軸をつなぐにはこのパターンが邪魔。パターンアンテナをつないでいるC1を外してしまう。チップコンは横にずらしてある。同軸をつなぐにはGND側がないので、ジャックの横のL3をショート。これで、アンテナのシールド側がGNDにつながる。
Usbradioantadaptorミニミニ3極プラグのL型がちょうどあったので、これの先端はNCで真ん中をアンテナのホット、根元をシールドに。これまた転がっていたフジクラの1.5D-QEVとF型プラグで接続アダプタを作って、ままインピーダンスは合っていないが、おおこれで、αステーションもステレオになったぞと。この作りだと、2極のミニミニ-ミニアダプタではまともなつながりにならなく、GND側にアンテナをつなげば片方しかつながらないが少しはましかも。シールドケースを外すのはちょっと面倒なので、パターンアンテナは無視してL3だけショートで3極プラグでアンテナ接続が最もお手軽かも。
次回はソフト編とAM編かな。

| | コメント (2)

PARKTOOL FR-2

Fr2_packいやはや、通販のついでに、ちょうどPARKTOOLのFR-2の在庫があったので、若干高いが、もう一つ買っておいた。これは本来SUNTOURの2つ爪用のフリー抜きな訳ですが、それはよいとして、困っているのが、このDURA-ACEの古いフリーを外すのに、フリー抜きがないこと。ちょっと爪のサイズが違うものの、爪を削れば使えそう。ゆるめる方法がないと、付けるのが躊躇われるわけです・・・。
Dulaace5freeこの金メッキの明らかにロード用のギア構成ながら、貴重な5段のボスフリー・・・。やはり120mm幅エンドのハブには、5段が売っていたら買っておかないといけません。うまく爪を削っておいて、ゆるめる準備をしておいて、フリーの予備に備えると。

| | コメント (0)

古いBRAVIAでDLNA

Bravia_avelいやはや、最近のBRAVIAなら、DLNAなどネットワーク機能が標準なのですが、古いBRAVIAはLANの口はあるものの、ファームのVUPで何とかならないのかと思いつつも、LANは何に役立っているのかTV自体ではスカパーもWOWも契約していないから、ほとんど意味のない状態・・・。でも40型だけあって、結構音も良いので、画面がスクロールさえしなければ充分綺麗。そんなところに、年末のいろいろ安売りの中で、IOのLINKPLAYERの安い方が5980円で売っていた。これはと、さっそく買ってみた。
Avelnetworkおっとこれは良いかも。何やらSONY系のメニューがHDMI接続で映りますね。それもプログレッシブの1080で映りますやん。色々つないでみたところでは・・・、DLNAだけでなく、ファイル共有ができるので、パソの共有ファイル、LANDISKの共有ファイルも表示再生できる。これは便利。でかいテレビでそのまま写真が見える。BRAVIA標準では、ファイルは見えないので、そのへんに入っているMP3は再生できないが、これはどれでも鳴りますねぇ。DivX?Xvid?のファイルもちゃんと再生しよる。VARDIAで録ったTSEの映画もfreeになっていれば、ちゃんと再生できる。Youtubeのファイルは再生できませんねぇ。のりピーの審理のwmvもだめか。VARDIAのDLNAのTSはBRAVIA標準では再生できますが、こいつではダメみたい。スカパーとかの保護なしものしかダメの模様。DTCP-IP対応とは書いてあるが・・・相性があるのでしょうか。まま、でかテレビの場合はそこにVARDIAがあるので要りませんが・・・。もしいけるならもう一つ買ってピローにもつなぎたいところ。その他の評はまた続きで書きましょう。

| | コメント (0)

サイクルスポーツ(実用サイクリング’78)

Cycsports78いやはや、最近のいつの間にかのチャリンコのパーツの進化にまだついて行けていない私ですが、DIAMONDのカタログが残っていないか探していたら、すごい本が出てきました。これはすごい。いったい何年前の本かね。歳がばれるてか。いやぁ、正に現チャリンコ(についているパーツ)の世代にぴったりの本ですがな。結局カタログはまだ見つけてません。やっぱりないのかも。ユーラシアはその後のサイクルショウでもらったのが残っていたのですがねぇ・・・。どちらにせよ懐かしく読み返してみたいところです。

| | コメント (0)

プリンタのライフサイクルは3年なのか

Epson_a920いやはや、うちのEPSON A920もだんだんプリンターエラーを発するようになってきた。いつ買ったのかというと、一昨年の夏いや、もう一年前の夏だ。何がエラーなのかというと、いきなりガガガとギアーが引っかかる音がしているので、ヘッドの移動しだしのヘッドをパーキング状態から上下させる機構あたりなのか、まだよく見ていないが、たぶんそんなとこ辺りだろう。そしてやはり、コピー機なども同様だが、紙を巻き込むあたりのゴムやらコルクやらのしっとり感がなくなってくると、うまく紙を引き込めなくなる。夏頃までは難なく動いていたのですが・・・。一回綺麗にホコリを取って、ゴムのローラーをアルコールで拭いてやれば、少し延命できますか。手放しでなかなかはがきの塊を吸い込んでくれなくなって、枚数を調節して差し込む介護が必要な状態になってきましたなぁ・・・。それにしてもいざ印刷しようと思うと、またまた筆まめに悩まされる常ですが、なんと今年は、筆まめ19のDVDが見つからなくて、背景の模様が出せずに、仕方ないので遡って筆まめ12あたりの和紙柄を引っぱってきて何とかしのぎました。にしても、お金をかけないと何もできんと言うことですかね。このA920はCCDスキャナの付いた複合機最後の機種ではないかと思われ(いや、ちゃんと調べてないので嘘かも)、スキャナの部分だけでも捨てがたいが、ものがでかいだけにどうしたものかねぇ・・・。
そんなわけで、元旦に年賀状いただいた方には本日(1/2)午後集配のポストに投函しました。遅くてすいません。

| | コメント (0)

謹賀新年

HappyNewYearいやはや、本年は、年末に休みがあったにもかかわらず、何やら、やることがいっぱいで、結局まだ年賀状が出せておりません。にもかかわらずたくさんいただいており、ただ今返信を鋭意作成中でございます。まずは、WEB版にてお許しいただきたく先にUPいたします。

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »