« ちゅん | トップページ | 俺たちの朝#36 (男2人と寝台車とカアコ頑張る) »

BETAのデッキを動かそう

Vcn70いやはや、つづいて、ベータのデッキである。これはNECのVC-N70といういにしえのベータhi-fiである。VHSは多層記録でhi-fiを実現したのに対して、ベータはサブキャリアを追加してベータhi-fiにした訳である。かつては、6時間連続である程度まともな音で音声を記録できるオーディオデッキとしての用途もあったのである。これもしかし相当な物量である。電源はトランスを搭載しており、アナログ電源(リニアレギュレーター式)である。ゆえにかなり重い。シスコンもかなりアナログであり、タイミングを合わせるVRが沢山ある。今では見なくなったプリセット式の電子チューナーである。IF回路も典型的なアナログ後期の構成であり、よく見る三菱のアナログICやら、SAWフィルタがついている。ベータ機は元々周波数特性が良かったことから、ビデオのキャリア周波数を上にずらして解像度を上げるという改造がはやっていた。これもぎりぎりまで上げて使っていた。改造と言ってもVRを回すだけだけれども。それが、hi-fi β。
Beta_mecaベーターのデッキはドラムがでかい。U-maticに比べればまだまだだが・・・。一応テープのドラム回りへのローディングは動くようだ。ゴムのベルトがかなり弛んでいるが、太いので動いている。この2プランジャー式のメカとドラムはSONY製かも知れない。カセットのローディングが今一で、ゴムベルトが細いので空回りしている。巻き上げの方のリールのテンションがやや足りないようだが、独立したモーターがあるのかどうか。奥の方までばらしていない。結構使っていたのでドラムのヘッドはかなり減っていそうである。
Vcn70_video回路も古き良き時代の構成だ。回路図が欲しいところだが、ラジオ技術の付録か、テレビ回路図集に似た機種のがあったような気もするがどこへやっただろう??SANYOのリニアICで構成されている。動かしてみるとこの前のSONYの半業務用よりもまともに動いているが、残念ながら色が出ない。バーストが出てないのか、サブキャリアがずれているのか、ビデオ波形を見てみたらよいのだけれども・・・。トラッキングもアナログ式で、パネルにボリュームがついている。この機種も無数の電解がついており、これを直すのは相当大変だ。でもまだ直りそうなレベルではある。カセットメカの上のスタンプは、8411・・となっている。1984年製か?既に25年も前のデッキだ。

|

« ちゅん | トップページ | 俺たちの朝#36 (男2人と寝台車とカアコ頑張る) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちゅん | トップページ | 俺たちの朝#36 (男2人と寝台車とカアコ頑張る) »