« CPUファン故障 | トップページ | 最近Win2000のprintspooler調子悪くないですか? »

エアコンを掃除しよう

Aircon_clern_splayいやはや、だいぶんほっておいたのである意味仕方なく、リビングのエアコンを掃除した。例によってエアコンスプレーを買ってきて、このエアコンは大きいので2本は必要かと、やり出したが、最近のエアコンはいろんな部品がフィン(エバポレーター)の前についていてスプレーが噴射しにくい。フィンの汚れはそれほどではないものの、全体がかなり汚いので、もう少しばらすことにして、
Aircon_clean_finフィンを丸出しにした。これなら噴射しやすい。ぶら下がっているみどりのは、高圧でホコリを寄せる空気洗浄ユニットである。ナショナルのエアコンは樹脂パーツがまだしっかりしており、分解しても壊れなさげであるが、他の部屋にある東芝のは最悪だ。前の蓋でもちょっと力をかけようものなら割れてしまいそうなちゃちい作りであり、もうちょっと後々のことを考えて作って欲しいものだ。
最近よくあるお掃除ロボットは、このフィンの手前に配置するフィルタのお掃除をするものである。中にはフィルタを廃してしまってフィンを直接掃除するタイプもあるのかも知れない。しかしこのフィンは、その手前のフィルタの効果もあって、それほど油汚れも、ホコリもこびりついていない。これならエアゾールのクリーナーでもじゅうぶんである。
Aircon_clean_rotorしかし実際に一番汚いのは、ローターのファンの部分である。お掃除ロボット付きでもこの部分は掃除できないはずで、各社、汚れがつきにくい表面処理をしてヒーターで暖めて乾燥させて汚れをこまめに落とすなんて宣伝文句を書いているが、おそらくここは同じように汚れてくるだろう。ほとんど動きっぱなしゆえか、しかしまたなんと汚いこと。黒いカビのような汚れに、湿気ったところにホコリがこびりついて白くカビの胞子が生えたようになっている。これはだめだわ。かなり前に登場している、エアコンは自分で移設しようのSANYOのエアコンも、外したときに掃除してみたら、ローターのフィンの隙間が埋まるほど泥がこびりついていたが、そこまで行かないまでも、かなり来ている状態だ。このローターを左側の軸をカチッと外して取り外せる構造にしてくれたらどんなに掃除が楽だろうか。前のカバーは外すにしても、十分可能な構造と思うが、なぜかそう言う気の利いた作りは見たことがない。各パーツが簡単に取り外せるようにしてくれた方が、お掃除ロボットよりも有意義ではないかね。
Aircon_clean_waribasi下に液が垂れても良いように、いろいろひいておいて、主にマイペットをいっぱい吹き付けて、浮いてきたところで拭き取る・・・。フィンのすべての隙間を・・・、割り箸とぼろ切れで・・・。固い軸のついたでかい綿棒があればまだ楽だが、これは作らないとぴったりのものがないだろう。汚れがこびりついているので、削り取るくらいの力がかけられないと取れないが、ふにゃな軸のものではうまく行かない。 しかもルーバーが邪魔だし、真下のテレビが動かせないので、台に載って不安定な斜めな姿勢で、しかも昼間は外が明るすぎてエアコンの奥は電灯で照らさないとよく見えない・・・。これでは日が暮れて夜が明けそうだ。ルーバーが取り外せると良いのだが、軸のはまりが固くて割れそうなので外さないことにした。一カ所取れているのは以前に外して少し欠けているので簡単に外せた部分である。
Aircon_clean_mypetこの方法は1時間ほどであきらめて、次に必殺のスチームクリーナーを登場させた。まましっかりした樹脂でできているので、ローターはスチームくらいでは変形したりしない。スチームクリーナーも昔良く通販していたハンディタイプのオズマなんかではすぐに蒸気が切れてらちがあかないだろう。このクリーナーは水が2リットルくらい入るので、ずっとやっていても大丈夫だ。まずマイペットをいっぱいかけてすべての汚れを浮かせておいて、蒸気で吹き飛ばす。
Aircon_clean_steamいろいろ試行錯誤して、一番手っ取り早い方法は、エアコンの中に汚れが飛び散るのは仕方ないとして、それはうまく垂れてきて拭き取れるので、スチームをある程度固定した位置で出し続けて、そうするとローターが回るので、うまく全周に蒸気がかかって黒い水が吹き飛ばされる。あまり回すと、モーターが発電して回路が壊れるかなと若干不安が脳裏をよぎったが壊れはしなかった。(このファンのモーターはPWMしているDCモーターである。)結構な時間はかかったが、割り箸作戦よりは楽だった。
Aircon_clean_sedimentそれ以外に気になるところでは、エバポレーターの受け皿の発泡スチロールの排水口から一番遠いところに、どろっとした水が溜まってよどんでいる。排水口がホコリで詰まっていることはたまにあるが、その場合は、自転車のブレーキワイヤーかなんかでつついてやれば貫通する。今回は、なぜよどんでいるのか良くわからなく、傾斜はついているし、隙間が途中で詰まっているのかと思ったが、そうでもなく、結局どろどろしているので、流れられないだけのようだった。
Aircon_clean_water仕方がないので、あふれないように注意しながら、水を注ぎ込んで、4リットルくらい流したら、よどんでいるぬるぬるが流れきったようで、よどみがなくなった。冷媒のパイプは銅であるし、フィンはアルミなので、そうそう錆びないが、そのフレームが鉄でできており、一部錆びている。その錆のかたまりが水路に落ちており、流れが妨げられていたようだ。
Aircon_clean_louver前にばらしたときに、ルーバーの取り付けを適当にしたら、リモコンのルーバーの動きと実際の動きが違っており、直さないといかんなと思いつつほってあったが、やっと直せた。結局、ルーバーの付ける向きを間違っていたのと、裏側にあるアームの付け方が違っていたようだ。
いやはや、しかしこれは夏にやるものではない。エアコンを止めると暑くて死にそう。しかも各パーツの洗浄まで入れると計10時間くらいかかってしまった。めちゃくちゃ疲れた。疲労困憊である。ダスキン等に頼むと、2台で21,000円からやってくれるそうだ。このたいへんさを考えると、ある意味安いかも。
残るは、消臭フィルターやら、防かびのわさびパックやら、空気清浄部のフィルターが既に寿命のようなので、発注して交換しよう。全部換えると結構高いがまあ仕方のないところか。

|

« CPUファン故障 | トップページ | 最近Win2000のprintspooler調子悪くないですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CPUファン故障 | トップページ | 最近Win2000のprintspooler調子悪くないですか? »