« いけてないタムロンのレンズキャップ | トップページ | 110フィルムをデーター化しよう(つづき2) »

LED点滅テールライト

Tlslr100_brightいやはや、これは、右の欄に出ている、ソーラー充電LED式点滅自動点灯テールライトJIS準拠のリフレクター付きという、cateyeのTL-SLR100である。うちにはチャリンコが5台もあるが、全部に付けようというわけではなく、2つくらい欲しいなと思いつつ、cateye製ならそう間違いはないだろうけれども、例のゴミサイコンの例もあるので、いきなり複数買わずに、まずひとつ買ってみた。ソーラー充電、自動点滅と、手間いらずであり、ダイ粗の100円とは雲泥の差の機能であるか。(あれはあれでその値段でできたことは評価すべきかも知れないが。)リフレクター部もまともなものが付いており、巷のチャイニーなチャリについている、全然反射しない偽物リフレクターとはJIS準拠と言うだけあって輝きが違う。
こんなコイン型ニッケル水素電池があるのですな。40mAhだそうな。始めてみました。上部の太陽電池で充電するそうな。LEDの点滅なので、こんな容量でも、2時間かけて直射日光で充電したら8時間点滅しているそうな。
Tlslr100_battLED一灯ながら、赤色であることもあり、夜ならじゅうぶん目立つ明るさで光っている。一応基板が太陽電池の裏側、上部にひっくり返ってついており、雨がしみこんでも直接浸水しないようにはなっているが、電池蓋の部分にもう少し防水の工夫があれば言うことない。説明書には完全防水ではないと書いてある。振動のセンサーはどんななっているのかな?と思ったけれども、ばらすと割れそうだったのでそこまで見られなかった。一応HC132が見えている・・・。取り付けネジの部分に金具が付属しているが、これをどう使うのかが、説明書には一切書いてない。取り付けの図にも登場しない。確かになくても取り付くが、泥よけの外側に付けると、隙間が空いて不安定であり、付けるなら泥よけの内側に付けて、その上からナットを締めるのだろう。これならしっくり取り付く。なくても泥よけがアルミのぺらぺらでなければ、ナットだけでも取り付くだろう・・・。まま、これで1500円くらいなら安いのではないかね。(値下がりしている)

|

« いけてないタムロンのレンズキャップ | トップページ | 110フィルムをデーター化しよう(つづき2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いけてないタムロンのレンズキャップ | トップページ | 110フィルムをデーター化しよう(つづき2) »