« たんぼの鳧観察つづき2 | トップページ | RD-S503拝見 »

SONYの安物DVDプレヤー

Dvpns53p_inside
SONY DVP-NS53P
いやはや、リターンキーですぐ書き込まれてしまうの何とかして欲しいね。と言うわけで追いかけて書いてますが、VRモードのCPRMのDVD-Rがもう一つの小さいテレビの古いDIGAで読めないので、つなぎに安いプレヤーを買ってきました。んんん。これならもっと安い怪しいやつを買っておいた方が良かったかも。デザインのがっささに妥協するなら、パイオニアのDV-310の方がDivxが再生できて良かったかも。倍出すならSACDの再生できるパイオニアのDV-610かと思っていましたが、なかなか店においていないので、まあつなぎでと思って買ってしまいました。5980円でした。何がよろしくないかというと、VRモードのDVD-Rの認識が、読めないのかと思うくらい遅い。リモコンの反応が非常に使いづらい。やたらに反応リピートスピードが速くて、思ったところに止められない。プログレッシブモードにすると、コーミングノイズだらけで見てられない。インターレースモードで解像度を落とした方が綺麗に見える。(まあこれはつなぐテレビにもよりますが)
内部は、すっきりしてます。電源はさすがに日本メーカー製部品で構成されていて、常時通電されている点では安心できる。AV基板はLELONの電解コンで統一されている。これがSONYタイマーの一因にならなければよいが・・・。このくらいの中身の構成をこの値段で流通できるのはすばらしいですが、性能的には値段相応ですか。

|

« たんぼの鳧観察つづき2 | トップページ | RD-S503拝見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たんぼの鳧観察つづき2 | トップページ | RD-S503拝見 »