« 戦場のピアニスト | トップページ | 15000円の望遠レンズは使いものになるのかの謎 »

今こそ隙間産業なのか?

Inegreen240x427いやはや、良くわからん時代になってきたものです。このところくだらん番組ばっかりの地上波ですが、関テレみたいに1時過ぎに停波されると放送事故かと思ってしまいますね。そんな中、テレビ大阪というか、BS-JというかCNBC系の番組が今おもしろいですな。ガイア、カンブリア、ルビコン、ワールドビジネスサテライト、とれたま、ベンチャーなどなど。それらを見ていても、今、需要を重視してそれに柔軟に対応すれば儲ける方法はいろいろありそうです。しかしあまりにアンクしていては、市場が回復する前に体力がなくなる可能性もある。ある意味改善しすぎて挫折したかつての過剰品質の通天閣スポンサー状態になっても商売にならないしと。企業も変な病気にかかるとしょぼいカンフル剤では効果がなく、自己回復できなくなる。今、悪循環に陥りつつある、もしくはすでに陥っている、やや大きくなった会社に勤める御貴兄方々、どうですか状況は? 儲かってますか? 儲からんことばっかりに時間費やしてますか?
さてお写真は、風になびく稲の綺麗な緑で携帯の待ち受け用に240x427ドットにしてあります。

|

« 戦場のピアニスト | トップページ | 15000円の望遠レンズは使いものになるのかの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦場のピアニスト | トップページ | 15000円の望遠レンズは使いものになるのかの謎 »